英会話教材”ネイティブイングリッシュ”の通販はお得なキャンペーンサイトで!

詳細をチェックするボタン画像青

 

ネイティブと日本人の違い

体のつくりが違う!

日本人の口や顎、のどはネイティブに比べると既して小さくできています。これは話すときに大きく口を開く英語と、それほど口を使わない日本語の違いからきていると考えてみて下さい。管楽器をイメージしてください。楽器自体が大きい、チューバとフルート。それぞれの大きさに応じて、必要となる息の量、演奏方法などが変わってきますよね。言ってみれば、ネイティブはチューバ、日本人はフルートです。フルートを演奏する時の呼吸方法のままで、この大きなチューバを吹くこと自体、無理があるのです。

英語を話すときはチューバを吹くように息をたくさん使ってみましょう!

腹式呼吸で話す

単語を発音するときに、口にティッシュを当ててみましょう。ティッシュが揺れるように話してみましょう。お腹に思いっきり力をいれて精一杯息を吐かないと、ティッシュは揺れませんね。ネイティブはこれぐらいのダイナミックな話し方をしているのです。

さらに、公園で遠くの人に向かって話しかける時には自然と表情がおおげさになり、口を大きく開いて話しますね。この感じがネイティブモード。日本人モードをネイティブモードに切り替えて、さぁ、ネイティブイングリッシュを始めましょう!


詳細をチェックするボタン画像青

スポンサードリンク

 

ネイティブ発音への3つのポイント

①声を出す前の準備(プレップ)がある

プレップ(Prep.)とはPreparation(準備)の略。テニスに例えると、ボールを打つまでの振りかぶりの動作のことです。突然ラケットでボールを打つよりも、しっかりと大きく振りかぶったほうが、より効果的にボールを打つことができますよね。発音もこれと一緒、しっかり準備してから声を出しましょう。

ネイティブはYES、NOと発音する前に口の動きだけで何を言おうとしているかわかってしまうのです。言いかえれば、英語を話すときには言葉を実際に発していないときにも口を余分に開いている、ということです。

②アクセントをつける

アクセントをつけるとは、

  1. 強さ(intensity)
  2. 高さ(pitch)
  3. 長さ(duration)

に変化をつけるということ。この3要素のコンビネーションが英語らしく聞こえるコツです。

3の長さ(duration)をつけるとはどういうことでしょう?

長さ(duration)とは、「とり(鳥)」を「と~り」のように長く引き伸ばして発音することです。日本語では「とり(鳥)」にdurationをつけると「と~り(通り)」になったり「とり~(鳥居)」になったりと紛らわしいのであまり使われませんが、英語では必須です。

durationはどこにつければいいの?

英語では子音の発音を重視します。ですから、durationも子音につけるのが効果的です。例えば、日本語の「そ」はローマ字でSとOに分かれます。日本語では「O」に、英語では「S」に重点を置いて発音します。

③母音を切り離して発音する

BELLという単語を例にとって考えてみましょう。この単語をローマ字で書くとBELU。発音記号で書くと[bel]。最後のUは発音しません。つまり、Uという母音を切り離して、Lという子音だけを発音することがポイント!


詳細をチェックするボタン画像青

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です