国際結婚のブログ記事から5つの心構えをまとめてみた!

国際結婚・・・素敵な外国人男性に出会い、「ぜひこの人と将来を共にする事ができたら」という機会がこれから出てくる方がいると思います。その時に、肝心なあなたの「お付き合いの心構え」が出来ていなければせっかくの出会いも水の泡になるかもしれません。この記事ではあなたに国際結婚にまつわる注意点や外国人の方とのお付き合いする上での心構えについて理解してもらおうと思います。

 

国際結婚したい理由

さて、いきなり質問しますが、あなたはどうして国際結婚がしたいんですか?急に言われても思いつかない、という場合はもう一度考え、具体的に意識してみましょう。いかがですか?しっかりした具体的は理由はありますか?”カッコいいから””ハーフの子供が欲しい” といった外見的な事が理由だけではありませんでしたか?もしそうだとすれば、もういちどあなたは本当に真剣に国際結婚をしたいかどうかを考え直す必要があるかもしれません。

 

なぜならば、外界的要素、つまり目に見えるものを最大の理由で選んでしまっては、目がくらんでしまい、本当は見るべきものは見えにくくなり、それを結婚のキメテにするにはあまりにもリスクが高すぎるからです。制服で選んだ高校やユニフォームで選んだ部活もそんな外的要素だけで選んだがゆえに、がっかりする事あったと思います。

 

しかしそれは一生の選択ではなく一時的なことなのでなんとかやり過ごしてきたことでしょう。ですが、結婚は数年どころではなく、「一生もの」です。だれもが末永く、幸せな結婚を目指していることでしょう。あなたももちろんそうですよね?国際結婚は日本人とする結婚とは違って、いろいろな生活スタイルがあり、生活する場所も国外になる可能性もあります。

 

なのでなぜ国際結婚したい理由が曖昧であったり、外界的要素な理由だったり、つまり中身を熟知していないと、もし結婚をしたとしてもその後の思わぬ困難に立ち往生するかもしれません。もしあなたの人生にどんな予想外のつらい事があっても「いいの、いいの、かっこ良ければ全て良しと決めた結婚だから」と覚悟をやり直すなら別ですがそれでは幸せな結婚は長続きしませんよね。

 

大体のパターンとして「当時はただ結婚したくて、後の事なんて考えていなかった」と後悔するのが関の山なんです。得るものが多くとっても幸せな国際結婚。あなたの心の準備を十分に前もってすることで、とても感謝できるかけがいのない時間をパートナーと過ごせるようになります。そのためにも常日頃から”あなたは国際結婚をしてどんな結婚生活を望むのか””なぜあなたは国際結婚がそもそもしたいのか”を明確に意識し、その理由は「あなたの人生や結婚生活にとって本当に大事なものか」を確認する必要があります。

 

国柄だけで判断せず、個人差がある事を知り、理解する

これは私たち日本人にとっても同じことが言えます。価値観の違いや育ってきた環境には個人差があります。なので、ひとくくりに ”○○人だから○○なはず” とイメージ、推測だけで決めてかからないこと。同じ国の方でもいろんなタイプ、いろんな価値観の人がいます。理想やイメージからのギャップがあることもあるでしょう。しかしそのギャップの「せい」でせっかくの出会いを無駄にしたくないのも正直なところです。

 

ですので、たとえギャップを見つけてもビックリしてすぐに決断を下してしまうのではなく、さらにコミュニケーションをたくさん取り、楽しい事や人生観が変わるような良い部分や学ぶべき部分を見付け、頭を柔らかく対応するように心がけましょう。結局はお国柄ではなく、あなたと彼の価値観が合うかどうかがポイントなんですから・・・

 

スポンサードリンク

 

宗教について

世界の国々には色々な宗教があり、生活・考えがそれに基づいています。あなたのパートナーも信仰心の厚さには違いがあると思いますが何らかの宗教に基づいた考えを持っていると言えるでしょう。宗教を理解するという事は、個人またその家族や国を知るという事です。分からない事があったら一人で悩まず尋ねたり、勉強しましょう。

 

いつでも新しいものを理解する姿勢があると二人の距離を最短で縮めることができます。また、日本人にとっては無神論者の方が大半だと思いますが、信仰具合によっては、パートナーの要望または自分の希望で改宗という機会があるかもしれないという事を念頭に置きましょう。あなたや二人の関係にとって信仰が必要である以上はきちんと考えなくてはならない大事なことです。時間をかけて判断していきましょう。

 

~アメリカの宗教別人口割合 (ARIS 2008)~

キリスト教 76%,無宗教 15% ユダヤ教,イスラム教,仏教 3.9%

 

日本人独特のテレパシー

物事をはっきりと言わないのが日本人の文化であり、民族性。日本ではその「察し」というが美徳でもあり礼儀ですよね。ところがこの感覚を外国人も持っていると思うのは間違いです。もちろん日本人が言うところの ”察しが良く気の効く方” もまれにおられますがほとんどはそうではありません。日本人とは違うのだという理解と反応が必要です。あなたが接する外国人の方は、あなたが口に出して言わない限りは「あなたの気持ちなんて到底分からない」と肝に命じておいて下さい。

 

これは「性格が悪い、あなたの気持ちをワザと無視している」という訳では全くなく、単なる国民性の違い。せっかくの出会いも勘違いで終わらせたくないですよね。日本人は人の気持ちを察するのがとても上手な民族です。ですが、他の国の人はそうではない。それだけの事です。”お相手の方も同じようにあなたの気持ちを察してくれる”と期待するのはやめた方がいいです。

 

逆に口に出した方がトラブルは「少ない」と思った方が良さそうです。またさらに、逆にはっきり言われることもあります。日本人の様に少しの会話情報から残りの全部を「推測」するような事はしません。彼らにはそういった事をする文化、習慣がないのです。はっきりと言うことを失礼、思いやりが無いだと考えるのも日本人独特の感覚ですので、この感覚を押しつけてしまってもダメです。

 

ですので、「なんで言わないと分からないの?」と怒る前に「あんなにハッキリ言わなくても・・・」 とショックを受ける前に「言わないと分からないんだな」「傷つけるためにハッキリ言っているのではない」と頭のスイッチを切り替え、柔軟に対応するようにしましょう。”外国人の人はハッキリと物事を知ったり、言う方が「好き」なんだ
ぐらいに考えておきましょう。そういう風に気を楽にもってお付き合いするほうが案外うまくいったりするんです。

 

自分をしっかり持ちましょう

先ほど、日本文化の特徴で日本人は自分の意見、気持ちを表に出さないとお話しました。これはシンプルに口にする事によって解決してくのですが、今回は内面、心の話です。自分を持つこと。これがキーポイントです。外国人の方とお付き合いしていくうちにあなたにはたくさん決断し覚悟を決める場面が出てきます。それは瞬時に答えのでるものから時間のかかるものまで様々です。

 

そんな時にいつでも必要となってくるのが”自分はどうしたいのか”という自分自身への問いかけ。これを常にしっかりしていないと、合わせるとこに長けてしまっているあなた(日本人)には結局どれが自分の本当の気持ちなのか分からないまま同意してしまったりする時があるのです。“相手の話を聞くのが礼儀、口を挟まないのが良い”というのは忘れて、あなたの意見を思ったままに伝えるようにしましょう。

 

聞くだけだったり「そうだね」と言うだけでは時に誤解されることも。「言ってしまってもいいのかな、ここは黙って聞いておこう」というのは、相手にとっては意見がない人にしか見えません。むしろ思ったことは言った方が良いのです。たとえあなたが違う意見を持っていたとしても、それを発言して「あげる」のです。違う意見をもつことは決して悪いことではないのです。空気を読んで無理に合わせる必要もありません。会話に参加する自体に意味があるのです。レストラン選びなどの小さい事なら合わせても支障は無いですが、やはり大きな決断、例えば結婚の話や住む場所の話などでいつもの調子で合わせてしまうと後で歯車が合わなくなる事もあります。

 

ですので覚えておいて下さい。あなたの意見は相手と違っても良いのです。それが大切なパートナーであったとしてもです。意見を合わせることに神経を使うのではなく意見を「交換する」ことにエネルギーを費やしてください。あなたが発言してやっと初めて相手はあなたの意見を知り、コミュニケーションが進み、お互いをより知るきっかけになります。聞くだけ、同意だけでは足りません。相手に「興味がないのか」と逆に思われることも。そんな誤解を避けるためにも積極的に話に『参加』してください。

 

そういうステップがあって初めてお互いの考えに気づき、たとえ違うところがあったとしても、「じゃあ、二人なりの方法を見つけよう」となり、 二人の関係が誤解のない充実したものになっていくのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク




ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法をお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。ご希望、お問い合わせは~Twitterにてご連絡ください。



ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪


関連記事

  1. スケジュール管理の重要要素!?全てを手帳に一元化!

    自身のスケジュール管理をどうするのかを一度や二度考えたことがあるのではないでしょうか。私もそのうちの…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 女性を笑わせる!?会話テクニックテンプレート集がヤバい!?

    会話が得意ではない男性でも簡単に女性を笑わせる事ができる会話テクニックを紹介します。かなりテンプレー…
  2. 恋愛テク!【男性版】気になる女性がアナタを好きになる心理テク!?

    「気になる女性に好かれたい!」 男性なら、誰しも思い悩むことですよね。どうしたら好きな女性に振り向い…
  3. お花見in東京2018!今年は他とはちょっと違うスポットで!?

    季節の変わり目に欠かせない行事といえば、やっぱりお花見。会社や大学で新しく出会った人と一緒に楽しい宴…
  4. 風水をインテリアとして大活用~8つの配置と4つの目的!?

    いよいよ新生活が始まりますね。必要な家具はそろえたけれど、細かいところのインテリア にはまだ手つかず…
  5. 関東のパワースポット巡りで開運で大切なことって!?日帰りドライブコース!?

    あなたは、疲れたなときや嫌なことがあったとき、ストレス発散、旅行などどこに行きますか?行くところや、…
  6. 熱中症対策の5つのポイントが意外!?室内でも熱中症対策をしよう!

    部屋の中にいるから熱中症とは無縁!? 熱中症といえば夏の熱い炎天下だけで起こると 思ってしまいがちで…
  7. 茶道の作法で茶碗を回す理由とは?

    茶道ではお茶をだされたらお茶を飲む前に、茶碗を回すということがおこなわれていますよね。茶碗をまわして…
  8. 乾杯の挨拶でスピーチの小ネタにしてほしい”乾杯の由来と正しい作法”とは?

    改めて問われると以外に知らない「乾杯」の儀式。そんな「乾杯」も由来と歴史を知れば面白くなります。実際…
  9. 感謝の気持ちは”人”にも大切だが・・・”物(物質)”にやるともっと効果的!?

    さまざまな潜在意識に関する本や自己啓発の本には、必ずといっていいくらい感謝 することが書かれています…
  10. クオカードは本屋さんでも使える全国共通の商品券です!

    皆さんはクオカードを持っていますか?もらうことはたまにあるけれど、なんだかんだ言ってつい忘れてしまっ…

話題をチェック!

  1. 厄介な虫のシーズンがやってきましたね。。 そうです・・・ 「蚊」のシーズンです!(笑) もうすでに …
  2. いちごさんとみかんちゃん、なかなか消えてくれない毛穴に悩んでいますか?毛穴の悩みを抱えているあなたな…
  3. 職場で仕事をしていると体臭が気になる時はありませんか?他人のニオイは気になりますが、自分の体臭などは…
  4. お風呂の掃除って大変と感じていませんか?はいっ!確かに大変です・・・きれい好きな人からしたら隅々まで…
  5. 今年も気が付けばあと僅かですね。この時期にお悩みなのはクリスマスのプレゼント。。。もちろん彼のために…
  6. 総理と首相の違いって何だろうと思っている人は多いのではないでしょうか?そもそも「総理」とは「内閣総理…
  7. この記事は、記憶もまだ鮮明な平成26年8月20日広島県広島市の集中豪雨被害をみて、少しでもお役に立て…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る