インスタントコーヒーの美味しい9つの入れ方を試してみよう!

インスタントコーヒーはコーヒーメーカーや挽いた豆が無くても手軽に熱々のコーヒーが飲めて便利ですよね。そこで今回はいつも飲んでいるインスタントコーヒーをちょっとしたひと手間で簡単に本格的な味に変える方法をご紹介します。

スポンサードリンク

①粉を水で練ってからお湯を入れる

市販のインスタントコーヒーには少量のでんぷん質が含まれているのでいきなり熱湯を注ぐと
コーヒーの粉の表面のデンプン質が固まってダマになるので粉っぽい味になってしまいます。少量の水でコーヒーの粉を練ってからお湯を注ぐと溶け残りを防ぐことができるので挽きたての豆で淹れたようなコクのあるコーヒーが出来上がります。

 

②麦茶を入れる

インスタントコーヒーはどうしても香りが弱くなってしまいがちです。麦茶には香ばしさがあるのでコーヒーに少し入れるだけで香りを引き立たせることができます。

 

③塩を入れる

古来からの一般的な飲み方としてエチオピアでは“塩”を入れて飲みます。塩がコーヒーの酸味を旨味に変えてくれるので塩をひとつまみ入れるだけで、インスタントコーヒーでも深みのある味わいになります。

 

④電子レンジで温める

コーヒーをお湯で溶かして普通に入れた後で電子レンジで温めます。インスタントコーヒーの
分子構造が活性化されるので味がまろやかになります。

 

⑤90度のお湯でいれる

沸騰したお湯をポットなどに移して30秒から1分程度置いてちょっとだけ冷めた状態のお湯を注ぎます。一般的にインスタントコーヒーを美味しく淹れるのに適したお湯の温度は、90℃程度と言われています。


スポンサードリンク

 

⑥紙のフタを全部剥がす

基本的には瓶に付いている内蓋を全部剥がして使うことをおススメします。全部剥がさないと蓋が完全に閉まらないのでコーヒーの劣化が早まってしまいます。

 

⑦鍋で煮る

自宅でインスタントコーヒーを淹れる際には鍋で煮る方法もオススメです。溶け残りが少なくなるため香りの立つコーヒーとなります。

 

⑧コーヒーカップをあたためておく

せっかくお湯の温度に注意してもカップが冷えていては台無しです。コーヒーを注ぐカップは
あらかじめ適温に暖めておくことをおススメします。

 

⑨お湯を複数回に分けて入れる

お湯を一気に注ぐと味や香りの成分が壊れてしまい風味豊かにはなりません。いきなりお湯を注ぐのではなく、2~3回に分けて入れましょう。

 

最後に・・・インスタントの粉を炒める

粉を炒ることによって香ばしさが増すので、炭火焼きコーヒーのような風味が楽しめます。フッ素加工されたフライパンで弱めでじっくり炒めます。焦げ目が付いてきたら茶色い粒が黒くなり、少々小さくなったような感じになります。全体が黒くなってきたようならOKです。「インスタントコーヒーの美味しい9つの入れ方を試してみよう!」の説明は以上になります。

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です