ローンが残っているマンションから戸建へ住み替えた4つの手順とは!?

現在マンションに住んでいるけど、「戸建に住みたい!」でも住宅ローンが残っているから無理だな・・・と考えている方は結構いるのではないでしょうか?今回は、私が新築分譲マンションから新築戸建へ住み替えを実現した方法を公開します。今のマンションに不満を持っている方等の参考になれば幸いです。

 

1.売却可能価格を調べる

まずは、居住中のマンションがいくら位で売却できるか調べます。調べ方としては、ネットで売り出されている同等の物件を見れば分かります。また、不動産会社に無料査定をお願いしても良いです。

 

2.自宅を買い替える

先に調べた売却可能価格がローン残高を上回るなら、 買い替え可能です。 実際には、売却に掛かる経費もあるので、 以下が買い替えの目安になります。

売却可能価格 × 1.1 > ローン残高 ・・・ 買い替え可能

上記がNGでも、損金を用意できれば買い替え可能です。損金もないのでダメだという方、あきらめないで下さい。私もそうでした・・・^^;


スポンサードリンク

 

3.自宅を貸す

返済余力があれば、自宅を貸し、新たな家を買える可能性 があります。

現住居の返済額 + 新住居の返済額 < 返済可能額

上記が成立すれば、自宅を貸し、新たな家を購入することも可能です。上記が成立しなくても、現住居の返済額以上で自宅を貸せれば返済は可能ですが、空室になると返済に支障が出るので危険です。又、住宅ローンを2つ借りることも可能ですが、貸す場合は、アパートローンに借り替えた方が支障が少ないです。

スポンサードリンク

 

4.賃貸→売却

しばらく貸したら売却も検討します。私は、賃貸と売却の両方で募集し、最初の2回は賃貸で 決まり、4年後に残債+諸費用相当で売却できました♪ 又、家賃は使わずに貯蓄、運用、繰上返済等に回すことをお勧めします。

 

最後に・・・

不動産の売買等は金額が大きいので、他人まかせにせず、ネットや書籍等でご自身も理解されることをお勧めします。

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です