エアコンの選び方は”長期的に得をする”5つのポイントで決めましょう!

早速ですが、夏は暑いですので本題に入っていきます。『エアコン選び方の長期的に得をする5つのポイント』についてです。以下の観点から見ていきますね。

  1. タイプ
  2. 容量
  3. 省エネ性能
  4. 機能
  5. メーカー

1. タイプ

エアコン(冷房)の場合だと、以下の2タイプのいずれかを選ぶ事になると思います。

壁掛けタイプ

極めて一般的なタイプです。普通の取り付け工事が必要なタイプのエアコンです。室外機が必要になります。特別な事情がない場合はこちらを購入すると良いと思います。

窓用タイプ

配置するスペースが少ない場合に有用なタイプです。室外機が必要ない事、窓さえあれば自分で取り付けられるのがメリットです。 デメリットは、うるさい事と窓がふさがれて邪魔になる事です。窓が全部は閉まらなくなるため、防犯対策や虫などの対策も必要です。スペースが狭く、室外機を取り付けられなく、かつエアコンを使用したい場合はこちらを購入すると良いと思います。

2. 容量

適用畳数(部屋の広さ)です。例えば、8~10畳などと表現されます。この数字は「8畳~10畳まで対応しますよ」と単純に表現した物ではありません。「1戸建ての木造住宅なら8 畳、マンションなどの鉄筋集合住宅なら10畳」といった意味になります。鉄筋の住宅の方が密閉性が高くなりますので、その分適用畳数も大きくなります。なので、容量を選ぶ場合にはその辺も意識して選びましょう!

量販店など店舗で購入する場合はその店の店員さんに聞くのが一番確実ですね。また、エアコンを省エネ、かつ長く使いたい場合には一回り大きい容量のエアコンを選ぶ事をお勧めします。一回り容量が大きいという事は、それだけ小さな力でも十分に部屋の中を冷やす事ができるということです。なのでその分エアコンの本体にかかる負担も小さくなり、そのため寿命が長くなります。

3. 省エネ性能

ここはあまり特筆すべき点はありませんが、省エネのための指標としては、通年エネルギー消費効率(APF)と省エネ基準達成率があります。APFは一定の条件下で1年間に必要な冷房能力を、1年間でエアコンが消費する電力量で割って算出される数値です。数値が大きいほど省エネ性能は高くなります。省エネ基準達成率は最近では%表記がよく見られますね。こちらも数値が大きいほど省エネ性能が高くなります。省エネを意識する場合は容量と合わせてこの数値も見るようにしましょう。

4. 機能

非常に様々な機能の付いたエアコンが販売されています。1点、重要な注意すべきポイントがあります。それは、「フィルター自動掃除機能」が付いたエアコンは 買わない方が良い、ということです。簡単に説明します。「フィルター自動掃除機能がついているからエアコンクリーニングは 必要ない」と考えているならそれは間違いです。


スポンサードリンク

フィルター自動掃除機能はいらない!?

残念ながらフィルターにホコリは詰まりますし、内部にカビも繁殖します。フィルターの掃除機能は一応ありますが、結局は別のところにホコリは溜まりますので(ダストボックスなど)掃除する必要が出てきます。そしてこの手入れを怠った場合にはフィルターなど内部にホコリが溜まり始め、エアコン本体が動かなくなり、将来的に必ずエアコンのクリーニングが必要な状況に陥ります。

しかも通常のエアコンクリーニングの1.5倍~2倍の費用がかかり、場合によっては対応不可のためクリーニング自体を断られるケースも あります。以上の事から、残念ながらフィルター自動掃除機能は費用に見合った効果を発揮するとはとても言えません。この機能の分だけお金を出すのなら、その分の費用を一回り容量の 大きいエアコンを買う方に回す事をお勧めします

ハイブリッド運転

他の機能としては、『ハイブリッド運転』を行う機能が付いたエアコンは 省エネの観点や、その他の面で見ても勧めです。 『ハイブリッド』とは、通常の冷房運転と送風運転(扇風機みたいな 風を出す機能)を自動で切り替える機能です。設定温度に達した場合に冷房の運転が止まるのではなく送風機能に自動で切り替えて涼しさを保ってくれる機能です。エアコン内部のカビの繁殖を抑える効能もありますので、エアコンクリーニングの頻度を減らす事ができるというメリットもあります。

スポンサードリンク

5. メーカー

様々なメーカーがありますが、三菱電機や東芝、パナソニックの製品は総合的に見て評価が高いようです。またダイキン工業も、工業・業務用の空調機器ではシェアがトップであり、信頼性という面で見ても評価が高いです。量販店に行くとシャープや富士通の製品を勧められるケースも多いようですが、これは残念ながらユーザー側の都合というよりも、販売店側の都合による可能性も高いようです

要するに、これらの製品を売った方が利益がデカい、という事ですね。店で購入する場合は注意してみた方が良いと思います。後は、リサイクル市場で高く売れるエアコンは実際に評価が高いことが証明されているため、そういった観点からも検討してみて下さい。

最後に・・・

よく『設定温度を上げた方が節電に良いよ』と言われていますが、具体的には、1℃設定温度を上げると消費電力は 13%も削減する事ができる ようです。無駄に寒く設定して布団にくるまったりするのではなく、大きな節電効果が得られるように設定温度を高くしましょう!(ついでに環境への配慮にもなりますね)

ステマではありませんが、数々のサイトを見ていると「三菱電機の『霧ヶ峰』」は全体的に高評価であり、色々な所でお勧めされています。この記事に挙げた条件もクリアしているので比較が面倒くさいとか、メーカーに強いこだわりなどを持っていない場合には購入を検討されてみるのも良いかもしれません。(何より完全に日本製です)

あと、”エアコンのクリーニング”の話がありましたが、下記記事もご参考にどうぞ!

エアコン掃除は自分でできる!?10万円以上節約できる作業手順!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です