航空券を50~80%安い価格で入手するシンプルな戦略!?~ミニリタイヤ版~

これは低予算旅行について関する情報ではありません。そういう旅行に関するガイドブックに載っているお得情報は、ドンチャン騒ぎをしに旅をする人たち向けに書かれているものです。ミニリタイアとしての旅に出たいのなら、マイレージのポイントを使って、よく知らない航空会社の飛行機に20時間も乗ったり しないほうが良いです。それよりも2か月の旅行に1万円ちょっとの運賃を上乗せしたほうがよっぽど良い買い物です。また最近はLCC(格安航空会社)がメジャーですが、これらは比較的短距離の旅行で上手く利用すると良いでしょう。これまで6大陸を旅してみて私は時間を無駄にせず、また新たな頭痛の種を生むことなく50~80%安い価格で航空券を手に入 れられる シンプルな戦略をいくつか見つけました。それでは順番にご紹介いたします。

 

まとまった出費にはポイントがつくクレジットカードを使うこと

私たちには必要不可欠な出費があります。それは二束三文なものではなく、たとえば仕事での広告費や生産コストなどです。ならばそれを利用しない手はありません。この方法だけで3カ月に一度、海外への無料往復航空券を手にしています。クレジットカードはこちらの記事をご参考に!

 

出発日と帰国日はいずれも火曜から木曜の間にする

航空券を買うなら、かなり前もって(3か月以上前)か直前 にすることです。出発日と帰国日はいずれも火曜から木曜の間に設定します。私たちははるか前から旅のプランを練るのは嫌ですし、変更が生じると 逆に高くついてしまうことがよくあります。航空券はすべて、出発の4日から5日前に購入すると良いです。売れないまま飛び立てばその座席は0円になってしまうので、ギリギリで購入するとかなり安くあがります。

まず国内なら例えばご存知

海外なら

などの格安予約サイトをチェックしましょう。出発日と帰国日を火曜から木曜に設定するのを忘れずにしてください。第一候補の日とその前後の3日との値段を比べて一番安いチケットを確認しましょう。この方法で帰国便もチェックして、往復で一番安くなる組み合わせを確認しましょう。さらに航空会社の公式サイトで同じチケットの値段を確認するのも忘れずに。


スポンサードリンク

次に、Priceline.com(http://www.priceline.com/)で、これまで調べたうちの安いほうの2件の50%からビットを始めます。50ドル単位で値段を上げていき、より安い航空券が手に入るまで、もしくはこれ以上は不可能と分かるまで続けます。

 

スポンサードリンク

 

国際ハブ空港に飛び国内線の格安航空会社で乗り継ぐ航空券も検討してみましょう

たとえば低予算でアメリカからヨーロッパへ移動する場合、航空券を3枚買うとよいでしょう。まずはサウスウエスト航空でカリフォルニアからJFK空港までの無料航空券を手に入 れます。(アメックスのポイントを使います)次に、JFKからヒースロー(ロンドン)までは、最安値の航空券を。そしてロンドンから最終目的地までは、イギリスの格安航空会社のRyanair(http://www.ryanair.com/en) もしくはEasyJet(http://www.easyjet.com/)の激安航空券を買います。

地域限定の航空会社は、税金と燃料費だけの値段でチケットを提供する場合が多いです。私はよくロンドンからベルリン、バルセロナまでの航空券をチェックしていますが、本当の話10ドルなんていうのもザラにあります。

 

最後に・・・

時間を無駄にせず、かつあなたの頭痛の種をなくす方法です。マイレージに踊らされて無駄に買い物をするのは避けましょう。これからの時代、サラリーマンは給与カット、増税、と厳しい時代がすぐそこにあります。というか既に始まっています。そんな中オフィスにしがみつき、「楽しみを先送り」にしていき、「貴重な経験」を人生から取り逃していくのは果たして賢明でしょうか?私は人生の先送りを避けるため、日々の仕事の合間でのミニリタイアを積極的にお薦め します。

 

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です