家電の値引きを最大限に行うコツ!?年間~数十万トクしましょう!

家電量販店で、「ちょっと高いよねぇ。 もうちょっとどうにかならないの?」なんて言って値引きを少しだけしてもらって・・・満足されてませんか?それってもっともっと値引きさせられますよ。数分の一手間をかけるだけでホント大きな違いになるので、やらないだけ大損になります!そんなあなたに、今回は家電量販店の事をちょっと知るだけで、毎回値引きをした最安値価格で購入が出来るコツをお教えいたします。これを覚えたら明日から実行出来て、人によっては年間で数十万の差がでてくるでしょう。早速お話しましょう。

実際にはとってもシンプルです

①値引き交渉の相手はどんな販売員でしょうか?

まずは相手を見てみましょうね。メーカーの洋服を着ている?⇒ならばメーカーから来ている営業や販売員です ね。(派遣会社経由や直接などの形態はいくつかあります)そんな人が値引きが出来ると思いますか?全く出来る訳ないですよね。100%無理です!そのお店の販売員じゃないですから。。。そういった人たちは事前か、その場で幾らまで値下げしていいか、店舗の社員に確認に行きます。つまり橋渡し役にしかなりませんよ。

でそのお店の制服を着ている人でしょうか?その中でもアルバイト、新入社員に聞いても、値段などの決済件は無いですから橋渡しにしかならないですし、商品知識も薄いので良いことはあんま無いですね。じゃあどんな人を選べばいいか?っていうと・・・そのお店のそのフロアの主任に声をかける、またはフロアに来ている副店長、店長などに声をかけると効果バツグンです。そんな人分かんないよ!?って怒られるかも知れませんね。ではその主任を見破る方法をお教えしましょう。

腕に腕章をつけている人

この人に声をかけて下さい^^ ね、簡単でしょ?でも腕章では新入社員などの腕章もあるので 色をお伝えします。ビックカメラだったら⇒青の腕章(黄色は新入社員、灰色は専門販売員)副店長や店長はパッと見て判断出来ないのですが、その人が通ると販売員がビビってたり挨拶をされまくっている人は可能性大ですね。

誰かに人が集まってきて話しをしている人。この人がキーマン。値引きができる人です^^何でかというと、その人に価格対応をしてもらおうと聞きに来るから人が集まっていると言う事です。他の社員だと値引きはしないものの、その価格を下げる権利を持っている主任以上の人を見つけて交渉する。これがまずコツであるのですが、この方法を難しく感じる人もいるでしょう。声をかけづらい・・・って嫌に思われたら②を実行下さい。

②値引き交渉する際にはこれをチェックしよう

ちょっと安くならないの?って言っても⇒安くなりません。店員からすると買わせる為に、数百円や数千円安くしてあなたにその価格を提案するかも知れません。ただ・・・もっともっと安くなりますから。その方法は、

他社比較を行うといった方法です

一般的なのは価格ドットコムを調べてその価格を提示する。でもほとんど安くなりませんよね。家電量販の言い訳として「価格ドットコムは問屋なので販売店以上にお安いのですが、問屋の価格にはお値下げ出来ないんです!!」などと言われる事が多いと思います。なのですが2つの対策で、今までできなかった値下げに成功させる事が出来ます。


スポンサードリンク

その1

家電量販店がやっている近くのライバル店舗の欲しい商品の価格を伝えて、その金額まで価格を下げてもらう。でもそのライバル店舗の価格を調べるのが面倒くさ いですよね。例えばあなたがビックカメラで購入する予定で近くにヤマダデンキがあったとします。直接ヤマダデンキまで行くのではなく、電話をして価格を直接聞いてみるってのも手です^^

「先日お伺いしたんですけど、○○の価格を忘れちゃって・・・今だったらいくらでしたか?」不安だったら「家族と価格部分も相談したいので・・・」と言えばほぼ教えてもらえるでしょう。コツは慣れた口調で言うより、素人っぽく言った方が怪しまれないです

その2

家電量販店がやっているネットサイトの価格を言 う。⇒そう言われると価格を合さざる負えない事がほとんど。ビックカメラならビックカメラドットコム。ヤマダもヨドバシもケーズもコジマも、ほとんどドットコムサイトとしてネットでも販売されてます。同じ会社で何で価格がちがうんだよ!って思いませんか?同じ会社で値段がちがう、地区によって値段がちがう。なんてのがあるのですが、その価格を使って出来るだけ安くしてもらいましょう!!

家電量販店がやっているドットコム(ネット販売)で特別期間限定以外の商品だったら、金額を合わせてくれる事も多いです。ただ最近だと、ビック、ヨドバシ、ヤマダ、コジマ、ノジマ など色々と家電量販店がありますけど、ビック、ヨドバシが値下げをしてくれる率はトータル的に高いです。お近くにあったら試してみて下さいね^^

スポンサードリンク

量販店販売員の事情を理解!?

話しを戻すと、おそらくネット価格が1番安くなっているので、その価格に合わせる=相当安くなる^^ ということです。よく考えると分かると思うのですが「ちょっと安くしてよ」って安くするとします。そうするとどうなるかと言うと、上司から怒られます。。。値下げ=お店の利益が減る!って事ですから基本的に値下げはしたくないんです。でも売りたい。。。って板挟みにある訳です。

なので必要なのは、何で値下げをしたかっていう理由。これを店員は必要としています。店員は値下げした時には「他店舗での価格と対抗した為」などの理由があれば、誰からもお咎めなしに販売する事が出来ますし、売れたら売れた数字として実績が出るのでやっぱり売りたいんです。

最後に・・・

ここで気づいたでしょうけど、それじゃあネットで購入すればいんじゃね?って事。いいと思いますよ、アマゾンで購入してみてもいいです。ただ家電商品で商品が大きいほど、ネットで買うのがなんとなく不安に思われる方が多 いですね。ホントに届くの?商品信用できるの?って思われる方も多いので、まだまだ店舗で購入される方は多いです。あなたはどちらですか?今回お話したのは、店舗の価格を出来るだけ値下げさせる方法ですが、更に複数購入する事で金額を下げさせたり、またあるカードを使って更に安く出来る方法もあるので、また発信したいと思います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です