そばのカロリーは低い?いいえ!但しメニューによっては美肌対策!?

駅前や駅の構内などで見かけることが多い立ち食いそばのお店。安くて手軽に食べられる立ち食いそば屋は、日本流ファーストフードとして定着していますよね。そして、最近ではおじさんたちに交じって若い女性の姿も見られるようになってきました。ファストフードと言えば栄養素が偏っているというイメージがありますが、立ち食いそばについて言えば、必ずしもそうとは言い切れません。

スポンサードリンク

そばと天ぷらの意外な相性

もちろん、つゆに含まれる塩分や以外にカロリーが高い点には注意が必要ですが、そば自体はタンパク質が豊富で、心臓病の予防にあるとされるビタミンB群を多く含む健康食なのです。また、そばと一緒に食べる食材によっては、意外な美容効果まで期待できる、ありがたい面も持っています。

例えば、天ぷらそばですが。。。女性にも人気のあるエビには、抗酸化成分のビタミンEが豊富に含まれており、毛細血管を広げる働きがあるため血行ををよくします。そして野菜天にはビタミンCが含まれているので美肌効果が期待できます。さらに立ち食いそば屋では、定番ともいえるゴボウやシイタケの天ぷらには、食物繊維による便秘解消効果も。


スポンサードリンク

緑黄色野菜である春菊、ニンジンの天ぷらには、肌荒れと高血圧の予防効果があります。この頃、肌荒れが気になるからお昼は天ぷらそばという~お昼のメニューの選び方も、アリというわけですね。是非、お試しあれ。

 

そばのカロリーは低い!?

ちなみにそばのカロリーですが、

そば:100g あたり114kcal /1人前1束茹であがり時260gとして、296kcal

うどん:100g あたり105kcal/1人前1玉茹であがり時260gとして、242kcal

と、実はそばよりもうどんの方が低カロリーなのです。そばは炭水化物がメインの食材ではないですが炭水化物です。。。カロリーも白米ぐらいありますし、糖質もラーメン並みにありますので”食べ過ぎ”には要注意です。そばの美肌効果はあくまでサブ的要素で考えたほうが良さそうです。メインは下記がオススメです。


 

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です