関わらざるを得ない人への対処で「嫌な人」を「いい人」に感じられる方法

人の性格は一面だけじゃない

あなたの周囲には「いい人」もいれば、「嫌な人」もいると思います。ただ、それは一体どういう意味で「いい人」「嫌な人」なのでしょうか。多くの場合、自分にとっての『いい人』とは 自分に優しくしてくれたり、つき合っていて楽しかったりする人だと思います。

 

一方『嫌な人』というのは自分に厳しかったり、つき合っていて不快な気分になったりするタイプの人でしょう。あなたにとって、できれば関わりたくないと思うような相手かもしれませんが、学校や職場のつき合いなどで関わらざるを得ないということもあります。

 

でも最初からネガティブな感情を持って「嫌な人」と決めつけて、コミュニケーションを取ろうとするのはやめましょう。あなたの何気ない態度から、「嫌われてるかな?」と感じ取られてしまうかもしれません。そこであなたに、「嫌な人」を「いい人」に感じられる方法を教えしましょう!

 

スポンサードリンク

 

「いいところ探し」は効果的?

人の性格は単純ではありません。あなたが嫌な人」だと思っている相手を、もっと観察してみてください。あなたのイメージを払拭する一面がきっとあるはずです。たとえば、あなたが「怒こりっぽいなぁ。。。」と思っている人も、年がら年中怒り続けているわけではありません。


スポンサードリンク

 

優しい面や情に厚い面を持っているものです。そもそも、あなたが「嫌な人」だと思うまでに、何かきっかけがあったはずです。そのとき、たまたま相手の機嫌が悪かったかもしれませんし、あなたが相手を怒らせてしまうような行動を知らずに取っていた可能性だってあります。

 

新しい発見のために、一度「嫌な人」と感じる相手とじっくり話合ってみるのもいいでしょう。大人であれば、お酒の席は相手と親密になれる最大のチャンス!会話の中から『いいところ』をどんどん見つけましょう。もちろんお酒の席でなくても、趣味の話などで腹を割って話すことはできます。

 

また、懐に思いっきり飛び込んで、仲良くなってしまえば、相手があなたに「嫌な面」を見せなくなる可能性もあります。これまでつき合いのあまりなかった相手と親密になれば、交友関係だけでなく、あなたの知識や経験、見識も広がるのです。

 

 

あなたから好意を向けることが大切

ただ、苦手な人を誘ったり、こちらから声をかけたりすることに、ハードルが高いと感じる人も多いでしょう。むしろ、相手のことが苦手なのだから当然です。でも、相手への苦手意識を克服するためには、こちらからアクションを起こさなければいけません。

 

あなたから好意的に接することで、相手は徐々にあなたへの心理的なガードを解いていき、やがて心を開くようになるのです。苦手な人が減り、大切な仲間が増える。こんなに心強いことはありませんね。

 

まとめ

相手のことを知り、仲間にする

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です