発毛の方法と肝機能との関連性がヤバい!?

肝臓について調べてみたところ、どうやら肝機能が髪の毛の発毛にも影響を与 えているようなので、記事にしました。発毛方法の一つに参考にされてみてください。

スポンサードリンク

そもそも肝臓は何をするところ?

肝臓は、人体の健康状態を支える為の処理をする所です。主な働きとしては、

  • アルコールを分解して無害な酢酸へ変える
  • 体内にとって有毒な物質を無毒な物質に変える
  • エネルギーの源であるグリコーゲンの生成と貯蔵
  • 不要となったホルモンの分解
  • 古くなった赤血球を分解して、鉄を取り出し再利用
  • リンパ球や抗体の生成
  • ビタミンの合成

など、身体を健康的な状態に保つために、日夜活動しているのです。この中で、まずアルコールの分解に注目していきます。

アルコールの分解のしくみ

体内に入ったアルコールは、胃から20%、腸から80%吸収され、どちらも肝臓へと送られて分解が始まります。肝臓内では酵素の一つであるアルコールデヒトロナーゼが、アルコール をアセトアルデヒドに変換されます。

このアセトアルデヒドは体内にとっては非常に有毒な物質(体内に残ると二日酔いになり、頭痛や間接の痛みを引き起こす)なので、肝臓内でさらに分解されます。その分解の時に、アセトアルデヒド脱水素酵素という酵素によって、無害 な酢酸へと変換されます。実は、この時に複数のアミノ酸が消費されるのです。

アミノ酸は髪をはじめとして、あらゆる細胞の材料となる栄養素です。このアミノ酸が酒を飲むことで消費されるとなれば、さらに摂取しなければなりません。しかも、この肝臓の処理能力は遺伝で決まっていて、それが髪の毛をはじめとするあらゆる細胞に影響するのです。

↓ではここで、質問です↓

お酒は強いですか?

元々あまり飲めなくて、強くなったと思っているなら要注意です。毎日飲むことで、分解酵素の量が増えて酔いづらい体質になると言う説 もありますが、数日飲まずにまた飲み始めると、どうですか?体調悪くなりませんか?それが、あなたの本来の肝機能です

実は、肝機能は個人によってアルコールの分解できる量が元々決まって います。なので、お酒が好きで毎日飲んでいるうちに強くなったというのは間違いです。元々お酒が弱い人が、毎日お酒を飲むような生活を続けていると・・・。気付いた時には肝臓と髪の毛が取り返しのつかないことになります

アルコール分解能力と遺伝

「じゃあ、お酒の強いと弱いってどうやって決まるの?」という疑問が出てくるかと思いますが、先ほども言ったように遺伝の割合が高いです。遺伝による肝機能の差、アセトアルデヒド脱水素酵素の量、アセトアルデ ヒドを分解する時に力を発揮するもう一つの酵素を持っているかなどがあります。



老後死ぬまで年収400万確保可能!もちろん低リスク、ほっらかし運用。多忙なサラリーマンでも即実践可能!

実は、このアルコールの分解能力が低いのは黄色人種のみの特色らしく、まだ日本が中国大陸と一緒だった頃に、人体の機能が変異した名残と言われています。ですので、それ以外の人種はみんなアルコールに強いという。もちろん個人差は有ると思います。

「じゃあ、外国人はハゲがいないのでは?」

と思うかもしれませんが、肝機能と髪の毛との関連は要因の一つに過ぎ ませんので、普段の栄養素が足りなければ髪への栄養が不足するのは当然のことです。自分の肝機能を意識せずにお酒を飲み続けることで、一日に必要な栄 養素の絶対量が足りないだけではなく、肝機能が低下することで頭皮の健康状態のために欠かせないビタミン類の合成も難しくなります。このようになり、お酒を飲む事で間接的に髪の毛をダメにしてしまうのです。

解決策

では、どのような生活をすれば髪の毛を元気にすることができるのか。 ただし、解決策も自分自身の生活習慣の改善が必要であり、すぐに効果 が実感できるものではありませんので、改善した生活を継続する必要があります。その辺りの心構えをしっかりしていきましょう。では、解決方法です。

解決方法1:お酒の量を減らす

まずは、お酒を飲む量を減らしましょう。次に毎日飲むという事をやめる。そして、お酒をやめる事がベスト!特に自分が弱いと自覚している方。お酒になれたと誤解されている方は要注意!なんて言われてもそれは難しいと思うので、できる範囲で少しずつ減らすようにしましょう。

解決方法2:タンパク質が豊富な食材を多めに食べる

具体的には必須アミノ酸を多く含む食材。成人男性で一日に60gの必須アミノ酸(食物からしか摂れないアミノ酸)が必要とされます。これらを多く含む食材の摂取を60gより多めにする事です。お酒を飲まれる場合は、この辺りも注意して摂取して下さい。因みに、酒のつまみの代表格であるスルメイカ100gのタンパク質は24.1gと、肉類よりも豊富です。

解決方法3:アルコール分解に効果のある食材を摂取する

肝臓を強くする働きのある、ウコンに含まれるクルクミンは肝臓の解毒作用を強くします。また、つまみ類であれば、イカ、タコ、マグロやサバの血合いに含まれるタウリンも解毒作用を強くします。ゴマのセサミンも効果的なので、この辺りを食べるようにすると肝機能も向上します。

解決方法4:これらを継続する

すぐには結果が出ないのは当たり前と思い、諦めずに継続して下さい。全ては自分のためです。一般的な健康としても効果がありますので、良い変化を期待する気持ちで!

最後に・・・

アルコールの摂取が結果として、髪にも悪い影響を与える可能性が高いという事。肝機能が低下すれば、栄養素の合成が上手く出来ずに代謝能力も低 下するという事。とにかく、肝臓をいたわる気持ちを忘れない事です。仕事のストレス発散にも欠かせませんが、ほどほどに!(^o^)/

元手10万円!安全ほったらかし投資のやり方3コース徹底解説→13年後のスワップ利息100万円突破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク




ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法をお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。ご希望、お問い合わせは~Twitterにてご連絡ください。



ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪


関連記事

  1. 自宅でできる!視力回復トーレーニング方法は“脳”にある!?

    今回は、自宅でできる視力回復トレーニングの方法をご案内いたします。巷には様々な視力回復法がありますが…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. お金が貯まる人?貯まらない人?支払いを先延ばしすることの本当の弊害とは!?

    あなたは毎月きちんとお金を貯めることができる人ですか?・・・愚問でしたね(^^;この記事に興味を持っ…
  2. エアコンの選び方は”長期的に得をする”5つのポイントで決めましょう!

    早速ですが、夏は暑いですので本題に入っていきます。『エアコン選び方の長期的に得をする5つのポイント』…
  3. 犬の寿命を3年延ばす!薬に頼らない心臓病の予防法

    あなたの愛犬、愛猫ちゃんは今お元気ですか?7 歳になった時、10 歳になった時、15 歳になった時 …
  4. 熱中症対策の5つのポイントが意外!?室内でも熱中症対策をしよう!

    部屋の中にいるから熱中症とは無縁!? 熱中症といえば夏の熱い炎天下だけで起こると 思ってしまいがちで…
  5. 英会話の勉強法に無駄なお金はもういらない!?ホームステイ体験を無料で!?

    英会話ができるようになりたいという人のために、語学留学やホームステイ、サマーキャンプなど、様々な英語…
  6. 肝臓の働きの悪さは~モノ忘れのひどさや体のかゆみと関係している!?

    お酒の飲み過ぎといえば、条件反射のように肝臓が悪くなるというイメージが浮かんでん来ます。でも肝臓は、…
  7. あがり症克服をスマホで行う!?意外なトレーニング法!

    この記事は、実際にあがり症の私が体験して、経験したこと、感じたことなどをまとめています。また、あがり…
  8. 酵素ドリンク&断食!一週間で3キロ痩せた実践方法

    最近、「酵素ドリンクダイエット」を良く聞くようになってきましたが、今回は酵素ドリンク&断食で…
  9. 地震の前兆!どのように行動して命を守っ たら良いのか!?

    日本は地震国です。近い将来、大地震が起こると予想されています。前兆はもう怒ってますよね。日頃から地震…
  10. 福岡で一番安いレンタカーを最速で見つける3つの知識とは!?

    あなたは一番安いレンタカーを探す時、「格安 レンタカー」で検索して、各レンタカー会社のサイトとへとア…

話題をチェック!

  1. お金が貯まる財布にするためのポイント 今回はお金が貯まる財布の使い方、特徴をご紹介いたします。こ…
  2. 家電量販店で、「ちょっと高いよねぇ。 もうちょっとどうにかならないの?」なんて言って値引きを少しだけ…
  3. 日本人ならほとんどの人が大好きなディズニーランド。たいていは日帰りで遊びに行くことが多いですが、遊び…
  4. 今から書いている内容を少なくとも一人に伝える事が出来ることを嬉しく思います。全て真実から来る予測を立…
  5. 鏡をふと見た時に・・・あ れ?な ん だ か 老 け て き た!?そう思った事はありませんか?だん…
  6. ネイティブと日本人の違い 体のつくりが違う…
  7. これから夏、秋の初めころまでは食中毒の増える季節です。外食産業の興隆とともに、ずさんな食品管理や手抜…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る