美白作用にバツグン!優れた食べ物と美容液の効果がヤバい!?

女性なら誰もが白い肌に憧れますよね。美白効果を謳った化粧品もたくさん売られています。外からのケアも大切ですが、肌 の老化を抑える栄養素をとって、白い肌を内か ら作りましょう!

近年はオゾン層破壊により地上に届く紫外線 はましていますので、肌に与える紫外線対策は必要不可欠です。出来るだけ帽子や日傘、手袋。UVケア化粧 品などで紫外線を浴びないことが大切ですが、紫外線を受けてもシミなどのダメージを出来るだけ少なくする、今、注目の成分やそれを含む食べ物をご紹介していきます。

スポンサードリンク

日焼けやシミはどのようにして起きるの?

顔や首、手などにできるシミやしわの原因は色々ありますが、約8割が紫外線によるものだといわれております。紫外線が皮膚に当たると、皮膚表面で活性 酸素が発生します。これにより、色素細胞「メラ ノサイト」の働きが活性され、チロシナーゼの生産をスタートします。チロシナーゼがメラノサイトの中のチロシンと 結合して、メラニンを生成。メラニンが生成されればされるほど、肌は一時的に黒くなります。これが「日焼け」です。

でも、メラニンは決して悪者ではなく、紫外線 の茂喜から細胞のDNAを守るために作られるのです。健康な肌は、新しい細胞が生まれてくればメラニンは肌表面から古い角質として剥がれ落ちますが、大量の紫外線を浴びると、メラノサイトが異常に活性化され、大量のメラニンを増産させます。

加齢や紫外線により皮膚ダメージを受けていると、新陳代謝が衰え、メラニンを排出しに くくなって、色素沈着つまり、「しみ」になってしまうのです。食生活の乱れや強いストレスを受けても、自律神経中枢の働きが乱れ、脳の下垂体から分泌 される副腎皮質刺激ホルモンの量が増加します。このホルモンはメラノサイトを刺激しチロシナーゼを活性化させてしまいます。


スポンサードリンク

美白のためにとりたい栄養素は?

  • ビタミン A
  • ビタミン C
  • ビタミン E

(ビタミンCとビタミンEは熱などに弱いので、サラダなどで生で摂取する のがおすすめ!)

「ビタミン A」

皮膚の細胞を保護し、弾力や潤いを保ってくれ ます。また、皮膚の傷ついた粘膜を回復させる働きもあります。

<ビタミンAを多く含む食品>
  • 野菜:かぼちゃ、小松菜、菜の花、にら、 にんじん、ほうれん草
  • 魚類:うなぎ
  • 肉類:レバー

「ビタミンC」

ビタミンCはお肌のみずみずしさを保ち、メラ ニン色素の沈着を防いだり、シミ、そばかすを薄くしてくれます。また、コラーゲンの合成を促したり、細胞組織の修復を促したりと、美容には欠かせないビタ ミンです。

<ビタミンC を多く含む食べ物>
  • 果物:イチゴ、柿」、キュウイ、 グレープフルーツ、ぶどう、みかん、レモン
  • 野菜:カブ、キャベツ、きゅうり、小松菜、 サツマイモ、トマト
  • その他:緑茶

「ビタミンE」

老化の原因の過酸化脂質を出来にくくするので別名「若返りのビタミン」といわれています。血液循環もよくするので、冷え性にも効きます。

<ビタミンEを多く含む食品>
  • 果物:アボガド、キュウイ 野菜:かぼちゃ
  • 魚類:アジ、うなぎ、たらこ
  • 油脂類:アーモンド、ゴマ、植物油、 ピーナッツ

 

最後に・・・

いかがだったでしょうか?もちろん、化粧品などの外からのお手入れも大切です。外と中からのダブルお手入れで、今年の夏はシミを作らず乗り越えましょう!

お肌をケアする薬用成分配合。ピーリングジェルでクリアな肌に。

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です