牛乳が体に悪い!?”根拠”がかなりヤバい!!

「牛乳は健康にいい」「牛乳は骨を強くする」なんて言いますが、専門家はそんなことはないといいます。実は「牛乳が体に悪い根拠」が、かなりヤバい点についてお伝えいたします。毎日牛乳を飲んでいる人は見ない方がいいかもしれません。。。

スポンサードリンク

アレルギーや下痢の原因の理由

いきなりですが、「牛乳」は、「アレルギー、下痢の原因になる」こともあります。ご存じのように牛乳は本来、子牛にあげるもの。子牛にとっては理想的な食品ですが人にとっては実はそうでありません。牛乳に含まれている乳糖ですが、人によって乳糖を分解するラクターゼという酵素を十分に作れないため、体内に吸収できないのです。特に日本人を含めたアジア人に酵素を作れない人が多いのです。その上アレルギー、下痢の原因になるのです。よく牛乳をのんでお腹がゴロゴロする、あれもそうです。これを「乳糖不耐症」といい、推定で2000万人以上の人がいると、ある大手の牛乳会社も認めていて、ホームページにも書かれています。

「牛乳は骨を強くする」はウソ!?

そして、よく聞いたことがある「牛乳は骨を強くする」これはウソで、逆に骨を弱めてしまうといいます。筑波大学医学部卒業後、内科医として東京女子医科大学附属東洋医学研究所、東京警察病院などに勤務した医師の内海聡は著書の『医者とおかんの「社会毒」研究/三五館』でこう言っています。

「牛乳は、ビタミンCを弱める。ビタミンCは骨を健康に保つコラーゲンの合成に不可欠。したがって、牛乳は骨を弱める。」「実際、世界で一番牛乳を飲んでいるノルウェー人の骨折率は日本人の5倍といわれている。」

コレステロールを増やす飽和脂肪酸

そして牛乳に含まれる脂肪は、ほとんどが飽和脂肪酸で、これはコレステロールを増やす脂肪なのです。このコレステロールを増やす飽和脂肪酸は動脈硬化、心臓病、脳卒中などの原因になります。米国小児科学会と米国心臓協会は、2005年に「2歳以上のすべての子供は飽和脂肪酸の摂取量を減らして、過剰な体重増加を予防するため、乳脂肪分1%以下の低脂肪乳、あるいは無脂肪乳を飲むこと」を推奨しました。


スポンサードリンク

免疫機能が抑制されるホルモン!?

そして、さらに、さらに、牛乳は子牛を育てるためのお乳ですので、その中には多数のホルモン、成長ホルモンや女性ホルモンも含まれています。しかし牛乳に含まれる、その中のあるホルモンは免疫機能が抑制されて、前立腺がんや乳がん、卵巣がんなどのガンになりやすいという多くの医学研究が発表されているというのだ。山梨医科大学名誉教授の佐藤章夫氏のホームぺージに情報がたくさんのっています。

また、厚生労働省の研究班によって(2008年4月)日本人4万3千人を追跡調査した結果、牛乳やヨーグルトなどの乳製品の摂取量が多い人ほど、前立腺がんの発症率が高くなるという衝撃的な調査結果があるのです。欧米の研究でも、前立腺がんの発症率が高くなるという結果が得られています。牛乳については健康を求めて飲むものではないようです。。。

そんな・・・牛乳の裏事情!?

ここで、なぜ牛乳について、そのような事実を公にしないのか疑問になります。まず、そもそも牛乳は戦後、アメリカからパンとともに日本に入ってきました。学校の給食で子供たちに出されました。しかし、これはアメリカの国策で小麦を日本に広めて、アメリカの小麦を買ってもらうための政策でした。日本は敗戦国なのでアメリカの言いなりなのはご承知のこと。そして、現在では日本の行政や業界団体の関係で医学会やその他の専門家も大きな声では言えない状態のようです。

最後に・・・

私は、いろいろな書籍や文献などを読み、牛乳を飲むのをやめました。小学生の子供がいて、給食に牛乳ができるのですが、飲ませないということは難しいので 無理に飲むことをすすめていません。牛乳を今飲んでいる人は、よくよく考えて飲んだ方がいいかもしれません。毎日飲んでいる人は一度飲むのをやめてみて、体調を見てみることもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です