インフルエンザの意外な感染経路に注意!?

毎年恒例のように冬になると流行するもの、インフルエンザ。全員が感染するわけではありませんが、かなりの感染度です。予防注射をしていても感染するひとはしてしまいます。インフルエンザは風邪とは全く違います。風邪とは比べ物にならないほどの高熱が続き、完全治癒するまでに時間もかかります。特に幼児、お年寄りは重症化することがあるので注意が必要です。重症化というのは幼児の場合では脳症、お年寄りの場合では肺炎に悪化して、最悪の場合には死に至ることもあるからです。なってしまってからでは遅いインフルエンザ、ぜひとも予防に努めたいものです。そこで今回は、意外な感染経路とその予防策を解説していきます。

スポンサードリンク

インフルエンザの様々な感染経路

インフルエンザの予防はよく知られていることですが、手洗いうがいに尽きます。最近ではビルの入り口や飲食店の洗面所で、よく見かけるようになった消毒液。 でも実際そういった消毒液を必ず使用して消毒しているひとは少ないのでは・・・ 実際のところ、消毒液の使用は有効なんでしょうか。インフルエンザの感染経路は手からです。細菌やウイルスがついたままの手で、鼻や口を触ると気道に感染してしまいます。ウイルスは紙幣、ドアの取っ手、電灯のスイッチにも存在します。 それらを触った手から口や鼻に感染することも多いいにあります。また冬は空気が乾燥し、鼻やのどなど粘膜の防御機能が弱り、 寒くて体温が下がることで免疫力が低下するため、感染症が流行しやすくなっています。

正しい手洗い、アルコール消毒濃度

ですから、まずは手についた細菌、ウイルスを除去することがインフルエンザの予防第一歩なのです。手洗いといっても流水でさっと洗うだけでは、効果は期待できません。細菌やウイルスは流水だけでは落ちません。正しい手洗いは、まず石鹸で丁寧に手を洗います。手首や指のあいだもしっかりと。ペーパータオルなどで水気を拭き取ります。布のタオルは最近公共のトイレでは見かけなくなりましたが、繊維に残った細菌がタオルを通じて感染してしまうので、使い捨てのタオルやペーパータオルを使います。それから消毒液を使用します。アルコール消毒液の場合、濃度70%以上で病原体のタンパク質を破壊し、主な細菌やウイルスを短時間で殺菌することができます。消毒液が指先にかかるように指を曲げながら手のひらに受けます。指先に消毒液をすり込みます。親指の付け根や指のあいだ、手のひら、手の甲にもすり込みます。消毒液が乾くまで手首にも消毒液をすり込んで完了です。ただすべての細菌、ウイルスに対して効果が期待できるわけではなく、アルコールはアルコールでもアルコール濃度が50%以下では殺菌効果は期待できません。

手洗い、消毒液使用のタイミング

手洗い、消毒液使用のタイミングは外出先から帰ったときです。ウイルスや細菌を家の中に持ち込まないことを徹底します。帰宅、帰社したら家の玄関や会社のエントランスで、まずは消毒だけもするといいです。さらに食事の前やトイレの後に手洗い、消毒は効果的です。あまり頻繁に手を洗うのも手荒れの原因になってしまいますので、帰宅時、食事前、トイレ後に気を付けていればいいでしょう。

ノズルでプッシュするタイプの消毒液は公共の場によく置かれていますが、たくさんのひとが使うため、ノズルに細菌がついていることがあります。それでも消毒しないよりはマシですが、最近では手をかざすと赤外線センサーで感知し、消毒液が噴射される自動消毒液噴射器もあります。家庭用のものも販売されていますので、家の中の玄関、キッチン、トイレ、洗面所にも設置することができます。

1回のくしゃみによって約4万個!?

また手洗い、消毒と並んでインフルエンザの予防に有効なのが、マスクの使用です。インフルエンザ患者の咳やくしゃみにもたくさんのウイルスが含まれます。1回のくしゃみによって約4万個の飛沫が発生するといわれます。マスクはインフルエンザ菌をまき散らさないためにも、感染しないためにも有効です。手洗いと消毒液の使用、マスク着用で、インフルエンザを予防できるのならぜひとも徹底しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b97%e6%97%a5%e9%96%93%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%ac%9b%e5%ba%a7_convert_20160920202159

副業7日間無料メール講座に登録する

関連記事

  1. VOAニュースを楽しみながら英語能力アップする4つのポイント!?

    今回は、英語を使って『VOA』(Voice of America:アメリ カの声)のニュースを読み、…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. デートの誘い方は・・・断られにくい「テンプレート」を活用しよう!?

    好きな女の子をデートに誘うのってドキドキですよね(´∀`*) 「二人っきりで遊びたいヽ(*´∀`)ノ…
  2. 女性との会話のコツって!?質問力を高める話題集!

    会話のスタート そのほとんどは、質問から始まる。会話が途切れた時も、その女性のニーズに合わせた質問を…
  3. 関東のパワースポット巡りで開運で大切なことって!?日帰りドライブコース!?

    あなたは、疲れたなときや嫌なことがあったとき、ストレス発散、旅行などどこに行きますか?行くところや、…
  4. ネガティブ思考をプラスに変える!たった一つの方法。。。!?

    あなたは今、痛みを 感じてますか?苦しいですか?でも人は痛みを感じても立ち止まる事なく歩み続けなけれ…
  5. 乾杯の挨拶でスピーチの小ネタにしてほしい”乾杯の由来と正しい作法”とは?

    改めて問われると以外に知らない「乾杯」の儀式。そんな「乾杯」も由来と歴史を知れば面白くなります。実際…
  6. 5人家族の食費を半額にする節約術がヤバい!?

    今回は誰でも超簡単にある方法を使って確実に毎月の食費を半分にする方法について話しています。一体どんな…
  7. 仕事で同じ失敗を繰り返さない3つの方法!ハインリッヒの法則とは!?

    仕事でも日常生活においても、人は誰でも失敗を犯すものです。失敗自体は悪い事でも恥ずかしい事でも何でも…
  8. 膝の内側の傷みはストレッチで改善しましょう!

    今回は”膝の内側の傷み”、多くは「鵞足炎(がそくえん)」の場合が多いので、その鵞足炎改善へつながる、…
  9. 骨粗鬆症予防のコツで意外な運動とは!?

    骨にはカルシウムの貯蔵庫としての役目がありますが、骨中のカルシウムは毎日少しずつ入れ替わっています。…
  10. 結婚式の友人スピーチの緊張を克服してパフォーマ ンスを上げる方法!?

    友人の結婚式に呼ばれて、友人代表のスピーチを頼まれると、なかなか断ることができません。渋々引き受ける…

話題をチェック!

  1. 現代はストレス社会!ビジネスをしていく上で、また日常生活していく上で、常にストレスを感じる毎日。スト…
  2. 花粉症と風邪の症状は似ていますが、たて続けのくしゃみ、目のかゆみなどは花粉症独特の症状です。風邪と似…
  3. この世には運の良い人と、運の悪い人が存在します。あなたは運の良い人と聞いて、どういう人をイメージさ …
  4. 今回はあまり知られていない、各血液型に適し た適した食べ物や効果的な運動法を紹介していきます。題して…
  5. しじみは、あさりと並んで日本人にとって馴染みのある貝である。健康食品として、 「しじみエキス…
  6. パソコンを処分したいけど、どうすればいいの?と思っているあなたに、その方法について説明しています。ご…
  7. 今回は私が車買取り専門店で働き体験したことをもとに、どんなお客さんが最も得をするであろうかを考えて実…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る