夏休みの自由研究に!マヨネーズから真珠を作ることができる!?

味わい深い輝きを放って、女性の心を惹きつける真珠。ダイヤモンドやルビーなどとともに五代宝石にも数えられるこの宝石は、アコヤ貝の力を借りて作られる自然の産物です。ところが、天然のものと同じ輝きをもつ真珠を、なんとマヨネーズから作ることができるのです。作り方も夏休みの自由研究でできるようなシンプルさ。材料も特別なものなど必要ないというから驚きです。

スポンサードリンク

マヨネーズから真珠を作る具体的な方法

まず、広口のビンを用意して水を張り、マヨネーズ小さじ一杯とうま味調味料(みりんなど)、和風だしを少量ずつ加えます。これに消石灰(水酸化カルシウム)小さじ一杯を入れて金魚の飼育に使うポンプで空気を送ります。


スポンサードリンク

 

真珠ができるプロセス

しだいに水が濁ってきますが、この状態がアコヤ貝の中と同じになったおり、うま味調味料と和風だしは貝が持つ、うま味成分。消石灰は貝に含まれるカルシウム、そしてマヨネーズは真珠の光沢を作る成分の、それぞれの役目を果たします。

 

仕上げの作業

次に、真珠の核にするために、ボタンなどの小さな玉を糸につけて水中につるします。その後は、消石灰を毎日小さじ一杯ずつ他しながら、四日間待つだけです。水中から引き上げると、つるしてあったボタンに真珠と同じ層が付着しており、これを磨くとあの神秘的な輝くが出てくるというわけです。

 

最後に・・・

なんとも奇想天外な真珠の作り方ですが、これならば驚くほどな真珠も作れそうですよね。夏休みなどの自由研究などに、一度試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です