夏バテを解消してくれる食べ物を積極的に食べよう!

今年も夏がすぐそこです。毎年、夏に体調を崩すあなたは、夏バテを解消してくれる食べ物を積極的に食べて、この夏こそは元気に過ごしてみませんか?気温が暑くなってくると、何をするにも体がだるくなる夏バテになる人が少なくありません。そんなときには精が出るものを食べるといいと言われていますが、そもそも夏バテの原因を知らないと効果的な食事が出来るはずはないのです。では、夏バテはなぜ起こるのかというと原因はいくつ考えられます。

 

夏バテの原因ビタミンB群不足!?

食事についていえば食欲がないからとそうめんやアイスなどを食べすぎてしまうことです。体を冷やしたいと思っての行動かもしれませんが、人が活動するうえで必要なビタミンなどを不足してしまいます。特にビタミンB群が不足することはポイントです。ビタミンB1は炭水化物を摂取してエネルギーに変換する代謝で必要な栄養素です。逆に言えば、これが不足していからこそ、思うように動けなくなるのです。同様にビタミンB2も代謝に必要な栄養素です。こちらは脂質の代謝に関係しており、ダイエットで脂肪の燃焼をしたいという人には最適です。

 

また、スポーツドリンクなどに含まれるクエン酸不足も夏バテの原因です。クエン酸の役割は、体にたまった乳酸や脂肪を燃焼する役割を持っています。乳酸というのは、スポーツをした時などに筋肉にたまる疲労物質です。乳酸が多くなると、疲労感を感じるだけでなく筋肉痛のような刺激を伴います。夏バテで感じる倦怠感にも関係しています。


スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

夏バテ解消をするための食べ物とは?

さて、これらの栄養素が不足していることが夏バテの原因であるならば、夏バテ解消をするために何を食べればいいのかがわかってきます。まずビタミンB1を含んだ食べ物で代表的なものは豚肉や大豆、そして土用の丑の日で知られるウナギなどです。土用の丑の日にウナギを食べると夏バテ解消できるというのは、平賀源内の宣伝戦略と言われていますが、ウナギを食べること自体は間違いではなかったのです。
次にビタミンB2を含んだ食べ物は、レバーや海苔、鶏卵などです。ウナギにはビタミンB2もある程度は含まれているので、ビタミンB群を同時に摂取できます。そして、クエン酸ですが、レモンや梅干し、お酢などに含まれています。ただ梅干しでクエン酸の必要量を食べようとすると塩分の過剰摂取に繋がるので要注意です。

 

まとめ

  • 夏バテの原因をよく理解し、意識的に意図的に夏バテ防止の食べ物を食べよう!

  • ビタミンB群を含んだ食べ物・・・豚肉や大豆、やはりウナギ(ビタミンB1)やレバーや海苔、鶏卵(ビタミンB2)などがオススメ!

  • できればレモンや梅干し、お酢などのクエン酸の摂取!ただし塩分の過剰摂取に注意!

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です