紅茶にレモンを入れると色が変わる理由

紅茶にレモンを入れると、色が変わるのをご存知ですか?どのように変わるかというと、色が薄くなります。ここではその理由についてご説明します。

 

元々、紅茶の葉は、葉をつんだときには緑色です。緑色の葉を少しの間乾かしてよく揉んだ後、温かい室内に置いておくと、微生物のはたらきで、葉の中の成分が分解され、 変化させられていきます。つまり発酵し、色素が変化することで、赤褐色の葉が出来上がるのです。

 

そして紅茶の葉を熱湯に入れると、葉の色が溶け出し、熱湯が赤褐色に染まるのです。溶けだした成分の1つである「テアフラビン」がレモンに含まれているクエン酸の影響によって変化し無色になってしまうことから、色が薄くなるのです。

 

他の果実では?

このように色が変わるのは酸の働きによるものですので、レモン以外のもの、たとえばリンゴなど酸の含まれている果物を入れることによっても色は変化します。では、ホットケーキミックスなどに入っている重曹を入れるとどうなるのでしょうか。重曹は、炭酸水素ナトリウムとも呼ばれるもので、弱いアルカリ性を示します。実際に実験してみると、次第に紅茶の色が黒くなっていくのがわかります。レモンを入れたとき色を薄くした「テアフラビン」は、アルカリ性では、色が濃くなる性質を持っているのです。


スポンサードリンク

 

はちみつはアルカリ性!?

また、紅茶にはちみつを入れた場合、紅茶が黒く染まっていく様子を見ることができます。はちみつはアルカリ性ではありませんが、はちみつには鉄分が含まれており、その鉄分が「テアフラビン」と結びついて、色を濃くするのです。このような紅茶の色の変化はダージリンティーでも見ることができますが、よりわかりやすく見ることができるのは、マロウブルーというハーブティーです。

 

「テアフラビン」以外にもアルカリ性か酸性かによって色が変わる物質があります。それは、ムラサキキャベツや赤ジソなどに含まれている、「アントシアニン」という物質です。「アントシアニン」は、「テアフラビン」と構造がよく似ており、同じように反応するという特質を持っているのです。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です