失敗しない田舎暮らし!3パターンの移住スタイルとは!?

朝からうんざりさせる満員電車、夜は終電まで残業続き・・・。都会に疲れたサラリーマンたちが、「田舎でのんびり暮らしたい」・・・と、考えている人が増加しています。これまでは「田舎暮らし」となると“農業=自給自足”と考えがちでしたが、現在はその考え方も違ってきました。田舎でのんびり“リッチ”に暮らす方法があります。安易に田舎暮らしにチャレンジして失敗しないためにも、有効な3パターンの方法をご紹介致します。

スポンサードリンク

「田舎暮らし」のさまざまな方法

完全に移住する方法や、「参勤交代型」=都会と田舎を行ったり来たりする方法もあります。現在では田舎暮らしもニーズの拡大もあり、 さまざまな方法で実現することが可能です。今、なぜ「田舎暮らし」なのか・・・地方での生活環境は都会より、何よりも格段に良いです。都会では高くて住めないような広い家にも格段に安く住むことができます。

しかも、新鮮な野菜や魚介類も“産地直送”で格安に手にすることができます。近年では全国の自治体が移住者の支援に積極的になりました。実際にそれらを活用し、 地方へ移住して豊かな「田舎暮らし」を始めた人の中で 田舎でのんびりとリッチな生活を両立させた人も少なくありません。

 

3パターンの「移住スタイル」

移住の3つのスタイルとは?

  1. 「参勤交代型」
  2. 「完全移住型」
  3. 「セミリタイア型」

この3つのスタイルがあります。ですが!! その前に・・・!豊かな移住生活を送るには必ず事前の計画が大切です!!とにかく一番に考えるのは仕事とお金の心配ではないでしょうか?

  • 移住先でどのくらいのお金が必要なのか・・・?
  • どのくらいの収入があるのか・・・?

事前に、ライフプランをしっかり練ってから移住を考えましょう!それでは、「田舎暮らし」3つのスタイルの解説をしていきましょう。

①「参勤交代型」

住まいは地方で仕事は都会という、行ったり来たりの生活のスタイルです。例えば、週の半分を東京、残り半分を田舎で暮らす「参勤交代」の方法が増えています。

メリット=居住費が安くなる

居住費が都心に比べれば断然安く、通勤の交通費がかさんだとしても充分にカバーできる。

デメリット=通勤が面倒

通勤可能な範囲でも、通勤時間はかかる。

(解消方法)=読書・メールチェック・仮眠などにうまく活用する

※「参勤交代型」に向いた職業とは?長い通勤時間がネックにならない職業が向いています。

  • 事務系=地方移住に向いているのは残業時間が少ない事務職など
  • 公務員=勤務時間がきっちりしていて、残業も少ない公務員は通いやすい
  • 営業=外回りが多い営業職は直行直帰ができれば移住に有利得意先の近くに住めば通勤時間が短くできる
  • SE=パソコンの環境が整っていれば、基本どこでも仕事ができる。打ち合わせのときだけ都心に出て、あとは地方の自宅で作業が可能
  • 編集、ライター=都心にいる必要があるのは打ち合わせや取材がある時。それ以外は自宅で作業ができる

②「完全移住型」

仕事も家もまとめて地方へ引っ越してしまうスタイルです。田舎暮らしは生活コストがかからないため、出費を抑えても暮らしは快適になります。地域にうまく溶け込めば、ストレスフリーの生活が送ることができます。

メリット=生活費が安い

家賃は格安で中古の一戸建ても激安の物件が買える。食材も新鮮なものが安く手に入る。

デメリット=就職先がない

企業が少ないので就職先も少ない。

(解消方法)=仕事がないなら起業する

③「セミリタイア型」

投資や副業の収入で好きな土地に住むスタイルです。仕事を辞めてのんびり暮らすなら、どのようなところに住みたいか・・・そう考えたときは、やはり田舎暮らしが人気です。都会でセミリタイアするには多額の貯金や大きな副収入が必要です。その点、田舎であれば生活のコストが低いので都会よりは低い収入でも生活が安定しやすいです。また、いざという時のリスクヘッジなるのも魅力のひとつになります。

メリット=引っ越しがしやすい

その土地に縛られないため、基本、居住の移動は自由。家賃や物件価格も安いので引っ越し費用も抑えられる。

デメリット=地元住人との交流が少ない

リタイア型だと、案外、外に出る機会が減ってしまう。

(解決方法)=近所の手伝いを進んでするなど、交流を持つと暮らしやすさがアップする

 

移住の「サポート制度」を利用する!

全国の自治体や企業と組み、官民一体で都市から地方への移住を推進している「一般社団法人 移住・交流推進機構(JOIN)」があります。自己実現や社会貢献が実感でき、子育ても積極的に関われる田舎暮らしに関心のある方へ、全国各地の自治体も支援の充実に力を入れています。

 

最後に・・・!(さまざまな支援)

移住に関して迷った時は、「一般社団法人 移住・交流推進機構(JOIN)」の「ニッポン移住・交流ナビJOIN」(http://www.iju-join.jp/)このサイトにある豊富な情報が頼りになります。

  1. 「何がしたいか」
  2. 「どこに移住したいか」
  3. 「どんな支援があるのか」

など・・・この基準で決めていきます。多くの自治体が移住者を手厚くサポート!移住者の強い味方になってくれる制度がたくさんあります。積極的に活用しましょう。

起業・就労支援

起業家への資金補助や仕事のあっせんなどのサポートがあります。他にも就労者に対する研修や資金補助なども利用でき、当面の生活の心配はなくなります。

子育て・教育支援

子供のいる移住者には、出産祝い金、幼稚園や保育園の無料化や医療費が免除といった支援が受けられることがあります。

 住宅・家賃支援

支援の中で特に力を入れているのが住宅建築補助やリフォーム支援、家賃補助などの支給があります。他にも家を紹介してくれたり、現地住民との橋渡しになってくれることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク




ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法を150万でお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。ご希望、お問い合わせは~Twitterにてご連絡ください。



ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪


関連記事

  1. 一億円貯める方法!財布とお札にまつわる9つの神話!?

    あなたはお金が好きですか?お金がもっと欲しいですか?たいていの人が「はい」と答えるのではないでしょう…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 美容室を無料で活用してパーマやカラーも半額以下で超節約!?

    美容室代、散髪代、意外と馬鹿にならない値段ですよね。私は毎回カットだけで4000円から5000円程使…
  2. 熱中症対策は単に食べ物飲み物とかではない!?3つのポイントとは!?

    まずは、熱中症対策として⽇本気象学会などが出されている対策を掲示してみます。 水分をこまめ…
  3. 認知症予防の食べ物!キーワードは「抗酸化作用」!?

    最初の記事を読む⇒認知症予防の食べ物って!?40代から意識しよう! いろいろ書きましたが、要す…
  4. お風呂掃除の仕方!簡単に日々の汚れをサッと落とすコツ!?

    お風呂の掃除って大変と感じていませんか?はいっ!確かに大変です・・・きれい好きな人からしたら隅々まで…
  5. 蚊の対策には8つの方法で対処しましょう!夏バテにも効果的!?

    厄介な虫のシーズンがやってきましたね。。 そうです・・・ 「蚊」のシーズンです!(笑) もうすでに …
  6. 熱中症の4つの種類と発症後のそれぞれの対処と応急処置とは?

    夏、真っ盛りですね。海!山!川! プール!夏フェス!バーベキュー!などなど・・・楽しいことが沢山です…
  7. 銀行の振込手数料は無料にもできるんです!?ある法則があります!

    あなたは銀行の振込をいつもどのように行っていますか? ・とくに考えずに今までやってきたとおりに振込…
  8. 運気を上げる方法が何故ヤバいのか…!?

    本日はあなたの運気を上げる方法についてご紹介したいと思います。運気を上げるってなんだか胡散臭いとおも…
  9. 国際結婚のブログ記事から5つの心構えをまとめてみた!

    国際結婚・・・素敵な外国人男性に出会い、「ぜひこの人と将来を共にする事ができたら」という機会がこれか…
  10. BBQバーベキューの準備はこれだけでOK!簡単リストアップ!

    昼も夜も暑くなり、こんな季節は自然の中でのんびりと行うBBQバーベキューなんて最高ですよね。海や山、…

話題をチェック!

  1. そういえば消費税が8%になって、しばらく立ちましたね。2015年10月に予定されていた10%までの上…
  2. 過去と他人は変えられない 自分と未来は変えられる 自己啓発や成功法則の書籍・セミナーなどで、…
  3. 早いもので今年も残すところあとわずかです。この時期になると頭を悩ませるのは、お歳暮ではないでしょうか…
  4. 円安の影響もあり、ガソリン価格は高騰。車での移動が生活の一部となっている人にと っては、家計を圧迫す…
  5. 今晩何食べよう?栄養バランスが良い物は何か・・・時間をかけずに安くておいしい物が食べたい・・・疲れて…
  6. 紅茶にレモンを入れると、色が変わるのをご存知ですか?どのように変わるかというと、色が薄くなります。こ…
  7. いつ起きるか分からない地震や、台風豪雨による川の 氾濫被害に備え人々の関心が集まるのは防災グッズ。こ…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る