YOU!肩こりを30秒で!?解消するストレッチ法しちゃいなYO!

今回は、もはや現代病ともいえる肩こりの解消法「肩こりを30秒で!?解消するストレッチ法」をご紹介いたします。マッサージで一瞬だけ楽になっても、すぐにまた痛みに悩まされる、つらい肩こり。この記事で、そんな悩みとも今日でお別れしてください。

 

肩こり解消、その前に

  1. 肩が重く感じる
  2. 首や肩が固く、張っている
  3. 肩甲骨が痛い
  4. 温めると、コリや痛みが軽減する
  5. 目の疲れや偏頭痛がある
  6. 強い痛み、しびれがある
  7. 吐き気がある
  8. 8:腕が回らない

以上、肩こりの特徴です。過度の痛みがある場合は、ご自身で治療を試す前に医師の診断を受けましょう。

 

はじめに状態をチェックします

まずは軽く椅子に腰かけます。なければ地べたに座っても、立ってもOKです。

  1. 天井を見上げる。どのあたりまで行くか。お腹のツッパリなど感じる
  2. 下を見ておへそをのぞきこむ、首後ろや背中のツッパリを感じる
  3. 首を回してツッパリを感じる。回す方向はどちらでもOK

体の張り具合をチェックしましょう。

 

基本的な動きです

この後でも使用する基本動作を確認しましょう。

  1. 首の後ろで両手を組み、頭の後ろにあてる
  2. ひじを真横に開きながら、天井を見上げる。軽く背中を反らせる
  3. ひじを閉じながら、背中を丸めておへそをのぞきこむ。軽く背中を丸める

これが基本の動きです。各動作3カウントで呼吸は楽に、2セットほど行いましょう。

 

次に頭と目の動きを逆にします

ベースの動きに、目を頭と逆に動かします。


スポンサードリンク

  1. 首の後ろで両手を組み、頭の後ろにあてる
  2. ひじを開きながら頭を天井に上げ、背中は反らし、目は下に
  3. ひじを閉じながら頭を下げ、背中は丸め、目は上に

これを5回繰り返します。動きはゆっくりでOKです。終わったら手を下ろして少し休憩しましょう。

 

次は頭と背中が逆の動き

ベースの動きに、背中を頭と逆に動かします。

  1. 1)首の後ろで両手を組み、頭の後ろにあてる
  2. 2)ひじを開きながら頭を天井に上げ、目は上げて、背中を丸める
  3. 3)ひじを閉じながら頭を下げ、目は下げて、背中を反らす

これを5回繰り返します。終わったら手を下ろし、また少し休憩♪

 

お尻をフリフリしましょう♪

  1. 右手で頭のてっぺんをまたぎ、右手指先で左耳に触れる。この時顔は軽く右に倒す
  2. 右のお尻を浮かせ、左のお尻に体をのせる
  3. 手はそのまま、今度は左のお尻を浮かせ、右のお尻に体をのせる

時間をかけてのせる必要はありません。リズミカルに左右に5回フリフリしてください。無理して強く首を引っ張らないように。息は止めずにゆっくり呼吸しましょう。次に反対も同じように

  1. 左手で頭のてっぺんをまたぎ、左手指先で右耳に触れる。この時顔は軽く左に倒す
  2. 左のお尻を浮かせ、右のお尻に体をのせる
  3. 手はそのまま、今度は右のお尻を浮かせ、左のお尻に体をのせる

 

最後に・・・もう一度状態をチェックしてみましょう

  1. 天井を見上げる。どのあたりまで行くでしょうか。
  2. 下を見ておへそをのぞきこんでみてください。
  3. 首を回してツッパリを感じてみましょう。

回す方向はどちらでもOK天井の見える位置、背中や首、お腹のツッパリはどうですか。改善されているでしょうか?わずかな時間、スペースでできますので、ぜひ継続して行ってみて下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です