熱中症の4つの種類と発症後のそれぞれの対処と応急処置とは?

夏、真っ盛りですね。海!山!川! プール!夏フェス!バーベキュー!などなど・・・楽しいことが沢山です。しかし、この時期はテレビなどで熱中症のニュースをよく耳にしますね。今回は、熱中症にならないための予防は、もちろん大切ですが・・・気をつけていても万一、発症してしまった場合の対処と応急処置などを含めて、”熱中症の種類別”に解説いたします。

熱中症の種類とは?

熱中症というのは、気温や湿度の高さが原因で起こる症状全体のことをいい、

  1. 熱失神
  2. 熱疲労
  3. 熱痙攣(けいれん)
  4. 熱射病(日射病)

以上の4つの種類があります。一番症状が重いのが、4つ目の熱射病(別名、日射病)で、最悪命に関わる問題になります。小学校の全校集会などで、日射病で保健室に連れていかれる光景ってありましたよね?馴染みの症状で軽く見がちになるかもしれませんが、命に関わってきますので、適切に対処をすることが非常に大切です。

1.熱失神について

・原因

長時間、直射日光を浴びながら運動などすると発生。屋内でも気温、湿度が高いと起こります。高温や直射日光により血管が広がるので、全体的に流れる血液量が増えて、脳へ送られる血液が不足することが原因です。

・症状

いきなりくらっと意識がなくなります。頭がぼーっとしてくると要注意。体温は正常でも、汗が大量に出て脈は遅くなります。

・対処、応急処置

頭がぼーっとしてきたら運動などをやめ、日かげで涼しい場所に移動して水分をとりましょう。

2.熱疲労について

・原因

熱失神の次の段階。汗が大量に出て水分や塩分が不足、脱水症状になると発生します。

・症状

真夏、激しい運動をしていると起こりやすいです。前項の熱失神の状態でさらに活動し続けると、寒気を感じるようになります。代表的な症状として、体温が39度くらいまで上がっているのに、体が冷たく寒気を感じ、汗を大量にかきます。

・対処、応急処置

まず、必ず活動、運動をやめてください。熱失神同様、日かげや涼しい場所に移動、ミネラルや塩分を含んだスポーツドリンクを飲みましょう。水分だけとると、次項の熱痙攣が起こりやすいので要注意です。

3.熱痙攣について

・原因

汗を大量にかいた後、水分だけをとり、ミネラルや塩分が不足することで起こります。

・症状

前項の熱疲労の次に、真夏激しい運動をしていると、よく起こる症状です。体温は正常でも、汗が大量に出ます。いきなり体の痛みや筋肉の痙攣、硬直が表れます。

・対処、応急処置

日かげ、涼しい場所に連れていきましょう。熱中症が原因と思われる痙攣が発生したら、ミネラルや塩分を含んだ食塩水を飲ませてください。スポーツドリンクだと塩分が足らないので、食塩水や塩飴を使用するのが良いです。

4.熱射病(日射病)について

・原因

直射日光や熱さで、脳内の視床下部という場所にある温度中枢がダメージを受け、体温の調節ができなくなることで発生します。


スポンサードリンク

・症状

意識もうろう、反応が見られない危険な状態。体温が40度以上まであがっているのに、汗があまり出ておらず、皮膚が乾燥している状態。

・対処、応急処置

緊急入院、冷却治療が必要です。とにかく日かげ、涼しい場所に連れていきましょう。そして早急に救急車を呼びましょう。救急が到着するまでは、手で扇いで風を送る、タオルやハンカチを濡らして体を拭いてあげる、などできるだけ体温を下げるようにしてあげてください。

スポンサードリンク

熱中症の予防法

  • 気温や湿度の高い日、屋外でスポーツなど行う日は、適度に水分をとってから出かける。
  • 外出先でも水分補給できるよう、水筒など持ち歩く。できるだけミネラルや塩分を含んでいるスポーツドリンクなどが望ましいです。
  • 小まめに水分をとりましょう。 のどの渇きを感じた時には水分不足になっています。目安としては20~30分置きにコップ1杯分くらいです。
  • 帽子をかぶり、白っぽい服装が良いです。
  • 適度に日かげに入って休憩、水分補給しましょう。

まとめ

  • 熱中症初期段階、熱失神で頭がぼーっとしてきたら、日かげや涼しい場所に移り、体温を下げながら、ミネラルや塩分を含んだ飲み物をとりましょう。
  • 水分補給の際、ミネラル、塩分が不足すると、寒気を感じる熱疲労や痙攣が起こる熱痙攣など、熱中症が悪化していくので注意してください。
  • 涼しい場所が見当たらない時でも、極力日光が当たらない場所を選び、扇いで風を送る、濡らしたタオルを体にあてる、水を口に含み吹きかけるなど、体温を下げてあげましょう。
  • 海、プールに入ったり、水を一気にかけて、急激に体を冷やすと、ショックで意識を失うこともあります。徐々に冷やしてあげましょう。
  • 汗をかいていなくても、ぼーっとしていれば、熱中症になっている可能性があります。脱水症状を起こしていれば、汗は出ないからです。
  • 自分ではなかなか熱中症だと気付きにくく、気付いても遅いケースがあります。熱中症が起こりやすい気候の時は、周囲もお互いに気を付けあいましょう。とにかく無理は禁物です。
  • あまり呼びかけに反応しなかったり、説明した対処法で回復の兆しが見えなかったり、危ないと感じた場合は早急に救急車を呼んでください。

実は・・・

お酒は水分補給に入らないそうです。海やプール、バーベキューなど、お酒はセットでよくついてくると思います。ええ、私もそうです(笑)皆さん経験あると思いますが、アルコールにはトイレが近くなる作用があります。さらに血管を広げる作用もあるので全体的に水分が不足しがちになり、熱中症になりやすくなるのです。 お酒はやめれないと思いますので(笑)屋外などでは、別途水分補給も心がけましょう。

他の熱中症に関する記事

猛暑の熱中症にスポーツドリンクは逆効果!?正しい水分補給法とは?

熱中症対策の5つのポイントが意外!?室内でも熱中症対策をしよう!

夏バテを解消してくれる食べ物を積極的に食べよう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です