夏の快眠法ベスト3!今年はこの方法でぐっすり眠りましょう!

夏は日照時間が長いので自然と起床時刻は早く、逆に就寝時刻は遅くなっていき活動の時 間が自然と長くなります。イベントが盛りだくさんのシーズンですしね!一方、当然夏は睡眠の「量」が短くなる傾向が強まるともいえます。高温多湿で寝苦しい日々が続いて、睡眠の質も低下してしまうので、夏バテしてしまうという人もいるかもしれません。夏場の自分の眠りを振り返ると、「暑くてなかなか寝付けず、やっと寝付いてもすぐに暑さで目が覚める、夏は寝たり起きた りの繰り返しで朝になる」という経験をした人も多いと思います。「夏の快眠対策」は「暑さ対策」といえます。では、いったいどのような暑さ対策を講じれば良いのか、ここでは3つの方法をご紹介し ます!

1、25℃で壁を冷やす

夏の快眠を叶える正しい冷房の使い方のポイントは2つあります。「就寝1~2時間前に25℃~26℃でスイッチを入れ、壁を徹底的に冷やすこと」そして、「就寝するタイミングで27~28℃に設定温度を上げて3時間で切れるようにタイマーをセット すること」です。

なぜか?

いざ寝るときになってから冷房を入れたのでは部屋の空気しか冷やすことができないからです。そのため、タイマーが切れた途端、壁にこもっていた日中の太陽の熱が出てきて部屋の温度 が急上昇し、寝苦しくなって中途覚醒を引き起こす原因になるのです。つまり壁から冷やすことが大事なんですね。


スポンサードリンク

すだれグリーンカーテンも!

ベッドは陽の当たりが少ないほうへ移動させたり、壁から10cm程度離すこともおすすめです!可能であれば、壁の外側にすだれやグリーンカーテンをかけるだけでも、熱の溜め込みを減 らせます。

スポンサードリンク

2、ぬるめ20分の入浴

私もそうですが、夏はシャワーだけで済ませてしまう人が多いのです。がしかし、夏こそ全身浴でしっかり身体を温めることが、快眠する上で非常に重要です。身体は思っている以上に内側から冷えきってしまっています。これが自律神経の乱れを引きおこすのです。自律神経が乱れてしまうことは快眠を妨げますが、入浴には皮膚温度を上げて体を温め、さらに身体をリラックスさせて自律神経を整えてくれる働きが期待できます。38℃~40℃のぬるめのお湯で20分程度、全身しっかり浸かりましょう。

3、寝具で湿度を感じない快適な環境を!

夏の夜が寝苦しいのは、背中の不快な蒸れを取り除こうとして、シーツの冷たい部分を求めて寝返りを繰り返すからと言われています。夏は寝汗の量が増えますし、人によっては背中の湿度が80%以上に達することがあるともいわれています。眠りが深い状態に達するには、大きな寝返りがない状態が20分以上は必要なのですが、寝返りがないと深い眠りに到達できず、寝苦しさにつながります。

敷布団やシーツの素材などに工夫して、湿度を取り除くことが重要です。そこで例えば、吸湿放湿性に富む「麻」素材の敷き寝具を使用したり、いぐさのシーツや接触冷感のものなども使ってみると良いと思います。是非試してみてくださいね(^^)

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です