失敗しない田舎暮らし!3パターンの移住スタイルとは!?

朝からうんざりさせる満員電車、夜は終電まで残業続き・・・。都会に疲れたサラリーマンたちが、「田舎でのんびり暮らしたい」・・・と、考えている人が増加しています。これまでは「田舎暮らし」となると“農業=自給自足”と考えがちでしたが、現在はその考え方も違ってきました。田舎でのんびり“リッチ”に暮らす方法があります。安易に田舎暮らしにチャレンジして失敗しないためにも、有効な3パターンの方法をご紹介致します。

スポンサードリンク

「田舎暮らし」のさまざまな方法

完全に移住する方法や、「参勤交代型」=都会と田舎を行ったり来たりする方法もあります。現在では田舎暮らしもニーズの拡大もあり、 さまざまな方法で実現することが可能です。今、なぜ「田舎暮らし」なのか・・・地方での生活環境は都会より、何よりも格段に良いです。都会では高くて住めないような広い家にも格段に安く住むことができます。

しかも、新鮮な野菜や魚介類も“産地直送”で格安に手にすることができます。近年では全国の自治体が移住者の支援に積極的になりました。実際にそれらを活用し、 地方へ移住して豊かな「田舎暮らし」を始めた人の中で 田舎でのんびりとリッチな生活を両立させた人も少なくありません。

 

3パターンの「移住スタイル」

移住の3つのスタイルとは?

  1. 「参勤交代型」
  2. 「完全移住型」
  3. 「セミリタイア型」

この3つのスタイルがあります。ですが!! その前に・・・!豊かな移住生活を送るには必ず事前の計画が大切です!!とにかく一番に考えるのは仕事とお金の心配ではないでしょうか?

  • 移住先でどのくらいのお金が必要なのか・・・?
  • どのくらいの収入があるのか・・・?

事前に、ライフプランをしっかり練ってから移住を考えましょう!それでは、「田舎暮らし」3つのスタイルの解説をしていきましょう。

①「参勤交代型」

住まいは地方で仕事は都会という、行ったり来たりの生活のスタイルです。例えば、週の半分を東京、残り半分を田舎で暮らす「参勤交代」の方法が増えています。

メリット=居住費が安くなる

居住費が都心に比べれば断然安く、通勤の交通費がかさんだとしても充分にカバーできる。

デメリット=通勤が面倒

通勤可能な範囲でも、通勤時間はかかる。

(解消方法)=読書・メールチェック・仮眠などにうまく活用する

※「参勤交代型」に向いた職業とは?長い通勤時間がネックにならない職業が向いています。

  • 事務系=地方移住に向いているのは残業時間が少ない事務職など
  • 公務員=勤務時間がきっちりしていて、残業も少ない公務員は通いやすい
  • 営業=外回りが多い営業職は直行直帰ができれば移住に有利得意先の近くに住めば通勤時間が短くできる
  • SE=パソコンの環境が整っていれば、基本どこでも仕事ができる。打ち合わせのときだけ都心に出て、あとは地方の自宅で作業が可能
  • 編集、ライター=都心にいる必要があるのは打ち合わせや取材がある時。それ以外は自宅で作業ができる

②「完全移住型」

仕事も家もまとめて地方へ引っ越してしまうスタイルです。田舎暮らしは生活コストがかからないため、出費を抑えても暮らしは快適になります。地域にうまく溶け込めば、ストレスフリーの生活が送ることができます。

メリット=生活費が安い

家賃は格安で中古の一戸建ても激安の物件が買える。食材も新鮮なものが安く手に入る。

デメリット=就職先がない

企業が少ないので就職先も少ない。

(解消方法)=仕事がないなら起業する

③「セミリタイア型」

投資や副業の収入で好きな土地に住むスタイルです。仕事を辞めてのんびり暮らすなら、どのようなところに住みたいか・・・そう考えたときは、やはり田舎暮らしが人気です。都会でセミリタイアするには多額の貯金や大きな副収入が必要です。その点、田舎であれば生活のコストが低いので都会よりは低い収入でも生活が安定しやすいです。また、いざという時のリスクヘッジなるのも魅力のひとつになります。

メリット=引っ越しがしやすい

その土地に縛られないため、基本、居住の移動は自由。家賃や物件価格も安いので引っ越し費用も抑えられる。

デメリット=地元住人との交流が少ない

リタイア型だと、案外、外に出る機会が減ってしまう。

(解決方法)=近所の手伝いを進んでするなど、交流を持つと暮らしやすさがアップする

 

移住の「サポート制度」を利用する!

全国の自治体や企業と組み、官民一体で都市から地方への移住を推進している「一般社団法人 移住・交流推進機構(JOIN)」があります。自己実現や社会貢献が実感でき、子育ても積極的に関われる田舎暮らしに関心のある方へ、全国各地の自治体も支援の充実に力を入れています。

 

最後に・・・!(さまざまな支援)

移住に関して迷った時は、「一般社団法人 移住・交流推進機構(JOIN)」の「ニッポン移住・交流ナビJOIN」(http://www.iju-join.jp/)このサイトにある豊富な情報が頼りになります。

  1. 「何がしたいか」
  2. 「どこに移住したいか」
  3. 「どんな支援があるのか」

など・・・この基準で決めていきます。多くの自治体が移住者を手厚くサポート!移住者の強い味方になってくれる制度がたくさんあります。積極的に活用しましょう。

起業・就労支援

起業家への資金補助や仕事のあっせんなどのサポートがあります。他にも就労者に対する研修や資金補助なども利用でき、当面の生活の心配はなくなります。

子育て・教育支援

子供のいる移住者には、出産祝い金、幼稚園や保育園の無料化や医療費が免除といった支援が受けられることがあります。

 住宅・家賃支援

支援の中で特に力を入れているのが住宅建築補助やリフォーム支援、家賃補助などの支給があります。他にも家を紹介してくれたり、現地住民との橋渡しになってくれることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b97%e6%97%a5%e9%96%93%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%ac%9b%e5%ba%a7_convert_20160920202159

副業7日間無料メール講座に登録する

関連記事

  1. 引っ越し前に新居ですべき4つのポイント!

    引っ越しするときは、”引っ越し元”の事は良く考えられますが、引っ越し先の準備の事は意外に考えません。…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. ココナッツオイルの効果とオリーブオイルとの違いを徹底比較!

    オリーブオイルが最高のオイルと思って使ってきましたが、 最近のココナッツオイルの評判や品切れ状態が気…
  2. ハイブリット車の評価が高いが…本当なのか?ガソリン車と比較してみた!

    ハイブリッド車っていう車を聞いて、あなたは一般的にはどのような印象を持た れるでしょうか?殆んどの方…
  3. 夏の快眠法ベスト3!今年はこの方法でぐっすり眠りましょう!

    夏は日照時間が長いので自然と起床時刻は早く、逆に就寝時刻は遅くなっていき活動の時 間が自然と長くなり…
  4. お金のかからない意外な?暑さ対策&グッズ2016夏!!

    ここ数年の日本の夏は暑い日が多く、従来の真夏日に加え”猛暑日”が新たに追加されました。今年の夏はとく…
  5. パソコンを処分する費用っていくらかかるの?それを無料にできる3つの方法とは!?

    パソコンを処分したいけど、どうすればいいの?と思っているあなたに、その方法について説明しています。ご…
  6. 感謝の気持ちは”人”にも大切だが・・・”物(物質)”にやるともっと効果的!?

    さまざまな潜在意識に関する本や自己啓発の本には、必ずといっていいくらい感謝 することが書かれています…
  7. あなたの食費を節約するコツ!5つのコントロール術とは!?

    あなたは毎月、限られた収入の中で1ヶ月の支出をどのよ うに配分されていますか?中でも食費は大きな支出…
  8. 便郵料金を安くする5つのトクトク方法とは!?

    (さらに…)…
  9. ”経口補水液”は自分で作ったほうが良い!?その方法と理由とは・・・?

    猛暑の夏・・・!熱中症や夏バテ、夏風邪などで体調を崩していませんか?そんな時の対策や予防策で”こまめ…
  10. 背中の痛みは内臓疾患!?4つの原因理解で早期対策!!

    腰や背中が痛くなる原因は、「神経疾患に由来するもの」「心因性のもの」「運動器疾患に由来するもの」「内…

話題をチェック!

  1. 2014年の夏、東京の代々木公園や、その他の地域でもデングウィルスを持った蚊が見つかって大きな波紋を…
  2. はじめから読む⇒結婚が決まった友人へのサプライズアイデアはBBQとipodで!? クリスマスのサプ…
  3. 2015年の流行語大賞にミニマリストがノミネートされたこともあり、ミニマリストという言葉やライフスタ…
  4. 食中毒がよく報道されます。原因でよく言われるのがノロウィルスですね。ノロウイルスとはどういうものか知…
  5. あなたは、イライラした時の解消にどんな方法をとってますか?カラオケ!スポーツ!とにかく食べる!飲む!…
  6. 日本人は特に旅行する事が好きな人たちと言われていて、毎年のように数日間でどこかに出かけているのです。…
  7. 節約というと「我慢」という言葉が想い浮かびます。欲しい物を我慢したり、快適な生活を我慢したり・・・。…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る