伝わりやすい話し方の決定的なコツとは!?

あなたは、人前で話す・スピーチするのは得意ですか?得意と思っている(?)人ほど、話しだけが非常に長く何が言いたいのかが、わかりにくいというのがあるようです。もちろん、得意じゃない・・・できるなら人前では話したくない!と思っている人も、仕方なく話さなければならない時、”伝わりやすく話す”などは簡単にできないでしょう。一番は”場数をこなす”ことで”慣れる”のがいいのですが、やはり最初のほうは緊張したり、”あがったり”するものです。そんなあなたに一つコツをお伝えいたします。

スポンサードリンク

サウンド・バイト ・・・ってご存知ですか?

それは8秒以内にコメントをまとめる・・・というプロパガンダ手法

「自民党をぶっ壊す」

「構造改革なくして景気回復はない。 」

「新しい時代の風が吹いている。 」

「日本を変える航海に出発したい。 」

「Yes We Can !」

・・・など、短い言葉で端的に伝える表現方法です。サンドバイトは、

  • 記憶に残る
  • わかりやすい
  • 良く伝わる

などのメリットがあり、キャッチコピーなどはこの手法を活用しています。


スポンサードリンク

たとえば・・・

朝起きたら普段より遅くて、電車に間に合わないと思って、急いで来たから貸そうとしてた本を忘れた。

・・・これを短くすると、

朝、慌てて本を持ってこなかった。

と、同じことを話しているのに話しているのに短くなります。

コツは・・・

  • 余計な情報は省く
  • 何を伝えたいかはっきりさせる
  • もっと簡潔に出来ないか意識する

です。短い文章で話せば、解りやすく簡潔な説明が出来ます。長い文章は、聞き手も話し手も、何を話しているか、迷走しがちなのです!伝わりやすい話方は人生の武器です!短い文章を意識して伝えましょう。

最後に・・・

人と話すだけでなく、メールや伝言等、いろいろな発信媒体で伝える能力は必要になります。短い文章を意識して、日々の生活を送ってみましょう。必ず変化が表れます!ぜひお試しされてみてください。

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です