珠肌のうみつクリーム通販!口コミ⇒卵の薄皮で目元のシワに効く!?

%e7%8f%a0%e8%82%8c

詳細をチェックするボタン画像青

 

突然ですが、あなたは今現在、どんな化粧品をお使いですか?有名メーカーのもの?好きな女優さんが使っているもの?お医者さんがすすめるもの?無添加化粧品?自然派化粧品?現在、世の中には数え切れないほどの化粧品があふれています。似ているように見えても、人が100人いれば 100の個性があるように、化粧品も100種類あれば100の個性があります。

あなたが今、お肌の悩みもない、今の化粧品で満足している。安心できる化粧品がある。そういう方は幸せだと思います。しかし「いろいろ使ってみたけれど、肌が敏感なせいか、「自分に合う化粧品に出会ったことがない」「お肌のトラブルがなくならない」もし、あなたがこのような方でしたら、この記事はあなたのお役に立つことができるかもしれません。

 

化粧品は全て安全か?

今お使いの化粧品は、「美しくなれる」 ということを信じて購入されたのだと思います。特に10代、20代なら肌はみずみずしく、弾力もあって、シミ、シワなどに悩んでいるということもあまりないでしょう。そして、たいがいの化粧品は化粧後、肌を美しく輝かせてくれると思います。しかし、化粧品は何でもいい、安ければいい、有名なブランド品、高価な化粧品だから安心、などというような選び方では何年か先には泣くことになるかもしれません。

もし、美しくなれることを信じて使い続けた化粧品が原因で肌トラブル、内臓障害が起きたとしたらどうしますか?第二次世界大戦後、石油が化粧品原料として使われるようになって、シミ、シワなどの肌トラブルを引き起こし社会問題にまで発展しました。その後1980年、皮膚アレルギー(肌トラブル)の可能性の高い成分102をパッケージに表示することが義務付けられました。

それでも、多くのメーカーはパッケージにたくさんの指定成分を表示して商品を生産し続けました。問題になった成分をパッケージに表示してからも、消費者の中にはその表示成分が何を意味するのかさえ知らない人が多かったため、宣伝などのイメージだけで購入する人が多かったからです。そして2001年、全成分表示義務化が始まりました。

しかし、以前の表示指定成分が入り混じっての表示となり、カタカナの成分名ということから、全ての化粧品が同じように見えてしまい、余計に混乱している方も多いようです。化粧品を使っての肌トラブルは、「もう少し化粧品についての正しい知識があれば防げたはず・・・」というものがほとんどです。

新商品開発

いつの時代にも、化粧品は「美しくなる」と、消費者にうったえ、また消費者もそれを信じています。現代、新開発された化粧品、美容機具、美容のための薬、美容整形など、美容目的のものが氾濫しています。今はインターネットを利用して直接輸入することもできる時代です。海外の化粧品は、その国の女性に合わせて作られていますし、安全性の基準も異なります。

国内外に問わず、高い効果ばかりを期待して、安易に販売される新商品の購入、ご使用は 慎重にされた方がいいでしょう。「その商品は本当に安全か?安心できるか?」自分の体とは 一生つきあっていかなければならないのですから、今だけではなく、何年も先のことまでも考えて、化粧品を選んでいただきたいと思います。症状が起きてからでは遅いのですから・・・。

 

シワを作る原因

シワを作る原因には、内からのものと外からのものがあります。内からの原因は老化によるものです。外からの原因は紫外線、寒さ、冷暖房、乾燥などです。それ以外にも自らシワを作ってしまうことがあります。筋肉の方向を無視したマッサージ、力を入れ過ぎるマッサージ、そして肌に負担をかけるような化粧品です。

シミを作る原因

皮膚には表皮と真皮があります。その境にメラノサイトという細胞があって、それが紫外線の刺激を受けると真皮より下を守ろうと、メラニン色素を増やし保護層を作ります。その際、鉱物油の入った化粧品を使っていると、毛穴に押し込められた鉱物油が皮膚に浸透してしまい、メラノサイトを異常に興奮させて、メラニン色素を沈着させてしまうこともあるようです。20代までは日焼けをしても、キレイな色白の肌に戻りやすいのですが、30歳を過ぎると新陳代謝も低下していきますから、メラニン色素がシミとして定着してしまう確立が高くなります。

また、石油から作られるタール系色素、香料はメイク用品に多く使われています。この色素、香料はシミを作る原因といわれています。「植物」「自然」「無添加」とうたった化粧品にも 使われていることが多い成分です。そして乾燥は、あらゆる肌トラブルの第一要因です。「乾燥=カサカサ→カブレやすくなる→色素沈着しやすくなる→シミになる」というのが乾燥の要因です。乾燥、小じわ、肌荒れ対策は、まず朝晩の正しい洗顔と不足しがちな水分、潤いを補うことです。
詳細をチェックするボタン画像青

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b97%e6%97%a5%e9%96%93%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%ac%9b%e5%ba%a7_convert_20160920202159

副業7日間無料メール講座に登録する

関連記事

  1. 2016うるう年とは4年ごとですが例外で閏年にならない年とは!?

    「うるう秒」は私達の生活の中であまりなじみの深いもので はありませんし、気づくこともないかもしれませ…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 夏バテを解消してくれる食べ物を積極的に食べよう!

    今年も夏がすぐそこです。毎年、夏に体調を崩すあなたは、夏バテを解消してくれる食べ物を積極的に食べて、…
  2. ローンが残っているマンションから戸建へ住み替えた4つの手順とは!?

    現在マンションに住んでいるけど、「戸建に住みたい!」でも住宅ローンが残っているから無理だな・・・と考…
  3. 地震の前兆!どのように行動して命を守っ たら良いのか!?

    日本は地震国です。近い将来、大地震が起こると予想されています。前兆はもう怒ってますよね。日頃から地震…
  4. 育毛に良い食べ物が”豆腐”とカ○サ○シ○だと言われる科学的根拠とは!?

    男のハゲは隠すより開き直ったほうが、カッコいいという人も数多くいますが、やはりテレビでも「育毛」「養…
  5. ポッコリお腹を解消する2ステップ方法!と…もっと大切な事とは!?

    私は現在38歳で体型は普通なのですが、お腹がポッコリしていることが唯一気になる点です。しかし、お腹の…
  6. イライラ解消の方法の一つに”睡眠”がありますが…すぐに眠れる9つのコツとは!?

    あなたは、イライラした時の解消にどんな方法をとってますか?カラオケ!スポーツ!とにかく食べる!飲む!…
  7. うつ病の薬はやめる!?そして”男性ホルモン”を増やしましょう!?

    男性ホルモンは、うつ病に良いです。男性ホルモン(テストステロン)が下がってくると、うつ病になりやすく…
  8. 生命保険料を総額250万円安くした最大の見直しポイントとは!?

    今回は「生命保険料を総額250万円安くした見直しポイント及び、その方法」をシェアしたいと思います。 …
  9. ノロウイルス食中毒の予防と対策で一番大事なことって!?

    食中毒がよく報道されます。原因でよく言われるのがノロウィルスですね。ノロウイルスとはどういうものか知…
  10. 5人家族の食費を半額にする節約術がヤバい!?

    今回は誰でも超簡単にある方法を使って確実に毎月の食費を半分にする方法について話しています。一体どんな…

話題をチェック!

  1. 部屋の中にいるから熱中症とは無縁!? 熱中症といえば夏の熱い炎天下だけで起こると 思ってしまいがちで…
  2. 便秘は病気ではないのですが、色んな身体の不快な症状を引き起こします。また、老化を加速していくので、放…
  3. これから汗ばむ季節に気になってくるのが体臭です。特に”わきが”のにおいは気になりますよね。対策法とし…
  4. あなたは電子マネーを使っていますか?近年はほとんどの人が何かしらの電子マネーを使っていると言われます…
  5. 夏、真っ盛りですね。海!山!川! プール!夏フェス!バーベキュー!などなど・・・楽しいことが沢山です…
  6. 通常、コンビニや図書館などに設置してあるコピー機は1枚コピー白黒10円/カラー50円が相場でしょう。…
  7. ダブル式貯金術とは? 早速ですが本題に入っていきましょう!【ダブル式貯金術】の一番の特徴は、「守る…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る