目の疲れを取るためにはこまめに体操をしよう!

現代人は、仕事ではもちろんのこと、プライベートな場面でもパソコンを操作する時間が多く、それが終われば今度はスマートフォンでメールやゲームなど同じことをさらに顔を近づけて繰り返す、そんな人が多いのです。しかしそのすべての行為が慢性化していくと、目の疲れを感じたり、さらに悪化した場合には頭痛や吐き気を引き起こすこともあるのです。ほんの数分、ほんのちょっとの疲れのつもりがだんだんと自分の力ではどうすることもできなくなってしまうほど悪化する場合もあるのです。そうならないためにはいくつかの予防法があります。

まずは予防法

まずは当たり前のことですが、パソコンやスマートフォンを操作する時間を少しでも減らすことです。仕事上それがむずかしい人も大勢いるかとは思いますが、その場合は1時間に1回で良いので休憩を取り、遠くの方に見える景色や木や山などの緑を見ていると良いのです。次にサプリメントです。ブルーベリーサプリメントは効果があると言われていますので、普段目が疲れやすい人は特に意識して習慣にして摂取すると良いです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

体操が効果的!?

最後に、手軽に誰でも簡単にできちゃう目の疲れを取る体操がありますので紹介します。まずは両目を右回りに1周し、左回りも同じようにします。これを5セットずつおこないます。これが終わったら次は目を上下左右に意識して動かします。イメージとしては、目の細胞や血管を十分に動かしてあげて、血の巡りを良くするような感じでゆっくりと動かしていきます。同じく5セットおこないます。最後にまぶたを力強くギュッと閉じたり開いたりします。10回程おこなったら少し速度を速めてパチパチと瞬きをしてみてください。これで体操はおしまいです。

全部で5分もかからないこの体操ですが、1度やるだけで目のまわりがかなりスッキリします。特に必要な道具もありませんし、場所も選ぶことなくできるので、仕事の合間に疲れを感じた時には是非覚えて活用してみてください。

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です