感謝の気持ちは”人”にも大切だが・・・”物(物質)”にやるともっと効果的!?

さまざまな潜在意識に関する本や自己啓発の本には、必ずといっていいくらい感謝 することが書かれています。どの本にも書かれているということは《感謝》することは重要なことと教えてくれています。しかし、わかってはいてもなかなかできません。あるセミナー受講生の中から20人程に実験の協力をお願いしました。その実験とは毎日《感謝》を100回と《褒める》を100回でした。期間は一週間の限定でした。《感謝》と《褒める》、どちらも重要です。車の両輪のようなもので、どちらか一方が欠けていては、人生が良くなるのに時間 が掛かってしまいます。では、どんなふうに実験したのかお話します。

【感謝】を一日に100回

まず、感謝を100回です。一日に100回は声にして言います。感謝の行ですね(笑)。では何に感謝をするかというと、モノに対してです。 感謝というとパートナー、家族、同僚、知人に感謝を言うのは当然のことなので、これは実践しますが、カウントしません。感謝のカウントはモノに対して行われたときです。なぜモノに?と思われたことでしょう。実はここが一番大事な点なのです。

当たり前のことですが、わたしたちはいつも持っていないものを欲しがります。あれが欲しい、これが欲しい、今度はあれを手に入れたい。そのあとは・・・。いつ もないモノのことばかりを考えています。これをずっと考えていると、心の中はないモノばかりになってしまいます。いつも《欲しい》《欲しい》が、あなたの気持ちの中では《ない》《ない》となり、やがて《欠乏感》が芽生えてしまいます。

一方、モノに感謝をしていると少しずつモノへの愛着が生まれてきます。また感謝を続けることで、あなたがモノに満たされていることに気がつきます。自分が豊かであることに気がつきます。やがてあなたの心が豊かであることに満たされ、心が《豊か》だからこそ、豊かなものを引き寄せます。モノを大事に扱う心、感謝の心が、あなたが欲しいと思っているモノが向こうから喜 んでやってきます。

大事に扱われる人のところに行きたいと思うのはモノであっても同 じでしょう。上記の《モノへの感謝》の理由説明は実験の途中でしました。それまで感謝の気持ちが入らなかった人が、説明後かなりできるようになってきました。正直一日100回は少ないくらいでしたが、いきなり数百回もないだろうと100回か らのスタートでした。100回でもかなりの効果が期待できます。100回はすぐにできます。いくつか例を出しますね。

  • パソコンさんありがとう、お陰でネットの世界とつながります。感謝しています。
  • メガネさん、ありがとう。あなたのお陰で字が読めます。感謝しています。
  • 携帯電話さん、ありがとう。あなたのお陰でいつでも人と話が出来ます。感謝し ています。
  • カバンさん、ありがとう。あなたのお陰で書類や大事なものが運べます。感謝し ています。
  • コップさん、ありがとう。あなたのお陰で飲み物が飲めます。感謝しています。
  • 車さん、ありがとう。あなたのお陰で目的地へ行かれます。感謝しています。
  • テレビさん、ありがとう。お陰で楽しい時間をすごせます。感謝しています。
  • トイレさん、ありがとう。お陰で気持ちよく用がたせます。感謝しています。
  • 水道さん、ありがとう。あなたのお陰で水を使えます。感謝しています。
  • ノートさん、ありがとう。考えを書き留めることができます。感謝しています。
  • 歯ブラシさん、ありがとう。あなたのお陰で虫歯の予防が出来ます。感謝してい ます。
  • 家さん、ありがとう。あなたのお陰で暑い時も寒いときも快適に暮らせます。感謝 しています。
  • エアコンさん、ありがとう。あなたのお陰で快適な環境で過ごせます。感謝してい ます。

これだけ書き出せば要領はわかりますね。あなたが《感謝の思い》を、これらのモノに向けることで、あなたは自分が豊かであ ることに気がつきます。何度も繰り返すことで、《豊かさ》が潜在意識に刻み込まれ、やがてあなたに豊かなものが訪れるようになります。いざはじめてみるとなかなかうまくいかない。慣れていないからですね。感謝に慣れていないことにすぐ気がつきます。

しかし数日で慣れます。カウンターがあると励みになります。今日は116回言えた。昨日より多くできた。やる気を出すことにもつながります。モノへの感謝は比較的楽にできますし、できるようになってくるとモノを大切にしよう という気持ちが出てきます。 オススメです。あなたも是非やってください。一日にたった100回ですから。 習慣になったらシメタものです。

【褒める】を一日に100回

《褒める》を実践します。誰を褒めるかというと実は・・・《あなた自身》です。子供や家族、友人や同僚ではないのか?って思いますね。 実はそうではなく、《あなた自身》なのです。なぜか?当然疑問に思います。誰もが成功を願っています。あなたもきっとその一人ですね。あなたはこれまでに何人もの成功者を見てきたと思います。あなたの周囲にもきっといろいろな分野での成功者がいます。

成功者は自分のことが好きです。大きく成功した人ほど自分のことが大好きです。成功者で自分のことが嫌いな人はいません。自分が嫌いで成功した人ってあなたの周りにいますか?いませんね。成功するには自分のことが好きでなくてはなりません。 成功を目指しているあなたはご自分のことが好きですか?「好きだよ」と答えたあなた、成功は近いです。「こんなわたしは嫌い」と言ったあなた、あなたはあなたを好きになりましょう。成功するためです。

自分が好きでないあなた、どうやったら自分が好きになれるかもうわかりましたね。そうです、それは自分を褒めることです。自分を褒めていると自分の良さがわかってきます。自分が結構すばらしい人に思 えてきます。そう思えてくると、そういう人になっていきます。自分はすばらしい人だから自分のことは好きになります。 当然の結果です。よって成功は近くなります。

さて、20人の人たちに《自分を褒める》をやっていただきました。一週間という短い 期間です。どうだったかというと、初日から挫折した人が何人も現れました。原因は、自分の褒めるいいところが見つからない、というものです。自分を褒めることが一日10回でさえ難しいと。実はそうなることを予想していました。 多くの人が、「自分を褒める箇所」を捜します。それらは他の人に誇れるもの、他の人より優れている点、他の人に無いものだったりします。つまり人と比べようとしていたからです。

だから簡単に見つけられないのです。目立ついいところを捜そうとするからです。なかには自分のいいところが見つけられず、自分はまったくだめな人間だと、落ち込んでしまう人もいました。人と比べない。大事なことのようです。自分を褒めることを大袈裟に考えすぎです。褒めるところは山ほどあります。もちろんあなたにも山ほどありますから安心してください。と言われてもすぐには出てこないので、あなたは疑いたくなりますね。目立たないところで、あなたを褒める材料はたくさんあります。些細ですが、すばらしいところがあなたにはたくさんあります。

ではどうやるか?

さあやってみましょう。あなたがあなたを褒める取って置きの方法です。あまりにもシンプルなので腰を抜かさないように(笑)。何かネガティブなことをしたら、すぐに自分を褒めます。??? わかりづらいですね。いくつかの例でやってみましょう。

  • 「自分ってだめな人間」と思ったときに、「いや、そんなことはない。そう気がついたわたしは偉い!」とあなたを褒めます。
  • 「~する意欲がない」と思ったときに、「いや、ちょっとだけでもやってみ るかな。そう思ったわたしは偉い!」とあなたを褒めます。そして、ちょっとでもできたらさらに褒めます、「やる気がなかったのに、ちょっとできた。わたしは偉い!」
  • 「また失敗した」と落ち込んだときに、「失敗から何かを学べるかも知れな い。そう思ったわたしは偉い!」とあなたを褒めます。
  • 「いやな体験した」と落ち込んだときに、「ネガティブに考えてしまった。そのことに気がつき前向きな気持ちになろうと思ったわたしは偉い!」とあなたを褒めます。
  • いつもならすぐにくじけてしまうのに、今日はいつもより少し頑張れた。そんなわたしは偉い!

ポジティブな場合はいうまでもありませんね。 ポジティブな言動、ポジティブな思い、ポジティブな行動などをしたら、その後に「やっ ぱりわたしは偉い!」で締めくくりましょう。さらに取って置きの方法をお教えします。簡単に感謝と同じくらい自分を褒めることができる方法があります。簡単すぎてビックリしますよ。それは感謝した直後に褒めることです。たとえば、『薬さんありがとう、あなたのおかげで痛みが和らぎます。感謝します』と薬に感謝したとします。するとすぐに『薬に感謝する人はいない。だから薬に感謝で きるわたしは偉い!』とあなたを褒めます。簡単ですね。

《感謝》一個に《褒める》がもれなくついてきます(笑)。最初はこんな感じでかまいません。慣れればあなたはあなたをドンドン褒められる ようになります。これらの取って置きの方法を20人程の実践者に説明したところ、それまで一日10 回でさえ苦痛だった人が、20回、30回と日ごとに自分を褒められるようになっていきました。あなたを褒める材料はいくらでもあります。ネガティブな思い、行動に気がついただけでも凄いことです。そのことを褒めましょう。もちろんいいことをしたら全力であなたを褒めましょう。そして自分自身の褒め上手になりましょう。これであなたはあなたが好きになります。

スポンサードリンク

あなたに本当に足りないのは感謝

【感謝と褒める】をつづけることでどんなことが起こるのか気になりますね。では、いくつかの例をお話します。

■実験前の<シンクロ頻度>より、実験中の<シンクロ頻度>は上がりました。(シンクロは日常的に体験できるようになります。頻度もドンドン上がることでしょう)

■すぐに声に出して言う方が、良い事が起こる事が多かったです。雑念やイライラし ている暇を与えないので、自然と良い方向に進んでいる感じがしました。(イライラの波動を出さなければ、イライラの状況は引き寄せませんので、すぐに切り 替えられるのはスバラシイことです)

■モノに対して”ありがとう”をつづけていると、とっても守られている気持ちになりま す。おうちの色々なものに“ありがとう”ということで、とても温かい気持ちになります。とくにお風呂にはいったときにお風呂グッズにありがとうを言っていたら、シャンプーや ボディーソープなどの香りがよくなりました!(可愛い体験ですね。シャンプーらも忚えてくれますね)

■水に《ありがとう》と言ったら、美味しくなった、やわらかい水になったという報告があ りました。

■何年も前、高すぎて買えなかった、ある装置が高性能になって販売されていて、しかも販売している人の好意で半額で手にはいりました。(欲しいものが手に入りやすくなります。どうやって手に入るかは考えなくていいので す。もし考えてしまうと、それは自分のできる範囲内のことに限られ、《無理》という思いがでてきてしまいます)

■最近、物事がスムーズに流れていて以前とは違った職種の話も立て続けにいただき良いことがシンクロしているみたい!! (シンクロです。それもいいシンクロですね)

■何に関しても、今までと違う良い事が起きています。例えば毎日のように雨情報 がありますが、私はポツリポツリの雨にふられても、土砂降りには会わなくなって います。(タイミングが合ってきますね)

■会社まで三回乗り換えがあるのですが、全て到着と同時に電車が来ました。(この体験はドンドン多くなります)

■全てが生きているキラキラ輝いている存在だと実感しました。(多くの人が物がキラキラ輝いて見えるとおっしゃっています)

■自分を褒め、感謝する事を続けていて感じるのは周りの方の自分に対する接し方が優しくなって来た様に感じます、同時に他人の言動に対しても「ありがとう、きっと自分のため」と考えるとイライラも少なくなっているように感じます。(イライラが少なくなると、ストレスを溜めずにすみます。思考も体も健全な状態でいら れます)

■会社の物全てに《ありがとう》やってみたら、今まで居心地がものすごく悪くて、会社 にいる事が苦痛だったのですが、居心地が良くなりました。(《ありがとう》の気持ちを発すると、必ず《ありがとう》があなたに向けて返ってきます。当然いい気分になりますね)

■相手が随分と変わったことに驚いています。手放して、見守る愛を私に伝えてくれ たことに本当に感謝です。《ありがとう》と《褒める》の成果の一つが見えた感じがしてとってもうれしくなりました。(相手を変えるより、自分が変わった方が早いですね。変わった自分が好きになれば、周囲の人はあなたを好きになるのは自然なことです)

■いつもなら絶対にとらない行動を「無意識」のうちに実行し、その時自分が必要と していた「情報」が眼前に現われる、という現象です。(求めるものは向こうからやってきます。《ありがとう》と《褒める》をつづけることで、物事に意識を向けやすくなり、意識が向けられたものは反忚してやってきます)

■自分を褒めることをやりだしたら、いろんな人から「前向きになった」といわれます。(ポジティブな言葉を自分に浴びせているので、行動もポジティブになってきます。自 分で気が付く前に周囲はすでに気が付いているものですね)

■フェンダーに隣の車のドアが当たった小さな凹みがあったことに気付かず、その部分に「ありがとう」と言ってしまいました。これまでですと、「なんて事をしてくれるのだろう」と腹を立てていたところですが、「あ りがとう」と言ってしまった手前、何か怒る気になれず、「まあいいか、もっと大きな事故にあわなくて」と思っておしまいにしてしまいました。(怒ると、さらに怒る事態を招いてしまいます。怒る気持ちを抑えられたのは、スバラ シイことです。ストレスも生まれません)

■母から「子供が前ほどすぐ怒らなくなったよね」と言われて気づいたのですが、確かに最近注意しても反抗的ではなくなったような気がします。

■上司から「最近仕事の仕方が変わった」と言われました。

【感謝と褒める】をはじめることで、あなたにも似たような現象が起こりはじめます。まずは実践して自分で体験してください。毎日が楽しくなり幸福度が上がってくるのは間違いありません。

ネガティブな思いに囚われたとき

物事がうまくいっていないとき、心配事がたくさんあったとき、あなたはそのことばか りを考えていませんか?ポジティブにしなければいけないのはわかっていますが、思うようにはいきません。思いをポジティブに持っていくのに努力が必要です。エネルギーが必要です。自然 にポジティブには持っていかれません。左脳には元々防衛機能が組み込まれています。あなたを守るためです。だから当然ネガティブなものに反忚しやすくなります。自然と反忚するので、努力は要りません。エネルギーは少なくてすみます。だからネガティブに考えやすくなります。

もしあなたがネガティブな考えがあったとしても、左脳の当然の機能が働いただけで、あなたがネガティブな人というわけではありません。もしあなたはネガティブに考える自分を見つけても落胆しないように。ネガティブに考えるのは普通のことです。あなたの脳が正常に反忚しているだけです。ただネガティブな考えを任せるがままにしないこと。垂れ流しにしないこと。気がついた時点での修正は求められます。気がついたら修正、気がついたら修正です

あなたは寝るときは何を考えて眠りに入るのでしょうか。今日起きたことを考えていますね。それも失敗や悔しかったことや腹が立ったこと や情けなかったことなど。あるいは明日の心配や不安で頭の中がいっぱいになった状態で眠ろうとしていま せんか。ネガティブな思いで寝てしまうことは避けなければいけません。あなたのその思いが現実化しやすくなってしまいます。『寝るときはプラス思考に』といわれますが、なかなかできないのが現実です。脳はネ ガティブに流れる傾向がありますから。無理にポジティブに持っていこうとするとエネルギーが必要で、不安や心配と重な って、かえって寝られなくなってしまうこともあります。こんなときの取っておきな方法を教えますね。

それは『神様の奇跡』と頭の中で何度も何度も言って巡らせてください。(私は別に宗教家ではありませんが・・・笑)不安や心配などのネガティブな思いは減っていきます。頭の中をポジティブな思いで満たせます。今夜から試してみましょう。 《神様の奇跡》を《守護霊様の奇跡》に置き換えるのも方法です。 あなたがすることはあなたの頭の中にできるだけポジティブ、プラスの思いにするこ とです。 それには努力が必要すが、《神様の奇跡》はわずかなエネルギーであなたの頭の 中をプラスで満たしてくれます。

あなたとあなたの周囲に笑顔を

男性女性に関係なく、笑顔を浮かべている人には無条件で惹かれます。赤ちゃんがいい例です。しかめっ面や怖い顔をしていては、だれもあなたに近づいてきません。周囲を和やかにするのも笑顔です。ですからつねに笑顔を浮かべましょう。鏡の前で笑顔の練習をします。このときは笑顔をつくれますね。口角を上げれば笑顔がつくれます。笑顔になると、脳はプラスに考えるように自然になっていきます。だから笑顔は精神的にもいいのです。笑顔でいると、いいオーラも出ているようです。「鏡の前でつくった笑顔をいつもつくれなら苦労しない」という声が聞こえてきそうです。笑顔をつくるのは意外と難しいですか?ぜひ笑顔をつくって欲しいのです。無理してでも笑顔をつくって欲しいのです。人に会うときはいつも笑顔を浮かべて欲しいのです。大切な人といるときはいつも笑顔を浮かべて欲しいのです。彼氏と会うときは笑顔でいて欲しいのです(笑)。

感謝を忘れている!?

教えていただいた考え方です。読み終えたときあなたもハッとするはずです。あなたの前を車椅子の人が通ったとします。あなたはその方を見てどう思いますか? きっと「かわいそう」と思うことでしょう。なぜ車椅子の人があなたの前を通ったのか?なぜあなたの視界内に入ったのかを考えたことがありますか?おそらくないでしょう。なぜ? あなたが車椅子の人を見たのは、その人のことをかわいそうだと思うためではありま せん。ではどうして?

それは、あなたがあなたの正常な脚に感謝していないから、車椅子の人を見せられたのです。あなたがあなたの脚に感謝していないから《感謝しなさい》と見せられたのです。あなたがあなたの脚に感謝していれば、こういった場面に遭遇することは少ないはずです。あなたの目の前に、目の不自由な人が通ったとします。なぜあなたは目の不自由な人に遭遇したのでしょうか・・・

もうわかりますね。あなたが自分の目に感謝していなかったからです。だから目の不自由な人を見せられたのです。あなたのためにその方は現われたのです。あなたの目に対する感謝が足りないことを知らせるためにその方は現われたのです。目の不自由な方は、その役をかって出てくれたのです。あなたがすることは自分の目に感謝することです。テレビで食べ物が十分に得られない貧しい国のニュースを観たら、自分が十分に食 べられていることに感謝です。インフルエンザが流行っていることを知ったら、健康でいられることに感謝です。多くの人が感謝が足りないから見せられます

最後に・・・

《感謝と褒める》を今すぐ実践してください。気がついたらすぐに実践してください。時間はかかりません。実行することで、あなたの心がが豊かになっていきます。 あなたの心が豊かになれば、豊かなものを引き寄せます。ここであなたに《引き寄せの法則》が働きます。あなたのお知り合いに《感謝と褒める》を知らせてあげてください。きっと彼らも幸せを実感するようになることでしょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b97%e6%97%a5%e9%96%93%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%ac%9b%e5%ba%a7_convert_20160920202159

副業7日間無料メール講座に登録する

関連記事

  1. 産後の肌トラブル乾燥など・・・各対策とお手入れのポイント!?

    妊娠前はきれいだった肌が妊娠中&産後になると肌トラブルにみまわれます。それはホルモンバランスの変化が…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 目の疲れを取るためにはこまめに体操をしよう!

    現代人は、仕事ではもちろんのこと、プライベートな場面でもパソコンを操作する時間が多く、それが終われば…
  2. 蚊の対策には8つの方法で対処しましょう!夏バテにも効果的!?

    厄介な虫のシーズンがやってきましたね。。 そうです・・・ 「蚊」のシーズンです!(笑) もうすでに …
  3. 車の買取で10年以上や20万kmでも10万以上高く売る交渉術とは!?

    今回は私が車買取り専門店で働き体験したことをもとに、どんなお客さんが最も得をするであろうかを考えて実…
  4. ”わきが”の対策に有効とされる”ミョウバン”って何!?古代ローマ人!?効果は!?作り方は!?

    これから汗ばむ季節に気になってくるのが体臭です。特に”わきが”のにおいは気になりますよね。対策法とし…
  5. エアコンの選び方は”長期的に得をする”5つのポイントで決めましょう!

    早速ですが、夏は暑いですので本題に入っていきます。『エアコン選び方の長期的に得をする5つのポイント』…
  6. 乾杯の挨拶でスピーチの小ネタにしてほしい”乾杯の由来と正しい作法”とは?

    改めて問われると以外に知らない「乾杯」の儀式。そんな「乾杯」も由来と歴史を知れば面白くなります。実際…
  7. マンション購入の際は”資産”としての価値が高まる買い方を知っておきましょう!

    一般的にマンションは、戸建ての家とちがって”土地”がないため、資産価値は年数に応じて低くなるいっぽう…
  8. クレジットカードのおすすめはこの最強の3枚!年間○○○万円損します!?

    この記事では数あるクレジットカードの中から、クレジットカードマニアの私が厳選した「最強の3枚」の紹介…
  9. 美脚になるために!”外側”のマッサージでは無駄です。。。内側から細くしましょう!?

    美脚になりたくて、足を細くする定番の方法に「マッサージ」があります。一番楽で、それでいて簡単にできる…
  10. ハッカ油の使い方と注意点!アロマオイルとの違いは?

    「ハッカ油」というものを聞いたことがありますか?「ハッカ油」という言葉を聞いたことがなくても、「ハッ…

話題をチェック!

  1. うつ病になり、ある日突然に会社に行けなくなり、休職、退職となったら、住宅ローンや家族を抱えて路頭に迷…
  2. 先日、超ブラック企業に勤める友人から連絡 が入りました。 友人:「俺はついにこの会社を辞める…
  3. 現代人は、仕事ではもちろんのこと、プライベートな場面でもパソコンを操作する時間が多く、それが終われば…
  4. 夏夏夏夏ここなぁ~っつ♪ って、ダジャレじゃん・・・。な、名曲なのですが・・・。チャゲさんと一緒に歌…
  5. 私は毎日~お菓子なしにはいられない困り者です。会社にも¥100でお菓子が買えるbox・・・知ってます…
  6. 何かを始めた当初は、物凄くモチベーションが高くて「やるぞ!」と 意気込んでいたけど、3日後・・・7日…
  7. 偶数といえば、2,4、6、8、10、奇数といえば1、3.5.7といった数字を誰しもが思い出しますが、…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る