まずは花粉症の症状を悪化させる5つの誘因を知ることです!?

花粉症は短期間で治すことは難しいですが、症状を抑えたり、悪化させる事を回避することは可能です。まずは、花粉症の症状を悪化させる誘因を知ることですね。花粉症の一番の原因はスギやヒノキなどの花粉。ところが、花粉に触れたらいつも同じように症状が起こるかといえばそうともいえません。ひどい症状を引き起こすにはそれなりの誘因があるのです。

スポンサードリンク

①ストレス

ストレスを受けると自律神経のバランスが乱れ、花粉症の症状を引き起こしやすくします。この自律神経は、鼻水を出す分泌腺、鼻粘膜の血管に分布していますので、自律神経のバランスが乱れると鼻水が出たり、うっ血を起こして鼻づまりを起こしたりしてしまうのです。

 

②急激な温度変化

急激な温度変化は粘膜への刺激となって、過敏性を増すことになり、花粉症の症状を悪化させます。

 

③かぜ

風邪のウイルスは鼻やのどの粘膜に感染しますので、粘膜が障害され、ちょっとした刺激でも過敏に反応してしまいます。このような状態では、花粉症の症状も出やすくなったり、ひどくなったりします。

 

④睡眠不足や疲労

睡眠不足が続いたり、疲労が溜まっていたりすると抵抗力が落ち、花粉症の症状を悪化させやすくします。

 

⑤喫煙や飲酒

たばこの煙には色々な化学物質が含まれ、鼻の粘膜を刺激して、症状を悪化させやすくします。また、飲酒も鼻の粘膜にうっ血を起こしやすいので、症状を悪化させてしまいます

 

アレルギー性結膜炎とは?

花粉や住まいの中にあるほこりが原因になって起こる目のアレルギーのことをいいます。これらの原因物質をアレルゲンと呼びますが、特に住まいの中にあるほこりを、専門的にはハウスダストと呼んでいます。

最近では、このハウスダストによるアレルギー患者が急増しています。花粉には季節性がありますが、ハウスダストは一年中室内にあるため、いつ病気になってもおかしくありません。したがってこのアレルギーを「通年性(つうねんせい)アレルギー」と呼び、花粉症と区別しています。

結膜は外からの刺激や異物にさらされやすい組織で、涙などでいつもぬれています。ですから、ハウスダストや花粉がくっつきやすく、アレルギーが起こりやすいのです。

アレルギー性結膜炎の症状は、まず目やまぶたがかゆくなります。目をこすったり、かいたりしていると次第に痛みが加わり、目がゴロゴロした感じになります。そしてそのまま放っておくと結膜が充血して、まぶたが腫(は)れてきます。

さらに症状が悪化すると、透明な角膜の周辺が赤紫色になって、結膜にゼリー状の目やにが出てきます。花粉症のように鼻炎と結膜炎が一緒に症状として出ることもあります。

 

肥満とアレルギーの関係

肥満の人は、アレルギーを発症する確率が、標準体重の人より1.5倍も高いということがわかっています。肥満のアレルギー患者さんがやせることでアレルギーが改善した症例も多数報告されています。

逆に言うと、太るとアレルギーになりやすい、あるいは悪化しやすいと言うことですね。これまでの研究では、肥満の人は喘息をはじめとするアレルギーになりやすく、運動などで肥満が解消されるとアレルギーも軽くなる、という可能性が言われはじめています。

その理由には以下にあげるようなことがあります。

肥満になるということは、糖分・脂肪分を多く摂る食生活を送っている可能性があります。なかでも、動物性脂肪を多く摂っている可能性が高く、動物性脂肪を摂ると、アトピー・喘息になりやすくなります。その理由は、脂肪・脂肪酸といった物質はアレルギーを引き起こす化学物質の材料になるからです。

体内に脂肪や脂肪酸が余っている状態(太りつつある状態)は、アレルギーの悪化を引き起こすのです。体内に脂肪や脂肪酸が余っている状態(太りつつある状態)は、アレルギーの悪化を引き起こします。これは花粉症や喘息に限ったことではありません。すべてのアレルギー疾患に言えることです。

「花粉症」関連記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク




ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法を150万でお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。ご希望、お問い合わせは~Twitterにてご連絡ください。



ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪


関連記事

  1. 国金からお金を借りるための5つのポイント

    国庫(国民生活金融公庫)は政府100%出資の、いわゆる政府系金融機関です。新規開業者でも借りやすい金…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. ”ものもらい”は眼帯をしたほうが早く治るって本当!?子供は特に要注意!?

    「ものもらい」について少しお話 したいと思います。「ものもらい」とは目をこすったりしてバイ菌が入り、…
  2. 直感力とは?人間力!?正しく使うためには・・・鍛えましょう!

    ズバリ!最近、運が良くないなあ~最近、人間関係が上手くいっていないなあ~ やることなすこと上手くいっ…
  3. 夏バテを解消してくれる食べ物を積極的に食べよう!

    今年も夏がすぐそこです。毎年、夏に体調を崩すあなたは、夏バテを解消してくれる食べ物を積極的に食べて、…
  4. 年末調整2016!計算方法って!?源泉徴収票とは!?まずは理解しましょう!

    年末が近付くと、みなさん会社で「年末調整」という手続きに関する書類を配 られると思います。しかし、「…
  5. 介護保険の”認定”を受けるには!?親が65歳を過ぎたら知っておきたい知識!

    今回は、複雑な介護保険の制度について、あなたが疑問に思われる点など、わかりやすく説明していきます。あ…
  6. 女性を笑わせる!?会話テクニックテンプレート集がヤバい!?

    会話が得意ではない男性でも簡単に女性を笑わせる事ができる会話テクニックを紹介します。かなりテンプレー…
  7. バレンタインのお返しで失敗しない8つのギフト!?

    バレンタインの次は、ホワイトデー・・・バレンタインにチョコをもらえても、 ホワイトデーのお返しで、嫌…
  8. 福岡で一番安いレンタカーを最速で見つける3つの知識とは!?

    あなたは一番安いレンタカーを探す時、「格安 レンタカー」で検索して、各レンタカー会社のサイトとへとア…
  9. 生理中ダイエット!?~”痩せ日”を把握して効率よく痩せる方法

    夏を前にダイエットに挑戦する人は多いかと思いますが、今回は女性特有のダイエット法をご紹介致します。そ…
  10. ガソリン代を工夫計算して10万得する4つの方法!?

    円安の影響もあり、ガソリン価格は高騰。車での移動が生活の一部となっている人にと っては、家計を圧迫す…

話題をチェック!

  1. 私は現在38歳で体型は普通なのですが、お腹がポッコリしていることが唯一気になる点です。しかし、お腹の…
  2. 今回はあまり知られていない、各血液型に適し た適した食べ物や効果的な運動法を紹介していきます。題して…
  3. お正月が我々日本人にとって重要な祭日であるのと同様、「春節」は中国人にとって最も重要 かつ伝統的な祭…
  4. この世には運の良い人と、運の悪い人が存在します。あなたは運の良い人と聞いて、どういう人をイメージさ …
  5. 肝臓に効果があるとされているオルニチンですが、美容にも良いことが報告させました。「顔色」「顔のシワ」…
  6. 食事や産後の過ごしかたと違って、妊娠中の運動については“妊娠は病気じゃない。安産のためにはしっかり運…
  7. あなたは銀行の振込をいつもどのように行っていますか? ・とくに考えずに今までやってきたとおりに振込…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る