暑い夏のほうが”冷え性”対策が重要です!まずは原因を知ることから。。。

暑い夏の季節です!この時期はとても暑くて何かと大変ですね。しかし暑いからこそ 「冷え」に向かってしまうことが多いのも事実です。ですから夏の冷えから体を守って元気にすごしていただきたくと思います。特に気象庁によれば、今年の日本は例年よりも暑い日が多くなるそうです。ですのでしっかり対策していきましょう。

夏冷えの原因

夏の冷えには いくつかの原因があります それを紹介します。

・冷たい飲食物の摂取

梅雨明けの頃は、胃腸の疲れが出る時期です。というのも胃は湿気が一番苦手だからです。しかし梅雨が終わって暑くなると 多くの人は冷たいものを摂取しす。ジュース・アイスの他、食事もつけそばとか冷たいものを多く取るようになります。また 南方系の果実や、夏野菜なども体を冷やす食材がいっぱいです。特に日本の蒸し暑い夏を乗り越えるために昔から、冷やしそばや、流しそうめんなど、涼をとるような食事がありました。

それが文化となり さらに習慣になっています。以前はそれでも良かったのですが、今は冷蔵庫などのため必要以上に冷たい料理が多くあります。しかも昔の食事で涼を取る文化のため、体のことを意識せずにどんどんとってしまいがちです。その結果、胃腸をはじめ肝臓など多くの内臓器官がくたびれてしまい、夏バテなどを誘うのです。そうなると代謝も余計悪くなり、気力も損なわれます。そして体が冷えてしまうのです。

・エアコンの冷え

これからの時期、どうしてもエアコンを使うようになります。自宅で使う場合はまだそれでもいいのですが、会社やお店では、かなりエアコンが効いてるところも多いです。デスクワークや店舗などで働く人は、同じ場所で同じ体制でいる場合が多く、思った以上に冷えます。また営業職は室内、室外に出入りするので、室内の温度と外気温の気温差に体の自律神経が疲労します。

これは仕事以外でも、買い物をする人なども同様で、お店から外に頻繁に出入りすることで、自分が考えている以上に冷やしてしまうのです。そうなると梅雨と同じように、気温の変化に対応できず自律神経がおかしくなって、冷えになります。

・服装

どうしても夏は薄着になります。しかし、上記のようにエアコンなどがあるので、その冷気が直接体内に入りやすくなります。また、夕方や夜になれば自然の風で涼が取れますが、やはり体の熱を奪います。体の方は、日中が暑かったため、こもった熱を出そうとします。その上薄着ですから簡単に熱が逃げます。その結果体から熱が奪われすぎてしまい、身体が冷えてしまう場合があるのです。

・風呂冷え

この時期は暑いので、お風呂をシャワーにしまいがちです。しかし、シャワーは、体の表面だけ熱くなり体の芯は温まりません。しかも、体は皮膚までしか温度を感知しないですから、シャワーで体が火照ったとしても、体の芯までは温まらないのです。そして火照った体を冷やそうとして、風を当てたり、冷たいものを飲んだりと、さらに体を冷やしてしまうなんてこともあります。

・寝冷え

まさに字のごとく、寝ている最中に体を冷やしてしまいます。夜暑いので、睡眠中に布団を外したり、服を脱いだりします。しかし明け方気温が下がるので、体を冷やしてしまうのです。エアコンや扇風機などを使うと、余計に冷気を体に受けるので、より一層に冷えてしまう場合があります。

スポンサードリンク

夏冷え対策

・1日一回は体を温めよう

お風呂やサウナ、あるいはスポーツや運動で、1日一回は体を温めましょう。特におすすめはお風呂、ぬるめ(約40℃)でのんびり湯船に浸かれば、疲労感も取れやすいです。夏は代謝も下がるので、血行を良くしていくことで疲労感が取れやすくなります。

・ジュースや飲み物に注意

外は暑いので、どうしても冷たいものを摂りたくなります。しかもすぐ手に入りやすい自動販売機には、温かいものはありませんのでついつい摂ってしまいます。内蔵はかなり冷やされてつらい状態ですから気をつけましょう。また、スポーツ飲料や清涼飲料水はかなり糖分が入っています。スポーツ時には良いかもしれませんが、平時に飲みすぎると、イライラしやすいので気をつけてください。

できれば、熱いお茶や昆布茶に黒砂糖などは良いです。お茶は体から熱を逃がしてくれます。ですから過ごしやすくなります。しかも温かいものなら、胃腸を冷やさなくて良いです。

・何か羽織るものを常備しょう

外出する際には、何か羽織ったりできるものを持っていくと良いでしょう。特にお店に入ると結構エアコンが効いているところもあります。そんな時、羽織るもの1枚あるだけでも助かります。ちょっと冷えたなと感じたら、すぐに羽織ることができますよ。

・こんな時だから鍋やスープを食べる

お隣の韓国では夏の時期の定番に「参鶏湯(サムゲタン)」という料理があります。若鶏に高麗人参をはじめとする食材が入った薬膳です。まさに温かく栄養もたっぷりで胃腸にやさしい料理ですが、ここまで行かなくても鍋や煮込まれたスープなどはおすすめです。どうしても冷たいものを食べがちですが、こういうときこそ温かい鍋物や熱いスープやみそ汁で、汗をかきながら食べるほうが体が元気になります。栄養もあるし温かいものなので、胃腸も温められて活発になります。そうすれば代謝もよくなり、体に必要な栄養もいきわたります。

・夜休む時の注意

夜寝るときは、風が当たらないようにしましょう。直接は熱を奪って体が必要以上に冷えてしまます。寝巻きやインナーは締め付けないような物にしましょう。また、絹などの自然素材の腹巻をするというのも手です。暑がりの人は、最近はふんどしなども密かなブームがあるようです。また水分補給のため、ペットボトルに水を置いておくのも良いです。冷蔵庫の中のものを飲みたいですが、夜は常温の水がいちばんです。

・なるだけ早起き

朝はもう5時ぐらいから明るくなっています。ですから朝、忙しくなる前に10分でも外に出てみましょう。朝の光を浴びると体内時計がリセットされ、朝が清々しくなります。これから活動の時間ですから、この時はシャワーでも良いかと思いますが、できたら半身浴ができれば最高のデトックスタイムになりますよ。ぜひお試ししてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b97%e6%97%a5%e9%96%93%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%ac%9b%e5%ba%a7_convert_20160920202159

副業7日間無料メール講座に登録する

関連記事

  1. 人工衛星の高度と速度の関係を子供にわかりやすく教える方法がヤバすぎる!?

    人工衛星はなぜ落ちないの? そもそも「衛星」って何?   惑星の…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 骨粗鬆症予防のコツで意外な運動とは!?

    骨にはカルシウムの貯蔵庫としての役目がありますが、骨中のカルシウムは毎日少しずつ入れ替わっています。…
  2. 結婚が決まった友人へのサプライズアイデアはBBQとipodで!?

    ここにたどり着いたあなたは、人を喜ばせるのが好きな本物の素敵人。そして人に与えることができる、すばら…
  3. 飛行機が飛ぶ様子を地図上で見ることができる!?「Flightradar24」の使い方!

    今回は、飛行機が世界中を飛ぶ様子をリアルタイムに地図上で見ることができる、「Flightradar2…
  4. あなたのペットがこんな行動したら要注意!?地震と動物の異常行動・・・!

    大地震発生の前後に自然界の動物や魚などが異常行動を起こすということは、よく知られるようになりました。…
  5. 視力回復トレーニングがヤバい!?ポイントは「脳」「温」「習」!?

    はじめから読む⇒やれたら確実!?視力回復トレーニングが自宅でできるが・・・コレやるの!? …
  6. うつ病克服の体験談~”共存する”で就労できました!

    2007年7月うつ病、パニック障害と診断され3度の休職を繰り返 した後、会社を退職させられました。6…
  7. モアイ像の胴体が発見された~謎の多い島!イースター島の7つの魅力

    最近、胴体が発見されたモアイ像で有名なイースター島ですが、チリ国内なので行ったことがある人が多いので…
  8. YOU!肩こりを30秒で!?解消するストレッチ法しちゃいなYO!

    今回は、もはや現代病ともいえる肩こりの解消法「肩こりを30秒で!?解消するストレッチ法」をご紹介いた…
  9. 背中の痛みは内臓疾患!?4つの原因理解で早期対策!!

    腰や背中が痛くなる原因は、「神経疾患に由来するもの」「心因性のもの」「運動器疾患に由来するもの」「内…
  10. 家庭用のマットレスに発生するダニ対策について!

    寝具の一種であるマットレスは快適な睡眠を得るために必要不可欠ですが、用途の性質上、汗や垢などの汚れが…

話題をチェック!

  1. この記事では数あるクレジットカードの中から、クレジットカードマニアの私が厳選した「最強の3枚」の紹介…
  2. 1. 怒りの感情への対処法 怒りの感情は心と体のバランスを大きく乱…
  3. あなたも経験があると思います。モチベーションが下がって仕事をしていると、まったく進んでいるように見え…
  4. 節約というと「我慢」という言葉が想い浮かびます。欲しい物を我慢したり、快適な生活を我慢したり・・・。…
  5. 「ものもらい」について少しお話 したいと思います。「ものもらい」とは目をこすったりしてバイ菌が入り、…
  6. 寒い冬に役立つ石油ストーブ。関東地方ですと、だいたい10月から4月くらいまで重宝します。さらに北にな…
  7. 「褒める」って意外と難しいものですよね? 大人に対しても、子どもに対しても。 そして、子育て中の親に…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る