ブームすぎて原料不足!ココナッツオイルとショートニングの違いって!?

最近、ココナッツオイルがブームになっているようですね。ダイエットや癒し、アルツハイマーの予防など、様々な効果がTVや雑誌でよく取り上げられるせいか、主原料になっているオーガニックのココナッツオイルが入手困難になってしまってるようです。そこであるオリジナル化粧品メーカーでは、代わりの原料として”ココナッツショートニング”を使っているところもあるようです。簡単に言えば”加工品”ということでしょうか?

 

通常こだわりのあるお店などではオーガニックのココナッツオイルを原料としますが、去年の夏ごろから入手困難になり、それに代わるものを検討した結果「オーガニックのショートニング(トランスフリー・遺伝子組み換えフリー)」なら入手可能とのことで、0-1テストした結果も問題なかったそうです。しかし”寒くなる”とクレームが入ってくるそうですが、利点・欠点を確認してみましょう。

スポンサードリンク

ココナッツオイルとショートニングの違い

ココナッツオイルとショートニングの違いは、ココナッツオイルに自然な形で水素添加して、不飽和脂肪酸(常温で液体)を飽和化(常温で固体)させたものです。ココナッツオイルは植物油の中では飽和脂肪酸が多く、常温で固体になりやすい油です(飽和91.2%、不飽和 8.8%・融点 25.6℃)

 

ほとんどの植物油は常温では液体状ですが暑い南方の油(ココナッツオイルやパーム油)は、植物油でも例外的に固体になる事が多いのです。つまり植物油、動物油に関係なく、飽和脂肪酸が多いと常温で個体になり易く、不飽和脂肪酸が多いと液体になり易いのです。飽和脂肪酸は融点が高く不飽和脂肪酸は融点が低いからです。(融点=固体が液体になる温度)

 

季節によって代わります

融点26.5℃と言うのは夏は液体状になり、春・夏は固体(適度なクリーム状)になり、冬は硬めのクリーム状になります。残り9パーセントのわずかな不飽和脂肪酸を自然な形で水素添加して飽和化させると融点は38℃くらいになり、夏は柔らかいクリーム状になり、春 ・ 夏は、適度なクリーム状になり冬は硬いクリーム状になります。

 

ココナッツオイルの時は、冬でも指や肌につけるとスグ融けたのですが、ショートニングになるとスグに融けなくなるようです。融点が高いのですから無理もありませんね。でも、製品によっては、ショートニングだけで出来ているわけではないものもあり、色んな原材料が複雑に組み合わさっていますから、ショートニング本来の融点(38℃)より低い製品もあるようです。

 

一つの問題が解決すれば逆の問題が……

ココナッツオイルの時には夏に液体状になって困るということが、ショートニングになってその問題は解決されました。しかし今度は冬に硬くなって使いづらいという問題が出て来ました。

 

その代わり100パーセント天然自然の原材料で出来ているものでも、防腐剤がなくても夏でも冷蔵庫保存しなくてもよほどの事がないかぎり酸化したり腐敗したりしませんし、肌につけた後も何日も酸化したり変質したりする事はありません。多分、肌に同化してしまうせいではないかと考えています(科学的根拠はありません。使った時の実感です)



老後死ぬまで年収400万確保可能!もちろん低リスク、ほっらかし運用。多忙なサラリーマンでも即実践可能!

 

元々、飽和脂肪酸主体のココナッツオイル

ココナッツ油(ココヤシ油)の脂肪酸は91.2パーセントはすでに飽和化されていますから、残り 8.8パーセントをトランス酸が生じないように還元雰囲気の環境の中でゆっくりと自然に飽和化させれば良いわけです。同じ南方の油でもココナッツ油とパーム油(アブラヤシ油)は、脂肪酸組成が多少違う所があり、パーム油の飽和脂肪酸は、50.6パーセントくらいなので、やはり0-1テストの選択は正しかったと思います。とは言え、ココナッツオイルをそのまま使った方がより自然なわけで、早くブームが終わらないかな~~と思っているわけです(笑)



10年以上も前から使われていたパンのショートニング

ココナッツオイルのショートニングは融点が高く、ココナッツオイルやバターよりも酸化しにくいし0-1テストでも良いと出るので、パン類にはココナッツオイル由来のショートニングを10年以上も前から使っているお店もあるそうです。

 

また、ココナッツオイルの飽和脂肪酸は短鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸が多く構造が単純なので体内に入って分解され易く、エネルギー化しやすいという特徴があります。ダイエットにいいというので今、ココナッツオイルがブレークしている大きな原因にもなっているようです。

 

植物は環境に適応する

ココナッツは暑い南方の国でしか育たない植物で、高い気温と強い紫外線に耐えられるように適応した植物なのです。またいつも暑いので、寒さが来た時の為に複雑で分解しにくい長鎖の脂肪酸を作る必要も無いのです。そんな植物ですから寒い冬にはココナッツオイルで料理する必要も無いのでは……と思うわけです。ダイエットしたい方も偏り過ぎて健康を壊さない程度にして下さい。

 

人体の脂肪酸組成に一番近いのは”豚脂”

単品で人体の脂肪酸組成に一番近いのは豚の脂ですが、オレイン酸が少し多すぎるので魚油やヘンプオイル・バター等と組み合わせていけば、かなりバランスよくなると思います。脂肪の燃焼を良くするといえばバターは短鎖脂肪酸が多くバランスも良いので、ココナッツオイルよりさらに優秀だと思います。

 

油は単なるカロリー源ではありません

ただ、油は単なるカロリー源や体脂肪の原材料ではありません。燃え易ければ良いと言うだけのものではないのです。構造の複雑な燃えにくい脂肪酸は生理活性物質として神経系やホルモン系、免疫系とも深くかかわり、特にアルファーリノレン酸系の油やコレステロールは脳神経系の働きや構造を決定する重要な脂肪酸なのです。あらゆる種類の油をバランスよく摂ることが重要なのだと思います。

 

最後に・・・現代人が過剰な油と不足している油

現代では一般的にリノール酸系の植物油(紅花油、ゴマ油、大豆油、サラダ油、綿実油、ひまわり油、グレープシードオイル等)を余りにも多く取り過ぎている人が多いので、逆に動物性の油(バターや豚の油)やアルファーリノレン酸系の油(ヘンプオイル、インカオイル、シソ油、亜麻仁油など)を推奨している専門家も多くいるようです。



元手10万円!安全ほったらかし投資のやり方3コース徹底解説→13年後のスワップ利息100万円突破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク




ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法をお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。ご希望、お問い合わせは~Twitterにてご連絡ください。



ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪


関連記事

  1. 運気を上げる方法が何故ヤバいのか…!?

    本日はあなたの運気を上げる方法についてご紹介したいと思います。運気を上げるってなんだか胡散臭いとおも…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. ハッカ油の使い方と注意点!アロマオイルとの違いは?

    「ハッカ油」というものを聞いたことがありますか?「ハッカ油」という言葉を聞いたことがなくても、「ハッ…
  2. ポッコリお腹を解消する2ステップ方法!と…もっと大切な事とは!?

    私は現在38歳で体型は普通なのですが、お腹がポッコリしていることが唯一気になる点です。しかし、お腹の…
  3. 地震の前兆!どのように行動して命を守っ たら良いのか!?

    日本は地震国です。近い将来、大地震が起こると予想されています。前兆はもう怒ってますよね。日頃から地震…
  4. 2016うるう年とは4年ごとですが例外で閏年にならない年とは!?

    「うるう秒」は私達の生活の中であまりなじみの深いもので はありませんし、気づくこともないかもしれませ…
  5. 熱中症対策は単に食べ物飲み物とかではない!?3つのポイントとは!?

    まずは、熱中症対策として⽇本気象学会などが出されている対策を掲示してみます。 水分をこまめ…
  6. ”節約”で一番大切なこと!?生活費を月2万円!無理せず浮かせる工夫・・・

    節約というと「我慢」という言葉が想い浮かびます。欲しい物を我慢したり、快適な生活を我慢したり・・・。…
  7. 旅行先のお土産を買わないっ!のも良いですが・・・賢い方法もありますよ???

    今回は旅行先のお土産を買わないっ!ってのも良いですが・・・賢い方法もあって安く済み、しかも喜ばれる!…
  8. ガソリン代を工夫計算して10万得する4つの方法!?

    円安の影響もあり、ガソリン価格は高騰。車での移動が生活の一部となっている人にと っては、家計を圧迫す…
  9. 移動平均線だけを使ったシンプルFXトレード手法!3つの極意とは!?

    あなたはFXで儲けることができていますか?FXで儲けるには、FXの成功法則を知る必要があります。それ…
  10. 「喘息(ぜんそく)」の原因と改善方法には”筋肉”が関係している!?

    喘息を詳しく知る前に注意することがあります。 一般的に喘息とは、発作性の疾患で、ゼイゼイやヒューヒュ…

話題をチェック!

  1. 「ウェルスダイナミクスって怪しい!」「詐欺だ!」とかのページをよく見かけますが、本当のところはどうな…
  2. あなたの愛犬、愛猫ちゃんは今お元気ですか?7 歳になった時、10 歳になった時、15 歳になった時 …
  3. 寒い季節には身体があったまる温泉がぴったりです。もちろん夏にもさまざまなイベントや楽しさがいっぱいで…
  4. デートの別れの際、意味ありげに彼女が瞳を閉じました・・・。「キスのチャーンス!」と唇を寄せた瞬間、飛…
  5. あなたは銀行の振込をいつもどのように行っていますか? ・とくに考えずに今までやってきたとおりに振込…
  6. 国庫(国民生活金融公庫)は政府100%出資の、いわゆる政府系金融機関です。新規開業者でも借りやすい金…
  7. 一般的にマンションは、戸建ての家とちがって”土地”がないため、資産価値は年数に応じて低くなるいっぽう…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る