キャノン製プリンターインクを詰め替えて1本30円に節約する手順!

今回はキャノン製カラープリンターのカラーインクカートリッジ、1本約1,000円を、約30円にするための方法を伝授します。おそらくメーカーとしては頭が痛いであろう、このイタチごっこですが、 既にキモのインクが発売されて長い期間、規制の対象になっていないので、思い切ってこのテクニックを公開することに決めました。ですので違法とか、登録商標の侵害とかのご心配はありません。しかも、ここで使うことになるインクの説明書に、ほぼ同じことが書かれてありますので、ご心配は無用です。つまり合法に限りなく近いものであり、あなたが誰に教えて 差し上げようとも規制されることはほぼ皆無です。

スポンサードリンク

プリンター対象機種

現在、キャノンのインクカートリッジは市販で一本が約1,000 円くらいかかってしまい、普段使いでコピーを続けていると、大変な負担になります。これをちょっとの改造と手間をかけることだけで、一本分30 円くらいで収めよう、というノウハウです。対象機種はMP・iPシリーズをはじめ、ほとんどの機種で応用可能です。ただし、MP630以降の新しいモデルでは印刷時にインクの色が変わったり、発色が明らかにおかしくなったりする可能性がありますのでご注意ください。これは恐らくメーカーによる対策かと思われます。したがって最新モデル等への使用は避け、現行モデルまたは以前のモデルに限っての利用をオススメします。

用意するもの

  • 100円均一で売っているキャノン用のインクカートリッジ、機種によりそれぞれの色各種
  • ティッシュペーパー

1事前の準備

まず使い終わったカートリッジをプリンタ本体から抜き取り、インク供給口をテープなどでふさぎ、手などが汚れないように準備します。

2インクの注入口の確認

インク注入口になるところ、フィルムに『PUSH』と書かれてあるところを見て下さい。小さなプラスチックのボールの様なものが栓になってふさがれていて、その表面に先のPUSHと書いたフィルムが 貼られています。これをカッターなどでボール状の栓が完全に見えるようにフィルムをはがして下さい。

3注入口を開ける

インク付属の金属製の穴開け用パッチをボール状の栓に当て、ひっくり返して上から力をこめて押さえます。ガチッという音がして、ボールが外れたら OK です。 穴がちゃんと空いているか確認してください。


スポンサードリンク

4インクの用意

インクは各種プリンタにより色の種類がありますが、100均にはそれぞれの色のインクボトルが用意・販売されています。決められた色のインクをあらかじめ購入しておき、穴を開けたカートリッジに合う色のインクボトルのキャップを外します。この時、インクが勢いよく飛び出さない様に慎重に。

5インク注入

3で開けた穴にインクノズルを少し入れて、インクをそっと入れていきます。これは単なるスポイドなので説明はいりませんね。8 分目くらい入れば良いです。

6栓をする

インクボトル付属の白っぽい、半透明のゴム栓を注入口にしっかりとはめ込んで下さい。この時栓がゆるいと、インクが固まったりインク漏れを起こしたりするので注意が必要です。以後は常に気をつけるようにして下さい。

7供給口のテープをはがす

最初に貼ったテープをそっとはがして下さい。はがし忘れるとインクが供給されず、故障の原因にもなります。4~5分そのまま置きます。

8プリンターにカートリッジをセットする

インク漏れがないことを確認し、プリンタにカートリッジをセットします。

9テスト

プリンタ機能でクリーニングしたら、テストプリントしましょう。めったなことはありませんが、インクが出過ぎるようだとカートリッジを外し、少しインクをティッシュなどで取り除きます。

最後に・・・

手順は以上です。簡単でしたね。これで、かなりの経費削減になるはずです。実際、このカートリッジって買うとなると高いので思わず躊躇してしまう人も多いと思います。(私だけ?)昔はこのインクカートリッジ、メーカーごとに厳密に成分が異なり、100均と言えど違うメーカーのものだとインク自体が凝固してしまったり、色が全く変わってしまったりと大変だったようですが、最近では各種のインクは性能もぐんと良くなり、ほとんど問題ないレベルになっているようです。しかし念のため、この記事で説明した全ての内容は、100均インクの箱に入っている説明書とほとんど変わりません。このノウハウを実践されるときは一応、説明書をご覧になることをおすすめしておきます。

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です