花粉症治療とホメオパシーとは!?効果的な10の方法!

現代のように西洋医学が幅を利かす前は、いわゆる民間療法と言われるものが当たり前のように利用されていました。人類は太古の昔から、身近にある薬草などを上手く利用して健康維持に役立ててきました。どれが薬草で、どのような症状に効くのかなど、本能で見分ける能力も持っていたのです。また、現在は民間療法の事をホメオパシーとも言われます。

そこで今回は、一般的に花粉症・鼻炎・結膜炎の諸症状に効くといわれている民間療法(ホメオパシー)を紹介しておきます。ここで紹介している民間療法を試す場合は、自己の責任においてお願いします。人によっては、体に合わない場合もありますので様態が良くならない場合はすぐに医療機関で受診するようにしてください。

またこれらの方法は、アレルギーを完治させるものではありません。民間療法はあくまでも補助療法のひとつということを覚えておいてくださいね。

スポンサードリンク

1.甜茶(てんちゃ)

いちばんポピュラーなのは甜茶(てんちゃ)でしょう。入手しやすく、かつ価格もリーズナブルなものが多いからです。選ぶときには「バラ科」の表示があるものを選ぶといいです。しかし、現状では「バラ科ではない」甜茶をみつけるほうが困難です(表示がないものはある)。お茶にして飲む場合は、日本茶のように急須でいれるのではなく、漢方薬を煎じるつもりで、少し煮たほうがエキスがたくさん抽出されるのでいいようです。

 

2.柿の葉茶

これまで様々な研究がなされていて、摂取しやすいサプリや粉末になったお茶などの製品も販売されています。もちろん、昔ながらのお茶の形でも売られています。どちらかといえば鼻詰まりに有効なようです。

 

3.シジュウム(グァバ)

シジュウムについても研究がなされ、花粉症に有効であることも確認されています。また、以前からアトピー患者の間でよく用いられていたようです。お茶などのほかに皮膚を保護するクリームにもなっていたり、アトピー患者の間では入浴剤としても使われることがあるようです。最近になって、シジュウムを点鼻薬として噴霧すると症状が改善したという報告もなされました。

シジュウム・グァバともにお茶(ティーバッグ)として販売されているほか、グァバについては糖の吸収を抑えるというトクホ(特定保健飲料)としても出ていますので、入手しやすくなってきました。シジュウムの抗アレルギー作用はアロエの100倍ともいわれます。


スポンサードリンク

 

4.おろししょうが湯

洗面器にはったお湯に、しょうがのしぼり汁を5~6 滴たらし、これで鼻を洗います。スポイトなどを使うとやりやすいようです。しょうが湯のかわりに、冷ました番茶に自然塩を入れたものでも良いでしょう。ただし、無理に洗ったり、重症のときに洗うと、耳の方に水がまわり、急性中耳炎になる恐れもあるので十分に注意しましょう。タオルにしみ込ませて鼻にあてる、脱脂綿にしみ込ませ鼻につめる程度が安全です。

 

5.ユーカリ、ペパーミント

心理作用と抗菌作用があります。マスクの中のガーセに1~2滴たらして装着すると、鼻づまりなどの炎症が楽になります。空気を浄化させるためには、アロマポットなどを使用します。

 

6.プロポリス

キャンディーなどが多く出回っていますが、花粉症対策としては、蒸気に加え吸入したり、鼻に直接塗ったりなどして使用します。プロポリスは、ミツバチの体内から作り出され、幼虫をウイルスや細菌などから守るため、巣に塗り付けられている物質で、巣の中をほぼ無菌状態に保てる抗菌作用があると言われています。

 

7.アガリクス茸などのきのこ類

「きのこ類はがんに効く」ということで話題になったことがありましたが、アトピーなどアレルギー疾患についての効果が確認されています。がんもアレルギーも、症状は違いますが同じ免疫系の病気です。きのこ類に含まれるβ-Dグルカンが免疫機能を正常化します。

 

8.青魚(DHA)

DHAもアレルギーによいといわれます。それを食品からとるには背の青い魚、サバやイワシなどのいわゆる青魚ですが、これは缶詰でもいいそうです。DHAはサプリとしても売られていますね。

 

9.フコイダン

モズクなどの海藻に含まれるヌルヌル成分です。サプリメントなどに含まれていることもありますが、食物繊維を摂るという意味でも、海藻類を食べたほうがいいでしょう。ただし、ダイエット目的などで多量に食べると、ヨードの摂りすぎで甲状腺に影響がある場合があるということです。

 

10.アロマテラピー

欧米を中心にさまざまな病気の初期治療に用いられているアロマテラピーは、多くの研究によって花粉症にも一定の効果があることが示されています。心身をリラックスさせるはたらきがあり、エッセンシャルオイルの抗アレルギー作用についての研究も進められています。

「花粉症」関連記事一覧

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です