まずは花粉症の症状を悪化させる5つの誘因を知ることです!?

花粉症は短期間で治すことは難しいですが、症状を抑えたり、悪化させる事を回避することは可能です。まずは、花粉症の症状を悪化させる誘因を知ることですね。花粉症の一番の原因はスギやヒノキなどの花粉。ところが、花粉に触れたらいつも同じように症状が起こるかといえばそうともいえません。ひどい症状を引き起こすにはそれなりの誘因があるのです。

スポンサードリンク

①ストレス

ストレスを受けると自律神経のバランスが乱れ、花粉症の症状を引き起こしやすくします。この自律神経は、鼻水を出す分泌腺、鼻粘膜の血管に分布していますので、自律神経のバランスが乱れると鼻水が出たり、うっ血を起こして鼻づまりを起こしたりしてしまうのです。

 

②急激な温度変化

急激な温度変化は粘膜への刺激となって、過敏性を増すことになり、花粉症の症状を悪化させます。

 

③かぜ

風邪のウイルスは鼻やのどの粘膜に感染しますので、粘膜が障害され、ちょっとした刺激でも過敏に反応してしまいます。このような状態では、花粉症の症状も出やすくなったり、ひどくなったりします。

 

④睡眠不足や疲労

睡眠不足が続いたり、疲労が溜まっていたりすると抵抗力が落ち、花粉症の症状を悪化させやすくします。

 

⑤喫煙や飲酒

たばこの煙には色々な化学物質が含まれ、鼻の粘膜を刺激して、症状を悪化させやすくします。また、飲酒も鼻の粘膜にうっ血を起こしやすいので、症状を悪化させてしまいます

 

アレルギー性結膜炎とは?

花粉や住まいの中にあるほこりが原因になって起こる目のアレルギーのことをいいます。これらの原因物質をアレルゲンと呼びますが、特に住まいの中にあるほこりを、専門的にはハウスダストと呼んでいます。


スポンサードリンク

最近では、このハウスダストによるアレルギー患者が急増しています。花粉には季節性がありますが、ハウスダストは一年中室内にあるため、いつ病気になってもおかしくありません。したがってこのアレルギーを「通年性(つうねんせい)アレルギー」と呼び、花粉症と区別しています。

結膜は外からの刺激や異物にさらされやすい組織で、涙などでいつもぬれています。ですから、ハウスダストや花粉がくっつきやすく、アレルギーが起こりやすいのです。

アレルギー性結膜炎の症状は、まず目やまぶたがかゆくなります。目をこすったり、かいたりしていると次第に痛みが加わり、目がゴロゴロした感じになります。そしてそのまま放っておくと結膜が充血して、まぶたが腫(は)れてきます。

さらに症状が悪化すると、透明な角膜の周辺が赤紫色になって、結膜にゼリー状の目やにが出てきます。花粉症のように鼻炎と結膜炎が一緒に症状として出ることもあります。

 

肥満とアレルギーの関係

肥満の人は、アレルギーを発症する確率が、標準体重の人より1.5倍も高いということがわかっています。肥満のアレルギー患者さんがやせることでアレルギーが改善した症例も多数報告されています。

逆に言うと、太るとアレルギーになりやすい、あるいは悪化しやすいと言うことですね。これまでの研究では、肥満の人は喘息をはじめとするアレルギーになりやすく、運動などで肥満が解消されるとアレルギーも軽くなる、という可能性が言われはじめています。

その理由には以下にあげるようなことがあります。

肥満になるということは、糖分・脂肪分を多く摂る食生活を送っている可能性があります。なかでも、動物性脂肪を多く摂っている可能性が高く、動物性脂肪を摂ると、アトピー・喘息になりやすくなります。その理由は、脂肪・脂肪酸といった物質はアレルギーを引き起こす化学物質の材料になるからです。

体内に脂肪や脂肪酸が余っている状態(太りつつある状態)は、アレルギーの悪化を引き起こすのです。体内に脂肪や脂肪酸が余っている状態(太りつつある状態)は、アレルギーの悪化を引き起こします。これは花粉症や喘息に限ったことではありません。すべてのアレルギー疾患に言えることです。

「花粉症」関連記事一覧

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です