オラクルカードがやばい?霊感注意?その真実と安全な使い方

雑学

※本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

オラクルカードという名前を聞いたことがあるでしょうか?

美しい絵柄が描かれたカードで、心にある疑問や悩みを解決してくれるアドバイスを伝えてくれます。

しかし、一方で「オラクルカードがやばい」という声も存在します。

この記事では、オラクルカードの真実と安全な使い方について詳しく解説します。

オラクルカードは神託の力を持つ道具であり、その使用方法や使用者の意識によって結果が変わります。

しかし、誤解や過度な依存は自身にとって不利益な結果を生む可能性があります。

そのため、オラクルカードを使用する際には、自身の意識状態を整え、カードのメッセージを適切に解釈することが重要です。

この記事を通じて、オラクルカードの正しい理解と安全な使い方を学び、自己理解と成長のためのツールとして最大限に活用しましょう。

オラクルカードがやばい?その真相を解明

・オラクルカードとは?その魅力と特徴
・オラクルカードの危険性とは?
・オラクルカードと霊感:その深い関連性
・オラクルカードが気持ちを悪くする?その理由
・オラクルカードを使う際の注意点
・オラクルカードをやめた人々の声
・オラクルカードと低級霊:危険な関係?
・オラクルカードと呪い:真実か誤解か
・オラクルカードが怖いと感じる理由

オラクルカードとは?その魅力と特徴

オラクルカードは、美しい絵柄とメッセージが書かれたカードで、リーディングの自由度がとても高いのが特徴です。

オラクルカードの「オラクル」とは、「神託」という意味で、天使やハイヤーセルフ、高次元な存在などスピリチュアルな存在からのメッセージや「お告げ」をカードを通して伝えてくれるものです。

直感で引いたカードのメッセージを読み解きながら、今日の運勢や悩みに対するアドバイス、自分や相手の現状、過去・現在・未来などを探ることができます。

その魅力的な特徴から、多くの人々に愛されています。

また、オラクルカードは、悩みや知りたいことに対して、解決するためのヒントだったりアドバイスを授けてくれます。

的確な言葉を欲しているタイミングで、それに合ったメッセージを貰えるので、占いが当たっているように感じることもあります。

しかし、オラクルカードは当たり外れを重視するものではなく、カードから授けられた神託を受け取り、それをどのように活かすかといった点を重視します。

オラクルカードの危険性とは?

オラクルカードの魅力と同時に、その危険性も理解しておくことが重要です。

その一つが、あまりにも没頭しすぎると低級霊とチャネリングしてしまう可能性があるということです。

この危険性は、自身の意識をしっかりと持ち、自分の精神的なキャパシティを理解していれば予防できます。

さらに、オラクルカードの危険性としては、心理的依存性の高さも挙げられます。

オラクルカードのメッセージが自分の悩みに対する答えを的確に示してくれるため、その結果に頼りすぎてしまうと、自己の判断力や決断力が低下する可能性があります。

特に、オラクルカードのメッセージ通りに行動し、上手くいった場合、「また悩んだらカードを引いてみよう」と思う方は多いでしょう。

しかし、これが依存性を高め、自分自身の意志決定能力を奪う可能性があります。

また、オラクルカードの創始者が引退したことも一部で危険性とされています。

その理由は、創始者が引退することで、オラクルカードの解釈や使用方法についての正確な情報が得られにくくなり、誤った使用方法による問題が生じる可能性があるからです。

これらの危険性を理解し、自身のキャパを理解し、無理をしないようにリーディングを楽しみましょう。

また、オラクルカードに依存しないためには、自分自身の意志で決断する力を養うことが大切です。

そのためには、オラクルカードのメッセージを一つの参考とするだけに留め、最終的な決断は自分自身で下すように心がけましょう。

オラクルカードと霊感:その深い関連性

オラクルカードと霊感は深く関連しています。

オラクルカードは、「神託」という意味を持ち、天使やハイヤーセルフ、高次元な存在などスピリチュアルな存在からのメッセージや「お告げ」をカードを通して伝えてくれるものです。

そのため、霊感が強い人ほど、オラクルカードのメッセージを深く理解しやすいと言えます。

しかし、この深い関連性には注意が必要です。

オラクルカードを使いすぎた時に、意識が肉体から離れやすくなるという現象が起こります。

これは、カードを通して共通意識にアクセスしていると、肉体から離れやすくなってしまい、空いた隙間に魔が入り込みやすい状況を生み出すのです。

連続してリーディングしていると、とても精神が疲れてしまい、ふっと低級霊と繋がってしまう可能性があります。

そのため、「あの世」に引っ張られないように、常日頃から大地や自然に触れてグラウンディングをするようにしましょう。

グラウンディングとは、大地や自然との繋がりを大切にすることで、地に足をつける状態で、しっかりと現実を生きている事を意味します。

また、オラクルカードを扱う占い師自体が悪魔の影響を受けていることもあるでしょう。

一度願いを叶えたあと、うまくいかない現実を与えるのは悪魔の方法といわれ、これと似た詐欺でポンジスキームというものもあり、投資案件などで現在でも横行している手法です。

このように、オラクルカードと霊感の深い関連性は、その魅力だけでなく、注意すべき点も含んでいます。

そのため、オラクルカードを使用する際には、自己の意識をしっかりと持ち、自身のキャパを理解し、無理をしないようにリーディングを楽しみましょう。

そして、始める前には空間の浄化も忘れないようにしてください。

オラクルカードが気持ちを悪くする?その理由

オラクルカードが気持ちを悪くすると感じる人がいる理由は、そのメッセージが深く心に触れ、予想外の感情を引き起こすからです。

カードのメッセージは、時には自身の深層心理に触れ、思いもよらない感情を引き出すことがあります。

これは、カードが持つ美しい絵柄とは裏腹に、まがまがしい印象を受けるものもあるからです。

また、オラクルカードは、ヒーリングに使用した後に負のエネルギーを蓄積することがあり、その結果、カードから低い波動を感じることもあります。

これは、カードを通じて共通意識にアクセスすると、肉体から離れやすくなり、空いた隙間に低級霊が入り込む可能性があるからです。

これが、オラクルカードが気持ちを悪くすると感じる一因となります。

さらに、カードのメッセージが自身の現状や未来を鋭く指摘することで、不安や恐怖を感じることもあります。

特に、カードを読みすぎていると、精神が疲れてしまい、ふっと低級霊と繋がってしまうことがあります。

これらの理由から、オラクルカードが気持ちを悪くすると感じる人がいるのです。

しかし、これらの感情は、カードのメッセージをどのように受け取り、どのように自己理解に活用するかによって、ポジティブに変換することも可能です。

オラクルカードは、自己理解と自己成長のツールであり、それをどのように活用するかは、使用者次第です。

オラクルカードを使う際の注意点

オラクルカードを使用する際には、以下の注意点を心掛けることが重要です。

オラクルカードに過度に依存しない

オラクルカードは、あくまで一つの視点やアドバイスを提供するツールであり、全てを決定するものではありません。過度に依存すると、自身の判断力や決断力が低下する可能性があります。したがって、オラクルカードのメッセージは参考の一つとして受け取り、最終的な決断は自分自身で行うことが重要です。

欲しい結果が出るまで引き続けない

オラクルカードを引く際に、自分が望む結果が出るまで引き続ける行為は避けましょう。これは不安を増幅させ、依存度を高める可能性があります。思ったような結果が出なくても、それは「こういう未来や考え方もあるんだ」という新たな視点を提供してくれるものと捉え、占いは1日1回までに制限することが推奨されます。

カードの浄化を行う

オラクルカードには、正のエネルギーだけでなく負のエネルギーも溜まる可能性があります。特にパワーストーンタイプのオラクルカードは、エネルギーを溜め込む傾向があるため、使用前にはカードの浄化を行うことが重要です。浄化の方法としては、カードの上に水晶やクリスタルを2-3時間置くという方法があります。ただし、この際、水晶やクリスタル自体も浄化する必要があります。

自分自身の意識を持つ

オラクルカードを使用する際には、自分自身の意識をしっかりと持つことが重要です。占いに頼って生きていると、何が正しくて何が間違っているのか判断がつかなくなったり、大事なものを見失ってしまう恐れがあります。自分の意思を持ち、占いはあくまで補助的なものとして捉えることで、依存し過ぎることはなくなるでしょう。

これらの注意点を心掛けることで、オラクルカードをより安全かつ効果的に使用することが可能となります。

▼MAKIオラクルカード講座▼

オラクルカードをやめた人々の声

オラクルカードは多くの人々に愛されていますが、一方でやめた人々も存在します。

その理由は様々で、中にはオラクルカードのメッセージに過度に依存してしまい、自身の判断力を失ってしまったという人もいます。

また、カードのメッセージが自身の心に重くのしかかり、精神的な負担を感じたという人もいます。

例えば、ある人はオラクルカードを人目も気にせずに楽しんでいたところ、突然、知らない人に絡まれ、最終的にお手当て療法的なことをされたという経験を持っています。

このような体験は、オラクルカードを使うことに対する不安を増大させ、結果としてオラクルカードをやめるきっかけとなることもあります。

また、オラクルカードの創設者であるドリーン・ヴァーチュー自身が、2017年にキリスト教の洗礼を受けてからオラクルカードをやめたことも、一部の人々に影響を与えました。

彼女はキリスト教の洗礼を受けた後、キリスト以外のスピリチュアル系のものを取りやめると宣言しました。

この宣言は、オラクルカードを使っていた人々の中に大きな議論を巻き起こし、一部の人々がオラクルカードをやめるきっかけとなりました。

さらに、オラクルカードに依存してしまう人々の中には、占いに良い結果だけを求める人もいます。

オラクルカードは、はっきりと「ダメ」と示す表現や強い言葉での忠告が少なく、逆にポジティブな結果が示されやすい占いです。

そのため、占いで悪い結果を聞きたくないという人はオラクルカードの優しい表現にハマり、依存してしまう可能性が高いのです。

これらの事例を見ると、オラクルカードを使うことには注意が必要であることがわかります。

オラクルカードのメッセージに過度に依存せず、自身の判断力を保つこと、そして占いの結果をどのように受け止め、どう行動するかを自分自身で決めることが重要です。

オラクルカードと低級霊:危険な関係?

オラクルカードと低級霊との関係は、一部で議論の的となっています。

オラクルカードのリーディングは、スピリチュアルな存在からのメッセージを受け取る行為です。

そのため、意識が乱れていると、低級霊とのチャネリングを引き起こす可能性があります。

これは、リーディングの際には自身の意識をしっかりと持つこと、そして空間の浄化を行うことで予防できます。

オラクルカードは一種の降霊術とも考えられており、波動の高い高次元の存在と繋がれば良いですが、波動の低い低級霊とつながってしまうことも考えられます。

低級霊に影響されてしまうと、物事が悪い方向へ導かれてしまう可能性もあるかもしれません。

そのため、カードを引く枚数を少なくし、降霊の回数を減らす、部屋の空気を浄化する、プロに占ってもらうなどの対策が推奨されています。

また、オラクルカードを使いすぎると、意識が肉体から離れやすくなり、魔が入り込んで低俗霊にチャネリングしてしまう可能性があると指摘されています。

肉体から意識が離れやすくなると、空いた隙間に魔が入り込みやすい状況を生み出すのです。

連続してリーディングしていると、精神が疲れてしまい、ふっと低級霊と繋がってしまうことがあるとのことです。

これらの情報を踏まえ、オラクルカードと低級霊との関係は、使用者の意識の状態やリーディングの方法により、危険なものになり得ると言えます。

しかし、適切な対策と理解を持つことで、その危険性は大幅に軽減できると考えられます。

オラクルカードと呪い:真実か誤解か

「オラクルカードと呪い」というフレーズを聞いたことがあるかもしれません。

しかし、これは大きな誤解であり、オラクルカード自体に呪いの力があるわけではありません。

オラクルカードはただの道具であり、その使用方法や使用者の意識次第で結果は変わります。

例えば、オラクルカードを使って自己理解を深めたり、新たな視点を得ることで、自身の人生をより豊かにすることができます。

これは、カードが持つ「神託」の力を正しく理解し、適切に利用することで得られる結果です。

一方で、カードのメッセージに過度に依存したり、カードを使うことで何かを達成できるという誤った信念を持つと、それは自身の判断力を奪い、精神的な依存を生む可能性があります。

これは、カードの「力」を誤解し、不適切に利用した結果と言えます。

また、オラクルカードのリーディングは、自身の無意識や直感に働きかけるものです。

そのため、リーディングの際には自身の意識状態が重要となります。自身の意識が乱れていると、カードのメッセージを誤解する可能性があります。

これが、一部で「オラクルカードには呪いがある」と誤解される原因の一つかもしれません。

つまり、オラクルカードには呪いの力はありませんが、その使用方法や使用者の意識によっては、自身にとって不利益な結果を生む可能性があるということです。

そのため、オラクルカードを使用する際には、自身の意識状態を整え、カードのメッセージを適切に解釈することが重要です。

▼MAKIオラクルカード講座▼

オラクルカードが怖いと感じる理由

オラクルカードが怖いと感じる理由は多岐にわたります。

一つは、カードのメッセージが自身の心の奥深くに触れ、予期しない感情が湧き上がることです。

また、カードのメッセージが自身の現状や未来を鋭く指摘することで、不安や恐怖を感じることもあります。

しかし、これはカードの力ではなく、自身の心が反応しているだけです。

さらに、オラクルカードの危険性としては、心理的依存性の高さが指摘されています。

カードから授けられた神託を受け取り、それをどのように活かすかという点を重視するオラクルカードですが、その的確すぎるメッセージにより、「自分の悩みを解決できるのはオラクルカードだけ」と考えてしまい、占いに依存する可能性が高くなります。

また、オラクルカードの創設者であるドリーンバーチューが、キリスト教の洗礼を受けてからオラクルカードをやめたことも、オラクルカードが怖いと感じる理由の一つとされています。

彼女の行動は、一部でオラクルカードが危険だという説を生み出し、その誤解が広まる一因となりました。

怖いと感じたときは、その感情を大切にし、自分自身と向き合う良い機会と捉えることも大切です。

また、オラクルカードの使用には適度な距離感が必要であり、依存しないように注意することが重要です。

created by Rinker
Light Language Card

オラクルカードがやばいと言われる背景

オラクルカードが「やばい」と言われる背景には、その強力なメッセージ性と、それによって引き起こされる心の動揺があります。

また、オラクルカードは霊的な存在からのメッセージを伝えるため、その存在感が人々を圧倒し、恐怖を感じさせることもあります。

しかし、これらは全てオラクルカードの正しい理解と、適切な使い方を知ることで克服できます。

・オラクルカードが当たらない?その可能性と対処法
・オラクルカードの目的とは何か
・オラクルカードがなぜ当たるのか
・オラクルカードで何がわかるのか
・オラクルカードとタロットカードの違い
・オラクルカードの危険性と安全な使い方
・「オラクルカードがやばい」についてまとめ

オラクルカードが当たらない?その可能性と対処法

オラクルカードが当たらないと感じる場合、その原因は主に以下の三つに分けられます:

①行動の欠如

オラクルカードは、あくまで質問に対するアドバイスやヒントを提供するツールであり、そのメッセージをリーディングし、それに基づいて行動することで問題解決へと導かれます。

ただアドバイスを受け取るだけでなく、それを実行に移すことが重要です。

②アドバイスの受け入れができていない

オラクルカードが導き出したメッセージに、時には納得がいかないものもあります。

しかし、納得がいかない状態でアドバイスやヒントを元に行動したとしても、心と行動にズレが生じ、なかなか思うように事が進まなくなります。

納得できないアドバイスがあった場合は、素直にアドバイスが受け止められるまで行動しないようにしましょう。

③質問の仕方が間違っている

オラクルカードは、YES・NOといったハッキリした答えを導き出すものではありません。

質問の仕方によっては、意味がない占い結果になってしまいます。

質問とカードのメッセージが噛み合わない場合は、質問の仕方を変えてみましょう。

例えば、「今の彼とは幸せになれますか?」という質問を「今の彼と幸せになるためには、どうしたら良いですか?」という形に変えるなど、アドバイスを貰えるような質問の仕方を心掛けましょう。

これらの要素を理解し、自身の行動や質問の仕方を見直すことで、オラクルカードから得られるメッセージの価値を最大限に引き出すことができます。

▼MAKIオラクルカード講座▼

オラクルカードの目的とは何か

オラクルカードの目的は、自己理解を深め、自己成長を促すためのツールとなっています。

これは、カードから得られるメッセージやアドバイスが、自身の内側にある答えを引き出し、悩みや問題に対する新たな視点を提供することにより達成されます。

オラクルカードは、44枚の異なる絵柄とキーワードが書かれたカードセットで、そのメッセージは直感で引いたカードの解釈により、今日の運勢、悩みに対するアドバイス、自分や相手の現状、過去・現在・未来など、様々な視点から自己理解を深めるための洞察を提供します。

オラクルカードは、引き寄せの法則も関係しており、達成したいことや叶えたい願いがある時には、カードからのポジティブなメッセージを受け取ることで、良い結果を引き寄せる効果も期待できます。

オラクルカードがなぜ当たるのか

オラクルカードが当たると感じる主な理由は、カードが提供するメッセージが、個々の人々の無意識や直感に働きかけ、内在する答えを引き出すからです。

これらのメッセージは、悩みや問題に対する解決のヒントやアドバイスとして機能します。

特に、人々が的確な指導を求めているタイミングで、それに適したメッセージを提供するため、カードのリーディングが当たっていると感じることが多いです。

また、オラクルカードのメッセージは非常に抽象的で、それぞれの人が自身の状況に合わせて解釈することができます。

そのため、多くの場合、カードのメッセージは自身の状況に当てはまると感じることができます。

しかし、重要な点として、オラクルカードは絶対的な「当たり」や「外れ」を重視するものではないということを理解することが重要です。

これらのカードは、神託を受け取り、それをどのように活用するかという点を重視します。

そのため、当たり外れを期待し過ぎてしまうと、自分自身を見失ってしまう恐れがあります。

オラクルカードで何がわかるのか

オラクルカードを用いることで、自身の現状や過去、未来の可能性、さらには内在する感情や思考パターンを明らかにすることが可能です。

それは、カードが自分自身との対話を促進し、深層心理に働きかけるからです。

また、オラクルカードは悩みや問題に対する新たな視点を提供し、解決策を見つける手助けをします。

しかし、最も重要なのは、カードのメッセージを通じて自己理解を深め、自己成長を促進することです。

具体的には、オラクルカードは以下のような情報を提供します。

悩み解決のヒント

オラクルカードの”オラクル”は、「神託」「お告げ」を意味します。

そのため、カードに質問を投げかけることで、悩み解決のヒントを授けてもらえます。

これは、誰にも相談できないような悩み事を抱えているときや、窮地に陥りそこから抜け出すヒントが欲しいときなどに特に有効です。

今後の行動へのアドバイス

どのような行動を取るべきか正解が分からず身動きが取れなくなったとき、オラクルカードの神託によって、今後取る行動へのアドバイスを授かることが出来ます。

自分の状況に対するメッセージ

オラクルカードは、今自分が置かれている状況について、メッセージをくれるものです。

これからどうしたら良いのか、今の状況は本当に自分が思っているような状況なのかなど、今の自分に必要なメッセージを、オラクルカードが授けてくれます。

これらの情報を通じて、オラクルカードは自己理解を深め、自己成長を促進するためのツールとなります。

created by Rinker
Light Language Card

オラクルカードとタロットカードの違い

オラクルカードとタロットカードの違いは、その構造と解釈の自由度にあります。

タロットカードは伝統的な占術で、78枚のカードとそれぞれに固定された意味があり、解釈には一定のルールが存在します。

これに対してオラクルカードは、カードの数も意味も制作者によって自由で、リーディングの自由度が非常に高いです。

これはオラクルカードが直感や感性を大切にする人に特に向いている理由です。

また、タロットカードは「カードの出した答え」を占い、オラクルカードは「神から頂いたメッセージをリーディングする」という違いもあります。

これらの違いは、高次のどの存在からメッセージを受け取るのかというところにも表れています。

オラクルカードの危険性と安全な使い方

オラクルカードの使用には注意が必要であり、その危険性は主に過度な依存と低級霊とのチャネリングにあります。

これらのリスクを軽減するためには、自己の意識を保つこと、リーディングの際には空間の浄化を行うことが重要です。

また、カードのメッセージに過度に依存せず、最終的な決断は自分自身で行うことが重要です。

オラクルカードは自己理解と成長のツールであり、適切に使用することで人生を豊かにすることが可能です。

しかし、その使用は注意深く行うべきであり、特に初心者はプロの占い師に依頼することを推奨します。

「オラクルカードがやばい」についてまとめ

記事のポイントをまとめます。

  • オラクルカードは美しい絵柄とメッセージが書かれたカードで、リーディングの自由度が高い
  • オラクルカードは「神託」を意味し、スピリチュアルな存在からのメッセージを伝える
  • オラクルカードは悩みや知りたいことに対して、解決するためのヒントやアドバイスを授ける
  • オラクルカードの使用は注意深く行うべきであり、特に初心者はプロの占い師に依頼することを推奨
  • オラクルカードの危険性としては、心理的依存性の高さが指摘されている
  • オラクルカードが「やばい」と言われる背景には、その強力なメッセージ性と、それによって引き起こされる心の動揺がある
  • オラクルカードは霊的な存在からのメッセージを伝えるため、その存在感が人々を圧倒し、恐怖を感じさせることもある
  • オラクルカードが気持ちを悪くすると感じる人がいる理由は、そのメッセージが深く心に触れ、予想外の感情を引き起こすから
  • オラクルカードは、自己理解と自己成長のツールであり、それをどのように活用するかは、使用者次第
  • オラクルカードを使用する際には、適度な距離感が必要であり、依存しないように注意することが重要

最後までお読み頂きありがとうございます♪

 

▼MAKIオラクルカード講座▼

タイトルとURLをコピーしました