これをやめればお金が貯まる!”12の悪習慣”とは!?

お金には不思議な力があります。もちろん、好きなものが買える!やりたかった願いが叶う!など、あなたの悩みのほとんどは、”お金”で解決できるのではないでしょうか?今回はそんな表面的な事ではなく、お金の本質的な部分を掘り下げて、本当のお金が持つ力・・・お金を貯めるためには、逆に”貯まらない”要素を知ることから始めてみましょう!12の悪習慣としてご紹介いたします。

1.お金無計画

あなたは将来的なマネー設計はできていますか?今抱えているかもしれない家賃やローンの支払いに関して、次の質問について考えるべきです。

  • 今後どのように自分の収入から割り当てていくか
  • 老後はどのように生活設計を立てていくか
  • 収入と支出のバランス、貯金額の目標や節約など、 具体的なマネー・プランニングはできているか

もし、現段階でまったく計画を立てていないのであれば、 今から 6 か月後をゴールに据えて、 今後半年間のお金の予定を考えるところから始めてみてください!

2.小銭ムダ遣い

もし毎日、自動販売機でペットボトルを買ったり、カフェでコーヒーなどをテイクアウトしたりしているなら、少し考えてみてください。あなたが何気なく購入しているものは本当に必要なものですか?たとえ、1 回に使う額は小さくても合算すれば結構な金額になります。こうした日々のムダ遣いを改めましょう。ペットボトル飲料やお菓子などで、週に1,000円使った場合、年間に換算すると合計5万円近くにまで、その額は膨らむのですよ。

3.なんでもローン購入

モノを購入する際、 なんでもかんでもローンで済ませるのは借金と同じです。あれもこれもローンに頼っていては、お金の管理で一歩先んじることはできないでしょう。毎月クレジットカードの多額の請求書が送られてきて、支払いに追われているような人こそ、クレジットカードが一番の友達になってはいないでしょうか?もしも、このことがあなたに当てはまるなら、お金に関するこの悪い姿勢を改めなくてはいけません。まず手始めとして、自分の収入や貯蓄から予算配分を考えてみます。そしてムダなもの、ゼイタク品などの購入はなるべく控え、必要最低限なものだけで生活してみてください。

4.非常時金ゼロ

『一寸先は闇』という言葉があるように、人生というものは明日、何が起こるか誰にも分かりません。病気や事故、災害、失業など不測の事態が、いつあなたを襲うかもしれないのです。そこで何かあった時のために、最低でも半月分の給料額くらいのお金は銀行口座に残しておくようにしましょう。ただ、それでも十分とは言えないと思います。できれば非常時用の資金として新たに別口座を開設し、そこに非常時用として給与半年分くらいの資金を貯めて備えるのがベストですね。

5.退職後金ゼロ

どうぞ今一度、会社を退職することになるご自分を想像してみてください。いよいよ人生の円熟期を迎えたときに、貯蓄ゼロなんていうのでは悲しすぎます。金融機関では老後資金準備のためのリタイヤメント・ファンドも、いろいろと提供されています。たとえ、わずかな額でも構いません。あなたがまだ若いとしても老後に備えて、今から準備をしましょう!

6.制度未使用

たいていの企業は従業員のために、さまざまなタイプの福利厚生の制度(エンプロイー・ベネフィット)を用意しています。これを活用しないのは非常にもったいないです。それで、スポーツジムのメンバーシップや電気料金などの割引、また各種保険などの補助などかなりの恩恵が受けられるでしょう。従業員ハンドブックを熟読して最大限活用してください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

7.分不相応居住

住居についても、自分の生活レベルに合わせるのが本当に賢い人です。必要以上に背伸びして収入に見合わない身分不相応で豪華な家に住もうと思えば、どうなるでしょうか?ローンの返済にしても家賃支払いにしても、マネー運用が非常に厳しくなるのは目に見えています。大きな家に住めば、当たり前ですが請求額もより大きくなるのです。もしあなたにこの種の傾向があることに気づいたら、ここは自制して身の丈に合った家に住むことを検討してください。

8.ノンプラン学資ローン

よりよい仕事に就いてお金を多くを稼ぐために、大学や大学院で学ぶ人は大勢います。しかし高い学費が一括で払えずに、安易な考えで学資ローンを組んでしまうことには実はリスクがあるのです。ここで少し考えて欲しいのは、借りた学資はいずれ返済しなければならない、ということです。ですから、次の点を見極める必要があるでしょう。

  • 学位を得た後に将来どのような職に就き、 どの程度の収入が得られるのか
  • 将来的な収入と学資ローンの返済を天秤にかけた場合に、 元はとれるのか

9.マイカー勘違い資産

ここで、はっきりさせておくべき事柄があります。自動車を資産のように考える人がいますが、実はこれ間違いです。車の購入価格は高額な割にメンテナンスにもお金がかかります。また数年たてば市場価値はどんどん下がっていくため、下取りに出しても安くしか売れません。それで高いローンを組んで高級自動車を購入するくらいなら、必要な時にその都度レンタルするほうがお得なのです。ただし、たいてい車が必要な地域に住んでいる人であれば、購入するほうがメリットのある場合が多いでしょう。

10.偽もうけ話

お金については次のことを常に意識しておくのは大切です。世の中には、あなたの大事なお金を巻き上げてやろうと、鋭い目を光らせるかのようにして狙っている輩が大勢いる、という点です。特に最近はネットの普及で ウェブから簡単に入金や投資ができてしまいます。そして、あの手この手で儲かる話を持ち掛けてきて誘い込み、あなたのお金を巻き上げようとする詐欺集団もいるのです。特に顔の見えないE メールからの、うまそうな話あるいは甘い言葉にはくれぐれもご用心を。

11.金融相場変動忘

実は、株でお金儲けをするのは、それほど難しいことではありません。しかしながら、やっかいな問題があります。それは儲かった状態がずっと続かないことです。 儲かるのは一瞬ですが失うときもまた一瞬なのです。経済状況や金融相場は常に上下変動を繰り返して循環していることを十分に承知しているのに、忘れてしまう人がなんと多いのでしょう。金融市場には天井もあれば底もあります。短期の損得で一喜一憂するよりも、長いスパンで資産運用をしていくようにしてください。

12.自信過剰

あなたはスーパーマンのように決して無敵ではありません。たとえ今、あなたの保有する株が絶好調の値を付けて上昇中だとしても、必ず下落するときがいずれやって来るのです。一瞬にしてすべてを失う危険性を常にはらんでいます。そうならないために、どうすればよいですか?ここはオーソドックスな考え方ではありますが、自分を過信せずに冷静に分別のある決断をしていくことが何よりも重要なのです。

最後に・・・

いかがだったでしょうか?知らないでいると損をしてしまう、やってはいけないマネー12の悪習慣を紹介しましたが、あなたはどれほどの悪習慣が当てはまりましたか?もし、いくつもあるなら要注意です。今すぐ改善してお金の健全な習慣を身につけてくださいね!

 

 

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です