家を建てる費用を節約する発想転換!目標一千万円削る!?

やはり一戸建てマイホームは誰しも抱く夢ですね。「すてきな家に住みたい!」とは皆が思うことだと思います。でも、家って人生の中で一番高い買い物。どう安く見積もっても数千万円もしてしまうものです。ハウスメーカの見積もりを見て、もしかしてびっくりしていませんか?安く建てたいのはやまやまですが、安普請は困りますね。でも、できるだけ素敵な家にしたい。今回は私の実体験を踏まえ、どうすれば安く家を建てられるかのヒ ントを皆さんにお伝えいたします。

スポンサードリンク

米国の建具の値段

ネットで米国の建具の値段を探ってみましょう。米国にHome Depotというホームセンターがあります。ここは家一軒建つくらい の建材が売っています。⇒Home Depotのホームページ

ここで検索してみましょう。ホームページを開くと「SEARCH ALL」というところがありますので、そこに「Interior Door」とか「Window」とか入力して検索してみてください。どうですか? 今までハウスメーカなどから聞いていた値段と大きく違う値段がそこにありま せんか?

ドア、窓、ライト、水栓金具、全部安いです

例えばドアですが、日本だと10万円くらいするのが、米国だと3~4万円くらい。半額以下です。なんで安いのでしょう?粗悪品なのですかね?価格のからくりを調べる前に、日本の家の見積もりを考えてみましょう。よく家を建てるときに、「坪単価いくら」という言葉を聞いたこと有りませんか?

これって、不思議じゃありません?

だって、家の大きさが違えば単価は下がってくると思うのですよ。それを皆一からげで「坪単価」で言ってくる。 当たり前の話ですが、家を造る場合、材料費、建築費、管理費などいろいろな コストがかかってきます。大手のハウスメーカの場合、営業員の費用は広告宣伝費も中にのってくるでし ょう。(これらのコストは利益の中に含まれますけどね。)これら合計金額を建坪数で割ったのが坪単価。

同じ建坪であれば目安にはなるでしょうが、坪数が少なければ割高になるのは当たり前です。だって家は小さくともキッチン、風呂、洗面所などの基本機能は必要ですか ら。と、考えるとこの坪単価、正直あまり意味のない数値と思いませんか?日本の場合、家の見積もりは積算で求められているようです。 積算表、積算資料というのが売っています。

本屋さんに行くと積算ハンドブックなるものが売っています。家を建てようと思っている方で有れば、一度は目を通しておいても良い本です。(Amazon などで「積算ポケット手帳」で検索すると出てくるでしょう。) これを見れば、材料、工賃あわせた費用が出てきます。いわゆる「材工一式」価格というやつです。ここから積み上げれば見積もりができるということです。これは算出ソフトなどもあるようです。ハウスメーカでは、そのソフトを持っていて、仕様にあわせてポンポンと入力すれば全費用見積もりが出てくるようです。

米国の家の見積もり

一方の米国はどうなのでしょう?米国では、設計費用、建築資材、建築・・・などがすべて分業化されているよう です。プラン集というのが本屋で売っています。 (「House Plans」で検索してみてください。いろいろ出てくると思います。)ここにはいろんな家の間取りがたくさん載っています。で、気に入ったのがあったら、その設計図面を「買う」訳です。

次の作業は建築資材の調達です。米国には建築資材専門に扱っている業者がたくさんあります。そこで設計図面を元に部材の拾い出しを行うわけです。グレードも自由に選べますし、釘一本の値段まで正確に計算されます。たとえばお客さんの来る今では高めの建材を使うけど、いたみやすい子供部屋などでは安めの建材を使うなど。メリハリつけた建材選びができます。

施工会社(早い話大工さん)や管理会社(つまりちゃんと仕事をしているか管理をする会社)も決めていきます。と、やっていくと、すべてのコストが明確に出てきます。この方法で有れば、どこでどれだけのコストがかかっているのか明確です。安いところを見つけられれば、それだけコスト削減にもなります。自由度高いですね。でも「これは米国の話じゃない!?」と思われる方もいるかもしれません。ですが・・・

昔の日本ではこの方法で家を建てていたそうですよ

どういう家にするか設計する人に伝えて墨で描いてもらい、それを持って木場 で材料を選んで・・・大工、左官屋を使い・・・という感じです。それでは面倒なのでそれを全部やってくれるゼネコン=ハウスメーカが出てき たわけです。いずれにしろ米国方式ですと、物、サービスの値段がはっきりしています。

規格の問題

米国では2x4(ツーバイフォー)という規格に則っています。この言葉は皆さんも聞いたことがあると思います。約 40mmX90mmの角材を基準にした工法のことです。これをベースにすべてが規格化されています。ドアや窓もすべて規格に従っています。ドア枠とドアパネルのサイズも規格で決まっています。なので、ドア枠、パネルが別のメーカでもきちんと合います

さらに金具まできちんと合うように作られています。つまり、ドアノブをつける穴の位置まで規格があるということですね。ドアパネルも2インチ刻みで用意されていますので、いろいろ選ぶことが出来 ます。窓も開口寸法(Rough Opening)さえあわせればどこの会社の窓でもちゃんと納まります。

これ、日本ではどうでしょう?

たとえばドアパネルを考えてみてください。ある会社で施工した家で、ドアパネルを入れ替えようと思ったらどうなるでし ょう?たぶんドア枠までワンセットで変える必要があると思います。それか建具屋さんに特別に作ってもらうか???米国のように各建具メーカ同士での互換性なんて聞いたことは有りませんね。

ましてドア枠とパネルが全く別々でも問題ないなんて・・・。日本の規格はある意味まちまちです。関東間と京間。これをとりあげただけでも、サイズの違いはすぐにわかると思います。畳でも団地サイズとかいろいろありますよね?これでは、コストがかかりますね

販売価格の問題

実は価格そのものにも問題があります。日本では建材には業者価格と消費者価格の二つがあるようです。で、業者価格は一般の販売価格の半額近いとのこと。 よく「掛け値いくら」というやつです。やっちゃいけないとは思いますが、業者の振りして見積もりを依頼したらどう なるのでしょう?たぶん、安い価格が出てくるような気がします。つまり二重価格

最近ではネットでは業者値段で出してくれるところも増えています。確かに掛け値65%とかのものもありますね。ヤフオクなどでは業者価格で売っているところもあるようです。先ほどの「積算価格」は定価で計算されていますから、部材価格の儲けと、工 賃の儲けと両方含まれていると言えます。

工法の問題

実は工法の相違も大きくコストに影響してきます。日本従来の建築方法は木造軸組です。これは本来は真壁造り、早い話「和室」ですね。柱と柱の間に壁を作る/塗るという工法です。柱が見えているのが特徴ですね。柱として構造体を支えているので、開口部を広めにとれたり、増改築がやりやすいメリットがあります。ですが、構造体が見えていますので、合わせ目の状態など、大工さんの腕がもろに出る工法でもあります。自ずと現物合わせが必要となります。

一方2x4は先にもあげたように「規格」の上に成り立っています。柱で構造を支えるのではなく、面で構造をささえるようになっています。そのため木造軸組に比較すると、開口部などの自由度は低くなります。工法が規格化されているせいか、大工さんの腕の優劣はでにくいと言うこともできます。人数も2人くらいで建てることも可能のようです。

規格化はやはりコストダウンにつながります。まぁ、最近では木造軸組でも工場でプレカットすることで効率性を上げているのも事実です。コストダウンは当然追求されています。それに最近の家造りはほとんどが洋式。内装は柱を見せることなく石膏ボード などで壁をはってしまいます。(ただ、こうなると柱の組み合わせ精度などは関係ない話になりそうですね。)

日本人気質の問題

日本人特有の細かさ、こだわりがコストを押し上げているとも言えます。実は住宅産業はクレーム産業でもあります。ちょっとの傷、ズレも瑕疵としてとらえられます。 実際に聞いた話ですが、ある脳外科医さんの家を建てたとき、ミリ単位の精度を要求されたそうです。確かに脳外科医から見たらミリ単位の仕事ですから ね・・・。

ちょっとでもずれていたら、やり直し。傷がついていたら取り替え。というわけなので住宅のコストには最初からそのクレーム分が含まれている そうです。実際輸入住宅を扱っているところでも、向こうの値段に比べると、3割くらい高めに設定されているようです。これは日本人のクレームを最初から見越したコスト構造になっているからです。「輸入住宅だから安いと思ったら意外と高かった。」と感じる理由がここにあります。

実際の家の図面を見たらわかると思いますが、建築図面には機械図面で言う「精 度」という表記は見あたらないように思えます。実際、米国の家の作りはアバウトです。バンバンと壁を貼って、隙間はケーシング材で隠しちゃえば言い訳ですから。数ミリの誤差は当たり前?それに比べたら、柱構造が見えている従来型の日本住宅ですと、組み合わせ部分が丸見えですからずれたらすぐに分かっちゃいます。

まぁ、家は家族と一緒に育つモノと考えれば、数ミリの誤差は問題ないとおもいますけどね。この辺の細かさがコストを押し上げる要因になっていると考えます。さらに、日本人の完璧主義がコストを押し上げている例として、「反らないドア」 「鳴かない床」があると思います。無垢の木を使えば当然反ります。床も鳴きます。でも、これがクレームになります。

じゃ、反らないためにはどうするのか?加工物、人工物にするわけです。木材を粉にして接着剤混ぜて固めれば反らない材はできちゃいますね。俗にMDFと言われる素材です。床も鳴かないために、釘ではなく、接着剤で留めちゃえば良いわけです。壁紙貼るにも接着剤。

で、組立精度は上がっていますから、家の気密度は高くなる。はい、シックハウスのできあがりです。要は余計な精度要求が、ハウスメーカでの余計な開発コストを生み、さらに健康まで害してしまうということが起きているという訳です。あと配管とかは見てくれ悪いので隠しちゃうケースが多いと思います。でも、水回りでトラブル起こしたらどうするのでしょう?メンテナンスしやすい家というのもコスト削減にはすごく大事だと感じます。

家は家族と一緒に育てるモノ。

手を入れながら整備していくモノ。

多少のズレとかは気にしない。

経年劣化は有るわけだから。

それより、メンテナンス重視。

こういう風に考えていくともっと家は安くなります。

家のコストのまとめ

と、いろいろ見てみましたが、まとめてみると次のようになると思います。

  • 規格品を使えば部材コストは安くなる。
  • 積算方式ではなく、部材、加工代など分けてみると価格構造がよく分かり、どこにお金をかけてどこに節約するのかわかり、家のコストは安くなる。
  • 家は育てるもの、メンテナンスするものと考えると、家のコストは安くなる。

私は別に2x4メーカの回しものではないですが(苦笑)、やはり「規格品」というのが結構コストに関係してくると思います。

最後に・・・

発想を変えれば、家は安くできるということ分かって頂けましたでしょうか?乱暴な試算ですが、米国から建材を輸入して建てることを考えると、建材費用1,000万円、工事費用(米国から職人を連れてくる)1,000万円、合計2,000万円でマントルピース、ジャグジー付きの豪邸が建ちます。(土地代は別 ですよ。)実際、我が家も建物費用は1,800万円くらいですが、取材に来た方からは「4~ 5,000 万円の家に見える!」と言われました。この記事で、自分の納得のいく家を安く造れることへのお手伝いと なれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク




ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法を150万でお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。ご希望、お問い合わせは~Twitterにてご連絡ください。



ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪


関連記事

  1. ”通販メガネ”の評判は!?粋な活用法と処方箋取得の4つの方法!

    「メガネは通販で買えば安い」・・・このことは既に「常識」になりつつあります。都心部では「3000円メ…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 膝の内側の傷みはストレッチで改善しましょう!

    今回は”膝の内側の傷み”、多くは「鵞足炎(がそくえん)」の場合が多いので、その鵞足炎改善へつながる、…
  2. 栄養面でバランスの取れた、体にやさしい食事・料理を作るには?

    栄養面でバランスの取れた体にやさしい料理を作るとき、食材選びで気をつけて欲しいことをシンプルにまとめ…
  3. ”早起きのコツ”を知る前に”早起きの4つのデメリット”も参考にしましょう!?

    何事にもメリットがあればデメリットもあるもの です。きちんとデメリットを認識して、それを飲み込める人…
  4. ノロウイルス食中毒の予防と対策で一番大事なことって!?

    食中毒がよく報道されます。原因でよく言われるのがノロウィルスですね。ノロウイルスとはどういうものか知…
  5. クリスマスの大混雑する東京ディズニーの対策とベストなタイミングとは!?

    東京ディズニーリゾートのクリスマスイベントといえば、楽しくてロマンチックで 恋人とでも家族とでも友達…
  6. 家電の値引きを最大限に行うコツ!?年間~数十万トクしましょう!

    家電量販店で、「ちょっと高いよねぇ。 もうちょっとどうにかならないの?」なんて言って値引きを少しだけ…
  7. 妊娠中は花粉症になりやすくなるって本当?薬の服用は?

    妊娠中は女性ホルモンの変化によって鼻粘膜の、うっ血や浮腫がおこりやすくなり、花粉症の症状が悪化するこ…
  8. モアイ像の胴体が発見された~謎の多い島!イースター島の7つの魅力

    最近、胴体が発見されたモアイ像で有名なイースター島ですが、チリ国内なので行ったことがある人が多いので…
  9. 運気を上げる方法が何故ヤバいのか…!?

    本日はあなたの運気を上げる方法についてご紹介したいと思います。運気を上げるってなんだか胡散臭いとおも…
  10. 母子家庭の9つの手当!及び7つの減免と割引制度とは!?

    日本のシングルマザーは120万人以上いると言われています。離婚が約80%、未婚が13%、死別は6%と…

話題をチェック!

  1. 紅茶にレモンを入れると、色が変わるのをご存知ですか?どのように変わるかというと、色が薄くなります。こ…
  2. スーパーや八百屋で買い物をする時に、一目見ておいしい野菜や果物が判別できたら嬉しくないですか?味見の…
  3. 食事や産後の過ごしかたと違って、妊娠中の運動については“妊娠は病気じゃない。安産のためにはしっかり運…
  4. 何事にもメリットがあればデメリットもあるもの です。きちんとデメリットを認識して、それを飲み込める人…
  5. 今晩何食べよう?栄養バランスが良い物は何か・・・時間をかけずに安くておいしい物が食べたい・・・疲れて…
  6. 今回は人気アニメのワンピースで登場する多くの名言からビジネスや人間関係、そして人生に役に立つ名言を紹…
  7. あなたが思うように変わらないと感じているのであれば、間違った方法で自分を変えようとしています!今回は…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る