ロードバイクの”素材”の選び方!初心者にオススメの”クロモリ”とは!?

最近ロードバイクに乗る人が増えてきました そこで今回は、初めてロードバイクに乗る人のための記事です。ロードバイクの種類や素材、”クロモリ”の特徴、その他必要なもの、関連グッズなど紹介していきたいと思います。

初心者にはどのくらいのロードバイクがいいのか?

車種や用途によっても価格帯は違います。一概には言えませんが初めて買うバイクならざっ くり言って5万円くらいでいいでしょう。なにしろスポーツ自転車は初めての人だと、電動アシストでもないのに5万円って高いんじゃない!?と思うのが普通の反応だと思うからです。本当はロードバイクなら価格はもう少し高めで、10万円くらいは欲しいとこですけどね。。。

安いのは2、3万の物もありますが、やはり機能や性能的に違いがあります。初心者であって、なおかつ性能的にもいいかな~と思うのであれば、最低5万くらいは 欲しいですね!

ロードバイクの素材としてあるのは?

  • クロモリ
  • アルミ
  • チタン
  • カーボン

この4種類が主です。アルミとカーボンは聞いた事があると思います。クロモリ?初めての方は聞いた事がないと思います。これは、はっきり言って鉄なんです。種類によって、いいところや難点もあります。今はアルミが主流になってきてますが、クロモリのファンの方も大勢いいらっしやいますね。

アルミやカーボンに比べてフレームがスマートでクッション性があるんです。それに値段も安いです。それじゃあ初心者にはクロモリがいいんじゃない の?と思いますが、なにせ鉄ですから傷がいくと錆がでるし、重さが一番重たいですね~。アルミでも、5万円くらいの物も売ってますし、初心者はクロモリかアルミがいいでしょう。

クロモリのロードバイク

ロードバイクの”素材”の選び方1

スポンサードリンク

 

スマートでかっこいいですよね!

スポンサードリンク

アルミのロードバイク

ロードバイクの”素材”の選び方2

関連グッズで必要なものは何か?

安全面からヘルメットは絶対ですね!転んだ時に頭を守ります。それと手袋、これも手をついたときに傷から守ります。ウェアーは夏場も長袖がいいのですが、炎天下で走るので半袖でいいでしょう。水分は必ずとらなくてはいけませんので、専用のボトルと、それを取り付ける金具ですね。他ににもグッズはありますが、とりあえずこれだけはそろえておきましょう。

必要に応じて揃えるもの

フロントライト

乾電池式、ボタン電池式と充電式があります。夜間走行が多い方はランニングコストの安い充電式がおすすめです。充電式は小型・軽量で明るいですが、価格は高めです。明るさは価格に比例します。街中中心の走行でも、ある程度の明るさがあった方が安心・安全です。

リアライト

ボタン電池式、充電式があります。 こちらも夜間走行が多い方は充電式がおすすめですが、ボタン電池式でも50~100時間程度点滅します。明るさにそれほど大きな違いはありませんが、商品によって取り付け方法が異なり、シートポスト、サドルバック、フレーム、ハンドルバーエンドなどに取り付けられます。またサドルバックを使用する場合は隠れてしまうので、シートポスト以外に取り付けられるタイプがおすすめです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です