ノロウイルス食中毒の予防と対策で一番大事なことって!?

食中毒がよく報道されます。原因でよく言われるのがノロウィルスですね。ノロウイルスとはどういうものか知識があれば、予防することもできますね。常に心がけていれば、ノロウィルスにかかることはありません。日常的に消毒することを習慣化しましょう。

ノロウィルスとは

ノロウイルスによる胃腸炎とは?

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、1年を通して発生していますが、特に冬季に流行します。ノロウイルスは、手指や食品などを介して、経口で感染し、 ヒトの腸管で増殖し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。健康な方は軽症で回復しますが、子どもやお年寄りなどでは重症化したり、吐ぶつを誤って気道に詰まらせ死亡することが あります。ノロウイルスについてはワクチンがなく、また治療は輸液などの対症療法に限られます。

ノロウイルスはどうやって感染する?

このウイルスの感染経路はほとんどが経口感染で、次のような 感染様式があると考えられています。

  1. 患者のノロウイルスが大量に含まれるふん便や吐ぶつから 人の手などを介して二次感染した場合

  2. 家庭や共同生活施設など、ヒト同士の接触する機会が多いところで、ヒトからヒトへ飛沫感染等直接感染する場合

  3. 食品取扱業者が感染しており、その者を介して汚染した食品を 食べた場合

特に食中毒では、3のように食品取扱業者を介してウイルスに汚染された食品を原因とする事例が、近年増加傾向にあります。

ノロウィルスの症状と治療法

感染したときの症状は?

潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で、主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。通常、これらの症状が1~2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。また感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もありま す。


スポンサードリンク

発症した場合の治療法は?

現在、このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。このため通常、対症療法が行われます。脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように、水分と栄養の補 給を充分に行いましょう。脱水症状がひどい場合には病院で輸液を行うなどの治療が必要になりま す。止しゃ薬(いわゆる下痢止め薬)は病気の回復を遅らせることがあるので使用しないことが望ましいでしょう。

スポンサードリンク

ノロウィルスの予防法

ノロウイルス食中毒の予防方法は?

  1. ノロウイルス食中毒を防ぐためには、熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱する

  2. 品取扱者や調理器具からの二次汚染を防止することが重要です

手洗いの方法は?

手洗いは食事の前、トイレに行った後には必ず行いましょう。常に爪を短く切って指輪等をはずし、石けんを十分に泡立て、ブラシなどを使用して手指を洗浄します。すすぎは温水による流水で十分に行い、清潔なタオルまたはペーパータオ ルで拭きます。石けん自体にはノロウイルスを直接失活化する効果はありませんが、手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウイルスを手指から剥がれやすく する効果があります。

まん延を防止する方法は?

家庭内や集団で生活している施設においてノロウイルスが発生した場合、そのまん延を防ぐためにはノロウイルスに感染した人のふん便や吐ぶつ からの二次感染、ヒトからヒトへの直接感染、飛沫感染を予防する必要があります。ノロウイルスは感染力が強く、環境(ドアノブ、カーテン、リネン類など)からもウイルスが検出されます。感染者が発生した場合、次亜鉛素酸ナトリウム(塩素系の漂白剤)などを 使用して消毒を行うとよいでしょう。 ただし、次亜鉛素酸ナトリウムは金属腐食性がありますので、消毒後の薬剤の拭き取りを十分にするよう注意して下さい。感染が疑われた場合、最寄りの保健所やかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

最後に・・・

ノロウィルスによる食中毒はなかなか改善されませんね。 高齢者の場合、死亡することもありますから感染しないように したいものです。日常的に消毒する習慣を身に着けていれば、十分に予防することが できます。少しでもお役にたてれば幸いです。

 

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です