家族でミニマリスト生活の本質!捨てても幸せにはならない!?

2015年の流行語大賞にミニマリストがノミネートされたこともあり、ミニマリストという言葉やライフスタイルが かなり市民権を得てきたようです。とは言っても、ミニマリストという概念はつい最近生まれたもので、それ以前から今のミニマリストのように、モノを持たない人達というのは存在していました。ミニマリスト以前は彼らを特別視するような言葉は特になく、単に「モノを持たない人達」でしかなかったわけです。

スポンサードリンク

ミニマリストは作られた

ではなぜ、モノを持たない人達の生活がクローズアップされ、ミニマリストという概念が市場に出回ったのでしょう か。それはモノを持たないという生活の特殊性に注目し、売 れると判断した企業などが「ミニマ リスト」という名前をつけて売り出したからです。結果的に流行語大賞にノミネートされる(させた?)ほどになりました。

そんなこんなでミニマリストは流行り、ネ ット、書籍、テレビなどに登場します。モノを持たない人達、つまりミニマリストが紹介される際、モノを持たない点、そしてモノを持たない人達の幸せそうな生活に重点を置いた紹介がなされました。これを見た人は「モノを持たないと幸せになれる」と誤解してしまいます。どこが誤解だったのでしょう。そもそもミニマリスト以前のモノを持たない人達はなぜモノを持たなかったのでしょうか。

 

モノを持たない理由

ミニマリスト以前のモノを持たない人達には、みんなある共通したことがあります。それは何かしらの明確な利益、目的を持っていることです。モノを持たない人達には利益、目的があります。利益の獲得、維持、向上のためには思考を利益に集中させ、またそのための時間が必要です。ミニマリストやミニマリストを目指している方はモノを持 たないメリットを十分理解されていると思いますが、モノがないということは管理の必要がありません。

モノについ て考えを巡らす必要がないわけです。手間が省け、時間に余裕ができます。つまりモノを持たない人達は利益の獲得、維持、向上の妨げになるモノを徹底的に排除し、それによってできた余裕を利益のために使っているわけです。モノを持たない人達が幸福なのはモノを持たないからではありません。モノがないことで利益に近づくことができるから幸福になるのです。

例えば、私自身モノを持たない生活をしているのですが、私の趣味は芸術鑑賞です。私は芸術が好きなので出来る限 り多くの時間を芸術に充てたいと考えています(利益)。モノがないということはモノの管理をしたり、モノについて考えたりする必要がないわけですが、その分、芸術鑑賞に多くの時間を割くことが出来ます。

より多くの時間を芸術と共にすることが出来るので、結果 的に私は満足を得ることが出来るのです。モノがないから幸せになるのではありません。モノがないことによって生まれる余裕を自分の利益のために使えるから幸せを感じることが出来るのです。

 

モノを捨てているわけではない


また、一般的にミニマリストは物理的な物を捨てることに力を注ぐ傾向があるのですが、モノを持たない人達は物理的な物を捨てているわけではありません。では何を捨てているのかというと、利益・目的の妨げとな るモノです。物理的な物とは限りません。場合によっては契約といった目に見えないモノも捨てます。

例えば、今私は雇用されていません。会社に勤めてはいない、ということです。なぜ勤めていないかというと、会社に勤めることで多くの時間を奪われるからです。先ほども書きましたように私の趣味は芸術鑑賞です(利益)。働いていたら多くの時間を取られるので芸術に触れることが出来ません。しかし会社を辞めたらどうなるでしょうか。雇用されているわけではないのですから、時間の使い方は私の自由です

つまり会社に雇用されない分、時間的余裕ができるわけです。私はその分を芸術鑑賞に充てました。これで私の芸術鑑賞という利益を獲得出来たので、私は幸せを感じることが出来るようになりました。仕事を辞めたから幸せになったのではありません。仕事を辞めて空いた時間を芸術鑑賞という利益に充てたことで幸せを感じることが出来たのです。

 

手段と目的

ここまで書けばモノを持たない人達とミニマリストの違いがはっきりと分かって頂けたと思います。つまり両者の違いは、モノを持たないことを手段とするか 目的とするか、ということです。ミニマリスト以前のモノを持たない人達は利益の獲得の手段としてモノを捨てます。逆にミニマリストはモノを持たないことを、場合によってはモノを捨てることを目的、言い換えるならば幸福と定義します。

先ほども書きましたが、マスコミが与えた誤解はここにあります。元から存在していたモノを持たない人達は、モノを持たないから幸せそうにしているのではなくモノがないことで利益を追求出来るからです。マスコミはモノを持たない人達の、モノを持たないという特殊性と幸せそうに暮らしている表面的なところしか伝えませんでした。それを見た多くの人は「モノを持たないと幸せになれるん だ!」と勘違いし、モノを持たないことを目的としてしま ったのです。

 

ミニマリストの気持ち悪さ


ミニマリストが気持ち悪いとはよく言われますが、その気持ち悪さは、モノを持たないことを目的としている点にあ ります。ミニマリストはモノを持たないと幸福になれる、と信じています。なのでむやみやたらとモノをどんどん捨ててい きます。まるでゴールのないマラソンのようなものです。ただ走り続けるだけ。。。ゴールもなく、目的もなく、ただ走り続ける・・・まるで拷問のようです。

モノを捨てることが趣味というのなら、私は別に何も感じません。そういう人もいるのだろう、というような感想を抱くまでです。しかしモノを捨てると幸せになれるというのはちょっと違うのではないか、と感じます。私の部屋には、ほとんどモノがなく、寝る時も寝袋といったような生活をしています。なぜそんなことをしているかというとそもそも部屋にいないからです。

私は芸術鑑賞のため、日本各地の美術館に行くのでホテルを多用しています。自分の部屋よりもホテルの部屋の方が遥かにモノは多いですが、ホテルの方が遥かに快適です。寝袋とふかふかのベッドだとベッドの方が気持ちいいに決 まっています。モノの量だけで幸福度を計ろうとするのは無理があります。

 

幸せとは何か

では幸せとは何なのでしょうか。どういうものを幸せというのでしょうか。簡単に幸せについて考えてみましょう。いきなりですが、ミニマリストとかそういうもの関係な く、全ての人は幸せになることが出来ません。幸福になることが出来ない、というと「そんなことはない、私は幸福だ、幸せだ」と言われるかもしれません。

それは全くその通りです。私がここで主張したいのは「幸福になる」という表現はお かしいですよ、ということです。要は言葉の問題です。言葉の使い方がおかしいですよ、ということです。しかし言葉がおかしいと言うことは考え方がおかしいということに繋がってきますので、この間違いを指摘することには多少意味があることだと感じています。

 

幸不幸の割合は常に一定

幸不幸というとちょっと分かりにくいかもしれないので、「良い・悪い」、「メリット・デメリット」などの言葉で置き換えてください。一応ここでは「良い・悪い」で表現しておきますが、良いことと悪いことは常に均一です。例えば、

  • ダイエットをすると痩せることが出来ます(良いこと)。しかし食べる楽しみを失うことになります(悪いこと)。
  • 小さい頃に勉強をするといい学校に入学出来ます(良いこ と)。しかし友達と遊んだりゲームをしたりして楽しむこと が出来ません(悪いこと)。
  • 雇用されると毎月決まった時期に一定のお金を手にすることが出来ます(良いこと)。しかし自由を失います(悪いこ と)。

このように良いことがあれば必ず悪いことがあります。逆も同じで悪いことがあれば良いことも必ずあります。つま り良い悪いの割合は常に一定です。また良い悪いの総量も一定になっています。一日が24時間で一定であるのと同じです。水がいっぱい入ったコップに更に水を入れても溢れてしまって、どれだけ入れてもコップの中の水は変わらないのと同じです。

いかなる状況であれ、良い悪いの全体の量は一定であり、良い悪いの割合は常に半々、同じです。私はあまり詳しくはないのですが、このことをスピリチュアルでは「宇宙の法則」とかいう言葉で表現しているようです。「宇宙の法則」という言葉でしっくりくる人はそれで構いません。とにかく良い悪いは一定であるということです。

 

幸福は発見、変更することしか出来ない!?

良い悪いが一定であるということはつまりどういうことかというと、良いことを増やして悪いことを減らすということは不可能であるということです。先ほどの例を用いてみると、

  • 食べながら痩せることは出来ない
  • 勉強なしに良い学校に入ることは出来ない
  • 雇用されると自由を得ることは出来ない

ということです。私たちは良いことを増やそうとしますが、良い悪いは常に一定なので良いことだけを増やすということは不可能なのです。食べて痩せるというのは不可能なのです。巷にはダイエットの方法が色々とありますが、痩せるメカ ニズムは物凄く簡単、シンプルで、食べる量よりも消費する量が多ければ痩せる、というそれだけの話なのです。

消費量よりも摂取量が多ければ太るのは当然です。食べたいなら痩せることは出来ないし、痩せたいなら食べてはいけないのです。ダイエットをする多くの人は食べながらにして痩せたいと考えていますが、それが「良いことを増やす」ということです。良いこと(幸福)は増やすことが出来ません。痩せられないと言っている人は結局のところ、痩せたい気持ちよりも食べたい気持ちの方が強いのです。

またそれは決して悪いことではありません。痩せることよりも食べる幸せの方を選択しているのですから、それでいいのです。問題は痩せられないという悪いところばかりに目が行っ て、食べられるという良いことが見えなくなってしまうことです。痩せられない代わりに食べる喜びをしっかりと得ているの ですから、そのことに気付かないといけません。

つまり幸福とは発見するものなのです。悪いことがあると いうことは絶対に良いことがあります。人間は常に悪い解釈をしがちなので悪いことばかりが目に入りますが、実は 良いこともしっかりと受け取っているのです。すでに幸福なのです。すでに幸福なのに、更に幸福にな る、というのは間違いだ、ということです。そのことに気付かなければなりません。幸福は発見するものなのです

また、発見した幸福が自分にとっての幸福でないのなら ば、幸福を変更することが出来ます。幸福を増やすのでは なく、幸福の変更です。幸不幸の割合は一定ですので、現在の幸不幸を捨て、新たな幸不幸を選択するということになります。

 

幸福の変更


幸福の変更というと難しそうに聞こえますが、言っている ことはすごく簡単です。私を例に考えてみましょう。私は以前、東京の日本橋で生活をしていました。私は日本橋で働いていたのですが、働いていた会社は業界では大手で福利厚生もかなり良かったです。会社の福利厚生で同 じ日本橋に住み、家賃のほとんどが会社負担という待遇でした。

もちろん雇用されているので毎月給料が振り込まれます。多くの人が大好きな「安定」という状態に私はいました。しかし雇用されている以上自由はありません。決まった時間に出社し、決められた時間内はしっかりと働く必要があ ります。残業はもちろんありますし、休日にお客さんや上 司から電話が来ることもしょっちゅうです。

私は自分の時間が取れない、つまり自由がない生活が嫌でした。なので私は2年ほどで会社を辞めました。つまり、安定を捨て自由を獲得したのです。安定という幸福を捨てることで、新たに自由という幸福を獲得したのです。働いている時は安定だけど自由がない状態でした。退職して安定はないけど自由がある状態になったのです。これが幸福の変更です。

安定と自由は両立しません。多く の人は安定を維持した状態で自由を更に得ようとしますが(例えば副業など)、それは不可能で、自由になりたいのな ら安定は捨てなければならないということです。幸福を得るには捨てなければならない幸福にはなれない、の意味が分かってもらえたでしょう か。多くの人が言う「幸福になる」とは幸福を増やそうとする行為であり、それは絶対に不可能であるということ。

幸不幸は常に一定であり、今ある幸福を発見することしか出来ないということ。そしてその発見した幸福が自分にとって合っていないのな らば今ある幸福を捨て、幸福を変更しなければならないこ と。

幸不幸は常に一定であるということを知っていれば多少は生きやすくなってくるかな、と思います。

 

捨てることの本質

また、ミニマリストは捨てることに重点を置いているので、「捨てる」ということについて考えてみましょう。基本的に捨てるということは変更するということです。水がいっぱい入ったコップにジュースを入れることは出来ま せん。コップにジュースを入れたいなら、すでに入っている水を捨てる必要があります。水を捨てるからコップの中身をジ ュースに変更することが出来るのです。

多くのミニマリストが行っている「捨てる」という行為もこれと全く同じです。捨てるから新たなモノを加えることが出来ます。しかしこれを理解していないミニマリストが多いように感 じます。単に物を捨てれば幸せになれると言いますが、決してそんなことはなく、捨てて空いたところに何を持ってくるかで結果が変わってきます。

先ほどの私の例のように、会社を辞めたから時間を多く獲得でき、更にその時間を芸術鑑賞に充てることで私は幸せ を感じることが出来ています。捨てるとは自分を変えるために行うものです。物を捨てて も幸せになれなかったという人はいますが、多分変わりた くなかったのでしょう。物を捨てたら当然環境は変わりますから、その変わった環境が当人にとって適切ではなかった可能性が高いです。

自分を変えたいと考えている人にとってモノ(物質的な物 とは限らない)を捨てることは非常に有効であると言えますが、現状に満足している人にとってはただ苦痛でしかありません。変わるために捨てるのです。なぜ捨てるのかを理解していないのならば捨てることはしない方がいいです。

脳は変化を嫌います。捨てることは変化を起こすことです から当然脳は嫌がります。基本的に人間は捨てることに向いていません。なので、多くのミニマリストが抱える、「モノを捨てているのに幸せになれない」「モノを捨てるのが苦痛」といった問題が噴出します。しかし、捨てることの本質を理解したのなら、幸せという ものも獲得出来るでしょう。

 

人間関係の断捨離

次に人間関係の断捨離について考えてみたいと思います。ミニマリストの多くは物質的な物を捨てることに重点を置 いていて形のないものにはあまり触れない傾向があるのですが、それでも人間関係の断捨離には人気があります。これは私に言わせれば楽をしたいだけです。確かに人間関係を捨てることに大きな意味があり、私自身人間関係がころころ変わるのですが、ではなぜ人間関係を捨てることが重要なのか考えてみましょう。

 

人間関係を捨てる理由

人間関係を捨てる理由、それは結論から言うと、自分を変えるためです。誰でも人間関係は持っていると思いますが、現在のあなたの人間関係が生まれたのは偶然ではなく必然です。人間は本能的に自分が居心地のいいと感じるところに落ち着くようになっているからです。例えば、大人しい性格の人は大人しい性格の人と仲良くな る傾向にあります。なぜなら、大人しい人はやたらとテン ションが高い人と一緒にいると疲れるからです。

お金持ちの人はお金持ちの人と仲良くなる傾向があります。お金持ちの人はお金がない人と一緒にいると感覚が合いにくいか らです。またよく言われるのが、一緒にいる時間が多い人5人の平均が自分だ、というもので、面白いことに5人の年収の平均が自分の年収に近くなる、という実験結果があります。

これは年収に限ったことでなく、性格や趣味なども似たよ うな感じになります。一度自分の人間関係を洗い出してみてほしいのですが、自 分と仲が良い人は何となく似ている人が多くありませんか?その人たちと一緒にいると居心地が良くありませんか?でも、あなたが本当に変わりたい、成功したいなら、この居心地の良い人間関係を捨てなければなりません

ちょっと言い方が悪くなってしまうのですが、本当に自分を変えたい、成功したいと考えている人にとって最終的に その邪魔をしてくるのは、自分と仲が良い人達です。例えばですけれど、正社員になりたいけど中々なれない人が2人いるとします。いつもは「中々良い求人がないね」「今度一緒に就活に行ってみよう」と言いっています。

しかしどちらか一方が正社員になれそうな感じになるともう片方の態度が変わります。「ホントにその会社で大丈夫なの?」「その会社調べてみたけどブラックみたいだよ」「考え直した方がいいんじゃない?」となってしまいます。もちろんこれは邪魔をしようとしているのではありません。その人のためを思っての発言です。

しかしだからこそ、分かりにくく厄介なのです。同じ状況の人が複数いる時、ある人が異なる状況になると残された人たちは非常に居心地が悪くなります。それを阻止したいのです。繰り返しますが、彼らに悪気が あるのではありません。当人を思ってその発言をしてくれているのです。だから人間関係を捨てなければならないのです。

本当に変 わりたいなら、成功したいなら、居心地のいい人間関係の中にいてはいけません。居心地の良い人間関係の中では変わることが出来ないから です。人間関係を捨て、自分が目指すところにいる人達と新たな人間関係を構築する、これが成長です、進歩です。これが人間関係の断捨離の本当の意味です。

私も仕事を辞めると言った時には色々な人から止められま した。しかし私にとっては仕事よりも芸術の方が重要だったので、言い方は悪いですが、周りの意見は無視しました。中には仕事を辞めてから一度も会っていない人もいます。しかし、だからこそ私は芸術という利益を得ることが出来ま した。「捨てる」ということは現状を変えると言うことです。捨 てるから得ることが出来るのです。

 

嫌な人は害悪か

せっかくなので一般的な人間関係の断捨離についても書いておきます。よくある職場の嫌な人ですが、必ずしも彼らが害悪というわけではありません。嫌と感じるということは、今までの話とは逆で居心地が悪い状態です。居心地が悪いということは自分とは異なる価値観を持っているということです。嫌いな人は私にもいるので気持ちはよくわかるのですが、嫌な人と一緒にいると絶対に新たな気づきを得ることが出 来ます。

それは絶対に自分のためになります。「ああ、そういう考え方もあるんだな」という気づきは絶対に自分の財産となりますから、価値のあることです。なので嫌だから、面倒だからという安易な理由で人間関係を断つのはもったいないと思います。今流行りの人間関係の断捨離はたいていその類のもので、断捨離という聞こえの良い言葉を使っていますが、結局は楽をしたいだけであることが多いです。

また、人間関係があるからこそ自分というのがある(存在する)ので、人間関係の否定は自分の否定でもあります(他者の説明なしに自分の説明は行えない、自分は他人ではないという程度の存在に過ぎない)。もちろん法的なことが絡んでくるような場合は話が異なりますが、そうでない場合はあまりお勧めできません。

 

最後に・・・まとめ

  • ミニマリストとは企業が生み出した商品に過ぎず、ミニマ リスト以前にもモノを持たない人達は存在していました。
  • モノを持たない人達には何かしら利益や目的があり、それを追求、維持、獲得するために、手段として、障害となるモノを捨てていました。
  • マスコミはモノを持たない人達のモノを持たない特殊性と幸せそうに暮らしているところをクローズアップしたので、「モノを持たないと幸せになれる」と多くの人が誤解 し、モノを持たないミニマリストが流行しました。
  • ミニマリストはモノを持たないことを目的とし、幸せと定義しました。そのため目的もなくモノを捨て続ける姿が世間からは気持ち悪く見え、更にミニマリスト本人も幸せにはなれず苦しんでいます。

この問題を解決するには捨てることの本質を理解した上で行動に移さないといけません。捨てるとは変更することであり、現状に満足出来ていない から余計なモノを捨て、空いたところに新たなモノを取り入れ幸福に近づいていくということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク




ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法を150万でお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。ご希望、お問い合わせは~Twitterにてご連絡ください。



ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪


関連記事

  1. 2016うるう年とは4年ごとですが例外で閏年にならない年とは!?

    「うるう秒」は私達の生活の中であまりなじみの深いもので はありませんし、気づくこともないかもしれませ…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 話し方を少し変えるだけで!人から好かれる8つのコツ!?

    あなたの魅力は会話力で決まります。どうしてあの人は、みんなから好かれるのか?あの人がモテる秘訣は何な…
  2. これをやめればお金が貯まる!”12の悪習慣”とは!?

    お金には不思議な力があります。もちろん、好きなものが買える!やりたかった願いが叶う!など、あなたの悩…
  3. お花見in東京2018!今年は他とはちょっと違うスポットで!?

    季節の変わり目に欠かせない行事といえば、やっぱりお花見。会社や大学で新しく出会った人と一緒に楽しい宴…
  4. ハロウィン雑学がヤバい!?あのシンボル!なぜ~かぼちゃなの?

    日本でも最近では10月の行事というとハロウィンが定着してきました。とは言ってもバレンタインデーと同じ…
  5. ハッカ油の使い方と注意点!アロマオイルとの違いは?

    「ハッカ油」というものを聞いたことがありますか?「ハッカ油」という言葉を聞いたことがなくても、「ハッ…
  6. お風呂掃除の仕方!簡単に日々の汚れをサッと落とすコツ!?

    お風呂の掃除って大変と感じていませんか?はいっ!確かに大変です・・・きれい好きな人からしたら隅々まで…
  7. 片思いの女性に告白するための具体的な男性会話のテクニック!?

    今回は、 片思いの女性に告白するための具体的な会話テクニックについてお話しします。まずその前に語りの…
  8. 生命保険料を総額250万円安くした最大の見直しポイントとは!?

    今回は「生命保険料を総額250万円安くした見直しポイント及び、その方法」をシェアしたいと思います。 …
  9. 失業保険の気になる金額計算方法とは!?損をしない初心者ガイド!

    失業保険をこれから貰うかもしれないという場合に、気になるのは、「失業保険が支 給される日数」と「失業…
  10. 沖縄移住計画の最大の重要事項とは!?

    青い海、青い空、おいしい食べ物!人情あふれる癒しの人々・・・沖縄は何度か旅行で行っていますが、こんな…

話題をチェック!

  1. あなたは電子マネーを使っていますか?近年はほとんどの人が何かしらの電子マネーを使っていると言われます…
  2. バイクのことを「単車」と呼ぶことがありますよね。でもバイクは二輪車で、車輪が前後に二つある。。。それ…
  3. 1. 怒りの感情への対処法 怒りの感情は心と体のバランスを大きく乱…
  4. 職場で仕事をしていると体臭が気になる時はありませんか?他人のニオイは気になりますが、自分の体臭などは…
  5. 税務申告のなかで、みなさんがよくしている勘違いや間違いというものがあります。その1つが「扶養控除」に…
  6. 国民の生活を豊かにするために、およそ5年半まで続いたTPP(環太平洋経済連携協定の略)という、主に関…
  7. 寝具の一種であるマットレスは快適な睡眠を得るために必要不可欠ですが、用途の性質上、汗や垢などの汚れが…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る