生命保険を”見直し”をしてみましょう!減額どころか・・・半額になる方法とは!?

あなたは生命保険を月々いくら払っていますか?今回は生命保険の見直しについてご紹介いたします。条件にうまく合う人は減額どころか半額になります。また生命保険控除という言葉をご存知でしょうか?早速ですが本題に入りたいと思います。

 

生命保険控除を活用

まず生命保険の控除が毎年確定申告の際に利用できます。どこで利用できるかといいますと。サラリーマン(独身)の例でいきます。給与の年収合計額が500万だとします。ほかの配当金や不動産、事業での収入はないものとします。そこから基本控除38万を引きます。

500万-38万=462万

そこからさらに社会保険料(14.642%のうち半分は会社負担)は毎月21,963 円×12ヶ月=26 万

462万-26万=436万

次についに生命保険控除です。年間で・・・

  • 25000以下は全額25000(毎月約 2000 円)
  • 25000~50000 以下は 25000~37500円(毎月2000円以上約4200円以下)
  • 50000~100000以下は37500~50000円(毎月約4200円以上~約8400 円以下)
  • 100000円以上は一律50000 円

の控除が使えます。国税庁のHPに、このような式がありますので実際の計算は、やってみてく ださい。

生命保険

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm

 

スポンサードリンク

 

減額ではなく半額!?

結論をここでまとめたいと思います。生命保険は例えば毎月8400円払っていたとしましょう。その翌年の生命保険控除で1年間で10万円払ってきた保険料のうち 5万円が控 除されることになります。おおざっぱに税金のことを書くと・・・


スポンサードリンク

  • 収入—費用=所得
  • 所得-控除額=総所得金額
  • 総所得金額×税率=支払う税金

といった流れになっています。今回は所得から引く生命保険控除のことでしたが、この5万があれば所得税が若干ではありますが安くなります。

 

住民税も考える

そして所得税が下がる=住民税も下がります。うまく行けば生命保険は10万円払わなくてはいけないが、翌年にはそのうち半 分が控除(実質的にはもどってきたことと同じ)され、なおかつそれで所得税 が下がれば、住民税も下がる。といった内容です。 控除額とかも年が変われば変わることもあるのでいろいろと変更があるかと思 います。ちなみにオススメの保険をいいますと、保険に詳しくなりたい。という方は独自で勉強してください。と言えばおわりですが、そんなのに興味はないという 方にはオススメの保険があります。

 

オススメの保険

それは都民共済とか県民共済です。コンビニとかで置いていますよね?あれが一番いいと思います。もちろんお金を出して情報を買ったりすれば、もの凄くいい保険商品もありますが、手っ取り早く決める場合は共済でいいと思います。まず毎月の掛け金が安いです。そして保証もそこそこあります。そして一番の美味しいとこは割り戻し返戻金です。

年末になると支払った保険金の一部が戻ってきます。20%とか30%くらいだと思います。毎月の支払い×12 ヶ月-割戻返戻金(仮に 20%の場合)=100001~の範囲にすれば年末には割り戻し返戻金で2 割戻ってきます。そして確定申告の際に割戻返戻金を引いた10 万のうち半分の5 万円が控除として使えます。つまり 10 万×1.2=12 万/年間で保険を支払っていれば実質的な支払いは5万円で12万円分の保険を使うことが出来ます。生命保険を半額で使えますね。

 

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です