生命保険料を総額250万円安くした最大の見直しポイントとは!?

今回は「生命保険料を総額250万円安くした見直しポイント及び、その方法」をシェアしたいと思います。

スポンサードリンク

生命保険が更新時期なので

現在満46歳になり、生命保険の更新が今年の12月に迫り、現在加入しているE生命保険の担当者から連絡があって、ぜひ更新の手続きをし てくださいとの話しがありました。不景気で年々収入が減る苦しい現状もありました。

しかし以前に貰っていたパンフレットを見るとこのまま何も手続きをしないと 自動更新されてしまうので、現在の保険料が約13000円から約31000円に跳ね上が ってしまうので、今回自己アフィリエイトの生命保険無料相談を利用して、生命保 険を今より条件を良く更に月々の支払いを安くしたいと考えました。

そうです!最大のポイントは「自己アフィリエイトの生命保険無料相談を利用」にあります。そしてその結果60歳までの支払いを試算すると現状のままだと総額約414万円⇒新たに加入した生命保険の総額がなんと約158万円まで減らすことができました。

ですので総額約250万円も安く出来ました。月々の支払も約800円程安くなり、どうにかこの先払って行けそうになりました。では具体的な方法をご紹介します。

 

相見積もりを取る

現在入っている生命保険の内容

  1. 終身保険(死亡保険)⇒もし死亡した場合3500万円支払われるタイプ
  2. 医療保険⇒病気やけがで入院した場合一日に1万円支払われるタイプ1+2で月々約13000円の保険料

では初めにやることは自己アフィリエイトの生命保険無料相談プログラムに申し込まなければなりません。

  1. 自分のブログを作る。
  2. ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録します。
  3. 生命保険の無料相談プログラムに2つ申し込みます。(1つ目のプログラムの相談日と2つ目のプログラム相談日は一週間程間を開けます)
  4. プログラムに申し込んだ会社から連絡が来るので相談日を決めます。
  5. 1つ目の無料相談を受けて自分の希望を話してプランを作成 して貰います。そして最初のプランを見てから、2つ目の無料相談に入り最初のプランより良い条件でプランを作って貰うように希望を話しま す。ですから最初の相談日から一週間ぐらい間を開けないと次の相談に入れない可能性があるので、一週間ぐらいは余裕をみます。
  6. 2つのプランが提示されたら良く内容を比べて、より良い条件 のプランに申し込むだけです。要するに相見積もりを取ることにより、より良い条件を引き出す事が出来ます。

以上が総額250万円安くした方法です。自己アフィリエイトについてはこちらを参考にしてください⇒


スポンサードリンク

今回の方法を実践したほうが良い人

  • 健康状態に問題がない(過去5年以内に大きな病気やケガがない)
  • 以前入っていた終身保険(死亡保険)より医療保険を充実した内容に変更したい人
  • 以前入った生命保険が一つの生命保険会社のセットプランで古いタイプなので終身保険(死亡保険)と医療保険は別々の生命保険会社を選び良い条件の物を組み合わせた方がいい場合

今回の方法がお勧め出来ない人

  • 健康状態に問題がある(過去5年以内に大きな病気やケガあった)
  • 終身保険(死亡保険)も医療保険も出来れば条件のいい保険に入りたい・経済的にも余裕があるので減らす必要がない
  • 現在入っている生命保険会社との付き合いやしがらみがあるので生命保険会社を変えられない

 

最後に・・・

なお無料相談の時に相見積もりをしていることは、担当者の方には話しませんでした。もし聞かれれば話せばいいので自分からは言いませんでした。

1回目の無料相談の時の提示プラン

M生命保険会社の

  • ◎医療保険
  • ◎終身保険(死亡保険)

2回目の無料相談の時の提示プラン

A生命保険会社の

  • ◎医療保険

O生命保険会社の

  • ◎終身保険(死亡保険)

というようにいろいろな生命保険会社のプランが提示されました。そして最終的には1回目に提示されたM生命保険会社の医療保険「現在入っているタイプに+先進医療特約や終身ガ ン診断給付特約」などがついた物と2回目の無料相談の時に提示されたO生命保険会社の終身保険(死亡保険)「もし死亡した場合100万円が支払われるタイプ」を別々に契約して自分が納得できる形にすることが出来ました。

更に自己アフィリエイトの報酬の約2万円も入りました。ぜひご自身も生命保険の更新や内容の変更をお考えなら今回の件を参考にしていただければ嬉しいです。

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です