【第17回目】FXの自動売買プログラムEAの選び方・分類編

今回講座から数回に分けてEAの選び方を紹介していきます。自動売買ではEAのプログラムに従ってトレードが行われるので、EAの性能は自動売買の結果に直結します。なので、自動売買においてEAを選ぶという行為は、自動売買を成功させる上で最も大切なことの一つです。この記事では僕の経験などに基づいてEAの選び方を紹介・解説していきます。

スポンサードリンク

EAの選び方には人それぞれの趣味があり、リスキーなEAが好きな人や堅実なEAが好きな人がいて、一概にこのようなEAを選ぶべきという基準はありません。ということで、僕が紹介するEAの選び方というのは僕個人の好みがそれなりに反映されたものになります。(なるべく客観的な事実にもとづいて解説はしていきますが)

 

ということで、僕と完全に同じEAの選び方をする必要はありません。僕の考え方を参考にしてもらって、最終的に自分のスタイルに合ったEAの選びかたを見つけてもらえれば良いと思います。前置きは長くなりましたが、EAの選び方を解説していきます。

 

今回は「EAの選び方・分類編」ということでEAのトレードスタイルを分類していきたいと思います。まず、FXのトレードスタイルはポジション保有時間によって4つに分類されます。その4つを下に紹介すると

  1. スキャルピング…ボジション保有時間は数分程度
  2. デイトレード…ポジション保有時間は数時間~1日以内
  3. スイングトレード…ポジション保有時間は数日程度
  4. ポジショントレード…ボジション保有時間は一週間以上

という感じです。

 

スキャルピングはポジション保有時間が短いので、一度のトレードで得られる値幅は小さくなり、ポジショントレードはポジション保有時間がながいので、一度のトレードで得られる値幅は大きくなります。

 

理由を説明すると長くなるので省きますが、基本的にEAはポジションを長期に持つトレードは苦手です。なので、ほとんどのEAはスキャルピングかデイトレードで少ないながらもスイングのEAもあるという感じです。また、成績の良いEAはスキャルピングに集中しているので必然的に利用するEAはスキャルピングに偏ります。

 

この4つのトレードスタイルに加えて特殊な手法も存在するので合わせて紹介をします。特殊なトレード手法はいくつかありますが、自動売買でよく使われる手法は下のものです。

  • ナンピン…トレードに損失が発生した場合にポジションを追加する手法
  • マーチンゲール…トレードに損失が発生した場合に倍のポジションを追加する手法

ナンピンやマーチンゲールといったトレード手法は、負けているところにさらにポジションを追加する手法なのでリスクが高いトレード手法であると言えます。ナンピンやマーチンゲールの失敗によって毎年多くの投資家が相場から退場しています。

 

僕は低リスクなEAを使ってコツコツと資産を増やしていくことが目的なので、リクスの高いEAは使用しませんし、裁量トレードでもナンピンやマーチンゲールは行いません。せっかく積み上げた利益を一発で飛ばしてしまうのはやはりもったいないですからね。

 

ということで、僕個人の意見としてはナンピンやマーチンゲールタイプのEAはオススメしません。まあ、ナンピンでもポジションを一つや2つまでしか追加しないのであればそれほどリスクは高くないですが、多くなればなるほどリスクは高くなります。ちなみに、ナンピンやマーチンゲールの説明は下記でもっと詳しく説明しているので興味があれば読んで頂ければと思います。

 

とりあえず、今回はEAのトレードスタイルの分類を紹介しました。次回の講座でもEAの選び方を別の観点から紹介していきます。また、次回お会いしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b97%e6%97%a5%e9%96%93%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%ac%9b%e5%ba%a7_convert_20160920202159

副業7日間無料メール講座に登録する

関連記事

  1. 牛乳が体に悪い!?”根拠”がかなりヤバい!!

    「牛乳は健康にいい」「牛乳は骨を強くする」なんて言いますが、専門家はそんなことはないといいます。実は…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 疲れ目の目薬は夜、寝る前は悪い!?PC画面上でブルーライト対策しましょう!

    根をつめて仕事をしたり、長時間ディスプレイを見つめて いた後、目が疲れたので目薬を点眼して休もうとし…
  2. 認知症予防の食べ物!キーワードは「抗酸化作用」!?

    最初の記事を読む⇒認知症予防の食べ物って!?40代から意識しよう! いろいろ書きましたが、要す…
  3. 時差ボケの症状は3段階あります!予防と対策の6つの方法とは!?

    今回は、時差ボケをしないための6つの方法をお伝えしたいと思います。それにはまず、時差ボケの症状をよく…
  4. 骨粗鬆症予防のコツで意外な運動とは!?

    骨にはカルシウムの貯蔵庫としての役目がありますが、骨中のカルシウムは毎日少しずつ入れ替わっています。…
  5. 試験に合格するために「マインドマップ」を使う人はなぜ短時間で合格できてしまうのか!?

    マインドマップとは 「そもそもマインドマップって何?」という方も多いかと思います。マインドマップと…
  6. 早起きの効果的な方法!”まずは15分早く起きる”など9つのコツ!?

    あなたは早起きしよう!と思った事はありますか? そして早起きに挑戦してもつい誘惑に負けて二度寝してし…
  7. 歯の本数を維持しましょう!歯を若返らせる事は全身の健康につながる!?

    全身の健康は、歯の健康が深く関係しています。自分の歯がたくさん残っていると全身疾患のリスクが低く、長…
  8. 一度は行ってみたい!この温泉ランキングベスト10が凄い!!

    寒い季節には身体があったまる温泉がぴったりです。もちろん夏にもさまざまなイベントや楽しさがいっぱいで…
  9. うつ病の薬はやめる!?そして”男性ホルモン”を増やしましょう!?

    男性ホルモンは、うつ病に良いです。男性ホルモン(テストステロン)が下がってくると、うつ病になりやすく…
  10. 薄毛対策にはシャンプーと電子レンジ!?

    私は20代前半から薄毛に悩み続け、様々な試行錯誤を 繰り返した結果、なんとか薄毛を克服した経験を持ち…

話題をチェック!

  1. 更年期と聞くと もう年なんだ・・・とか、年寄り?的イメージがツキモノですが、今は20代の若い世代にも…
  2. 今回は、幼稚園児くらいの子供を対象に、お風呂に入りたくないという時に何とかしてお風呂に入れる5つの”…
  3. iPhone 6が発売されて今まで使っていたiPhone5や4s、4などから iPhone6に変えよ…
  4. 肝臓に効果があるとされているオルニチンですが、美容にも良いことが報告させました。「顔色」「顔のシワ」…
  5. パソコンを処分したいけど、どうすればいいの?と思っているあなたに、その方法について説明しています。ご…
  6. 早いもので今年も残すところあとわずかです。この時期になると頭を悩ませるのは、お歳暮ではないでしょうか…
  7. 今回は人気アニメのワンピースで登場する多くの名言からビジネスや人間関係、そして人生に役に立つ名言を紹…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る