子どもは親の褒め方次第で伸びる!褒める7つのポイントとは?

「褒める」って意外と難しいものですよね? 大人に対しても、子どもに対しても。 そして、子育て中の親にとっての悩みごとのトップ圏内に 入るであろう子どもへの声かけ。子どもを伸ばすための7つの褒め方をまとめてみました。参考にしていただけたらと思います。

スポンサードリンク

心を込めて直接ほめる

まず1つ目のポイントとしては、「心を込めて直接ほめる」ことです。本人と面と向かって直接ほめることが重要になります。言葉に気持ちを入れて相手に伝えることに加えて、相手と目を合わせてほめるなど、態度で示すことが必要です。子どもは大人が思うよりも敏感です。純粋だからこそ、心が込められているのかいないのかを感じ取ります

 

具体的な内容でほめる

2つ目のポイントは、「具体的な内容でほめる」 ことです。ただ「良かったよ」「上手だね」「助かったよ」「ありがとう」などのほめ言葉を言われても、子どもは、どうしてほめられたのか分かりません。そこで、 例えば

  • 「お皿をきれいに洗ってくれて、ありがとう」
  • 「大きな声で本を読むことができて、良かったよ」

など、具体的にほめると、子どもにもどうしてほめられたのか、がわかりやすくなります。

 

タイミングを逃さずほめる

3つ目のポイントは、「タイミングを逃さずほめる」ことです。時間が経ってからほめられてもしらけてしまうだけです。ほめられるとしたら、やはり、ほめられることをした後すぐに、ほめ言葉をかけられるとうれしいものです。なるべくその場、その時を逃さずにほめることが大切になってきます。

 

結果だけでなくプロセスもほめる

4つ目のポイントは、「結果だけでなくプロセスもほめる」ことです。結果が思わしくなくても、その結果を生み出したすべてのプロセスがダメということはまずありません。プロセスの中で1つでも良い点を見出して、そこをほめ、次の行動へと導いていくことが大事になってきます。

「ママは(パパは)途中経過も見ていたよ!がんばっていたね!」

と言ってもらえると、子どもは「ちゃんと自分のことを見ていてくれるんだ!」という親への安心感につながります。

 

第3者を通じて間接的にほめる

5つ目のポイントは、「第3者を通じて間接的にほめる」ことです。たとえば親子関係であれば、お母さんが言ったほめ言葉が、お父さんを経由して子どもたちに伝わるといった感じに間接的に褒めてもらうのもうれしいものです。

「○○ちゃん、お母さんがね(お父さんがね)、~~~ってほめてたよ!」

といった具合ですね。

 

手紙・メール・電話でほめる

6つ目のポイントは、「手紙・メール・電話でほめる」ことです。いつも目の前でほめられていると、うれしいという感覚が薄れてしまうこともありますが、こういった媒体を通じてほめ言葉をかけられると形として残るので、また違った感じでうれしいものになります。逆のパターンで子どもから母の日や誕生日に手紙をもらったりすると うれしくないですか?親にとってもうれしいのですから、子どもにもやってあげましょう。

 

当たり前のことで継続していることをほめる

7つ目のポイントは、「当たり前のことで継続していることをほめる」ことです。子どもたちが毎日あいさつをすることを当たり前だと認識してしまうと、大人はほめることが少なくなってしまいます。当たり前のことであっても続けていることに対しては、折をみてほめてあげることも大切です。

 

最後に・・・

いかがでしたか?以上が7つのポイントとなります。 是非、参考にしてみてください。また下記の「おもちゃ」を使って褒めるきっかけを探してあげるのもよいですよ。お子さんの将来のためにも、可能性を引き出してあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク




ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法を150万でお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。ご希望、お問い合わせは~Twitterにてご連絡ください。



ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪


関連記事

  1. ”節約”で一番大切なこと!?生活費を月2万円!無理せず浮かせる工夫・・・

    節約というと「我慢」という言葉が想い浮かびます。欲しい物を我慢したり、快適な生活を我慢したり・・・。…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. さまざまな感じ方を身につけて五感・感性・直観を豊かにしませんか!?

    世界を感じる感性を豊かにすれば、 毎日がつまらないと感じている人が、特別に生活を変えなくても…
  2. 年末の大掃除でクエン酸の効果的な使い方とは!?

    年末の一大イベントといえば大掃除。住まい 用、窓用、床用、風呂用、カビ取り用など、さまざまな洗剤を大…
  3. 母子家庭の9つの手当!及び7つの減免と割引制度とは!?

    日本のシングルマザーは120万人以上いると言われています。離婚が約80%、未婚が13%、死別は6%と…
  4. クオカードは本屋さんでも使える全国共通の商品券です!

    皆さんはクオカードを持っていますか?もらうことはたまにあるけれど、なんだかんだ言ってつい忘れてしまっ…
  5. 膝の内側の傷みはストレッチで改善しましょう!

    今回は”膝の内側の傷み”、多くは「鵞足炎(がそくえん)」の場合が多いので、その鵞足炎改善へつながる、…
  6. ダイエットに血液型が関係している理由と根拠は本当なのか・・・!?

    今回はあまり知られていない、各血液型に適し た適した食べ物や効果的な運動法を紹介していきます。題して…
  7. 妊娠中オススメの運動は6つのエクササイズ!”産む力”を養うことが重要!?

    食事や産後の過ごしかたと違って、妊娠中の運動については“妊娠は病気じゃない。安産のためにはしっかり運…
  8. 自分を信じる方法!それにはたった一つの”準備”が必要です!?

    「自分なんか信じられるか!」 という人へ。。。自分を信じて行動するのが成功のカギよ。。。などと、よく…
  9. 国金からお金を借りるための5つのポイント

    国庫(国民生活金融公庫)は政府100%出資の、いわゆる政府系金融機関です。新規開業者でも借りやすい金…
  10. 熱中症対策は単に食べ物飲み物とかではない!?3つのポイントとは!?

    まずは、熱中症対策として⽇本気象学会などが出されている対策を掲示してみます。 水分をこまめ…

話題をチェック!

  1. 何かを始めた当初は、物凄くモチベーションが高くて「やるぞ!」と 意気込んでいたけど、3日後・・・7日…
  2. 部屋の中にいるから熱中症とは無縁!? 熱中症といえば夏の熱い炎天下だけで起こると 思ってしまいがちで…
  3. FXで市場から利益を獲得し続けるためには知識の拡大や相場の検証、トレードの練習、実践を繰り返すことで…
  4. 私は数年前までは、ひどいあがり症で、大勢の人前で話しをする事が非常に苦手 でした。大勢の人前で話しを…
  5. 今回は、複雑な介護保険の制度について、あなたが疑問に思われる点など、わかりやすく説明していきます。あ…
  6. 猫ちゃんワンちゃんのくつろぎの場となるペットベット。冬になるともぐってぬくぬく、寒い冬を乗り切るグッ…
  7. タイムイズマネーという言葉がありますが、実際には時間はお金よりも大事なものです。お金は無くなってもま…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る