うんざりな自己啓発法の意外な使い方!最後に試してみませんか!?

今回は他の自己啓発系の本や記事やにくらべると、少し違った視点で書いています。違った視点と言っても読んで頂ければ凄く納得できる内容になっています。この記事にたどり着いたあなたは自分自身を変えたいと思って、今までに色々と自己啓発を試してみたかもしれませんね。しかし、変われなかった・・・そして、結果がでなかった・・・そのような経験をされた方にピッタリな内容に仕上がりました。あなた自身を変えるには「今までの、あなたの価値観を変える」ことだと散々学んでこられたと思います。本当に「価値観を変える」にはどうすれば良いのか?それでは説明していきますね!

スポンサードリンク

本当に価値観を変えるには

自分を変えたいと思い自己啓発系の本、CD、DVD、セミナーなどで学ぶ人が多いと思います。その中で最も重要にしてほしいポイントは、あなたが・・・

  • 理解できないところ
  • 怒りを覚えたところ
  • 興味を持てないところ

そういったところをメインに学ぶことが重要です。どういうことかと言うと・・・自分に自信がない人、「今のままではダメだ、価値のない人間だ」と思っている人ほど自己肯定をしたがります。そのような人が何かを学ぼうとする時に、どのような学び方をするかと言うと「答え合わせをするように」学ぼうとします

 

賛同できない部分を探す!?

つまり、自分と同じ考えや自分が理解できる部分を探そうとするのです。「その通り、自分の考えと同じだな」と思ったところしか見ようとしないのです。自分を変えようと思うのであればそうではなくて、「賛同できない部分を探す」のがコツなのです。

今の自分、価値観を変えたいのに賛同する部分だけを見ていたら、今と何も変わることができません!つまり賛同できない部分を受け入れないと価値観を変えることができないのです。ですので、

  • 「理解できないところ」
  • 「怒りを覚えたところ」
  • 「興味を持てないところ」

を見るのが重要なコツになるのです。

 

大変なのは「大」きく「変」わるから!

例えば、スポーツ等で結果をだしている人に、 出していない人が 「そこまで練習しなくてもいいんじゃない?」「そこまで勝ちに拘らなくてもいいんじゃない?」と疑問を持ったとします。しかし、結果を出している人の感覚を取り入れれば、結果を出していない人も結果を出せれる可能性が広がりますよね。


スポンサードリンク

なので、自己啓発系の学びをする時も同じで、あなたが賛同できないところを意識して普段の生活の中に取り入れていく必要があるのです。最初は意識し、難しいこともあるかもしれませんが、そこを変えていかないとあなたの未来は変わることはないでしょう!

 

一番やりたくなかった仕事!

私が学生の頃、自身の将来を考えるとき「営業の仕事だけは絶対やりたくないな!」と思っていました。私の新卒の時代はバブルの絶頂期で日本中が活気に満ち溢れていて、そんな社会の最前線を突き進むサラーリーマンやビジネスマンは「企業戦士」とか「24時間戦えますか!?」などのキャッチフレーズで当時の日本経済の底上げをして大活躍していました。

けれど私は、どうしてもその流れになじめず、「手に職をつける」という職人気質の考えで、当時大好きだった「バイク」の整備士の道を選びました。初めはもちろん良かったのですが、段々と社会の厳しさや会社の矛盾などを感じはじめ、ついには大好きだったバイクそのものにも嫌気がさし、見るのもイヤになるほどでした。(今思えば、甘かったです(^^;・・・)

そこである時、「好きなことを仕事にしても嫌いになるなら、初めから嫌いな仕事してやろーっ!」と考え、あの絶対やりたくない営業職をあえて選びました!それも飛び込みオンリーの訪問販売職です・・・(^^;

結果、自分には向いてないと思っていたはずの事が、あれよあれよと売れるようになり、部下や支店。支社を任されるようになるなど、今、思えばあのバイク屋を辞めたのが、私の人生の大きな分岐点でした。もちろん、人生の中で一番苦しく、大変な時期だったとも言えますが、あの時期があったから今の自分があると誇りに思います。

 

最後に・・・

私の場合はあまり意識していませんでしたが、「大好きだったバイクがイヤになる」ことで「何か」を変えなければ・・・という気持ちが強く働き、たまたま「嫌いな営業職でもやってやらー!」とヤケくそになったことがきっかけでした。

ですので、苦しいな・・・嫌だな・・・と感じた時が正にあなたを変える良いチャンスだと思って下さい。賛同できない、納得できない、ところをあえて意識し、取り入れ行動することで将来、あなたが以前より変わったと思える時が来るでしょう!

PS・・・バイクはやっぱり大好きです!乗るのも好きですが、「イジる」のが好きです・・・(*^^)v~いつか理想のバイクショップをやりたいです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です