妊娠中は花粉症になりやすくなるって本当?薬の服用は?

妊娠中は女性ホルモンの変化によって鼻粘膜の、うっ血や浮腫がおこりやすくなり、花粉症の症状が悪化することもあります。妊娠、出産を期に花粉症を発症することもあります。また、女性の花粉症患者は妊娠、出産時期と重なる20代が最も多いといわれています。

スポンサードリンク

妊娠中の薬の服用について

妊婦の薬剤使用については慎重意見が依然根強いです。厚生労働省の研究班による「鼻アレルギー診療ガイドライン」には、妊婦の使用実績に応じた薬の安全評価が示されていますが、「妊娠4か月の半ばまでは原則として薬物は避けたほうが安全」としています。

花粉症薬の中には、妊婦さんが飲んではいけない成分が含まれているケースがあります。また、妊婦さんによって飲んでいい薬、悪い薬が異なりますので、薬を選ぶ際には、お医者さんとよく相談をしてから薬や飲む量を決めるようにしてください。症状が軽いようであれば、点眼薬や点鼻薬が安全でいいと思います。

 

妊婦さんの花粉予防策は?

基本的にステロイド剤、抗ヒスタミン薬等の内服薬は処方されない医師が多いようです。健康食品、漢方等による体質改善による予防方法もありますが,即効的な効果は望めないと思われます。

そこで、うがい、手を洗う、マスク、メガネ、布団や洗濯物は外に干さない、花粉を払ってから入室する、こまめに掃除をするなど物理的に花粉を吸入しない、付着させない方法が現状の予防策です。

妊娠中に花粉を吸入しないことは、母親の花粉症症状の軽減だけでなく、胎児へのアレルギー体質の重症度にも影響されるといわれています。妊娠中は、できるだけ花粉を吸い込まない、付着させないようにすることが最善の予防策だと思われます。

 

漢方薬について

現在の新薬は、西洋医学の基礎・動物実験に基づいて生み出されてため、実際に臨床に使われると効く患者さんと効かない患者さんが必ずいますし、また、副作用もなく安全に服薬できる患者さんと、一方、本治療では「気・血・水(き・けつ・すい)」の概念に沿った診察が行われ、その結果に基づいて漢方薬が処方されます。

「気」とはいわゆる生命のエネルギーのようなもの、「血」は血液、「水」は血液以外の水分です。先ほど「水毒」という概念が出てきましたが、この「水」は気・血・水の「水」と同じです。

気は血と水をうまく循環させる、いわば動力のような役割を担っています。水毒では、「水」に問題があって水の流れが悪くなっていると同時に、水の流れをコントロールする「気」にも何かしらの問題も関わっていると考えられます。


スポンサードリンク

また人によっては「血」の異常によって「水」に問題が出ていることもあります。こうした気や水、血の異常を修正し、気・血・水がバランスよくはたらくようにしていくことが本治療です。標治療の場合は、症状があるときだけの服用になりますが、本治療では症状がないときも服用を続けることになります。忘れずに根気よく飲み続けることが、花粉症の根本治療の最大の鍵となります

なお、最近では漢方薬のこうした体質改善効果について、西洋医学的な研究も試みられています。ある漢方薬を服用するとTh2リンパ球が減り、Th1リンパ球が増えたことが基礎研究で明らかになりました。このように漢方薬でアレルギー体質が改善されることが徐々に確かめられています。

漢方薬を使う時に注意することは、重症の花粉症や喘息などを併発している時は即効性のある西洋薬を優先した方がいいでしょう。漢方薬を使う時は症状に合った薬を選び、3~4週間続けて効き目を確かめ、効果があるようなら1~2 年続けて使い、無ければ調合の見直しをします。

漢方薬を試してみたい方は、必ず漢方の専門医に相談してくださいね。副作用が出て中止せざるを得ない患者さんもいます。漢方治療の場合、症状そのものを抑える「標治療」と、病気になりやすい体質を改善して病気になりにくい体を作る「本治療」に分かれます

これは花粉症の治療に限らず、多くの漢方治療で共通する治療方針です。花粉症の場合では、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどを治すのが「標治療」、アレルギー体質を改善するのが「本治療」になります。

標治療では、花粉症の症状を「体内の水分バランスの異常(水毒)」ととらえています。水毒とは必要なところに水分が少なく、特定のある部分にたくさん溜まっている状態(これを水の偏在と言います)のことです。

鼻水や涙目などはまさに不要な場所に水分がたまっていることから起こってくる症状です。鼻づまりも鼻の粘膜に水分が貯留して膨張して起こります。なんとなく花粉症の時期にむくんでしまうと言う人もいますが、これもまさに水毒の現れです

花粉症の標治療では、水分の偏在を解消し、水分バランスを整える「利水剤」を用います。代表的な利水剤はまさに花粉症の薬として知られる、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)です。これで症状が治まらない場合は麻黄湯(まおうとう)や麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)、苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)、五苓散(ごれいさん)などが使われます。

小青竜湯の治療効果については、臨床試験によって鼻水や鼻づまりの高い効果があることが確かめられています。

「花粉症」関連記事一覧

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です