鼻や眼の機能と花粉症になりやすい体質とは?

鼻や眼の機能と花粉症

鼻の機能は呼吸する空気の加温、加湿、防塵です。花粉が鼻粘膜からはいると表面についた花粉は鼻の粘膜の上皮細胞にある線毛がベルトコンベアのように働く事により鼻の外に運び出されます。運び出されなかった花粉は鼻の粘膜に付着し、抗原成分を鼻粘膜にしみこませます。

スポンサードリンク

スギ花粉とIgE抗体

その結果、放出されたヒスタミンが鼻粘膜表面の神経を刺激し、くしゃみを起こし反射的に鼻汁の分泌を生じさせます。さらにヒスタミンは血管を刺激して鼻づまりの症状を引き起こします。繰り返しスギ花粉との接触が多くなると、花粉症の症状は強まります。鼻の粘膜の中にはアレルギーの細胞である肥満細胞があります。スギ花粉症患者さんの場合にはスギ花粉に対するIgE抗体が肥満細胞のまわりに結合しています。このIgE 抗体が溶けだしたスギ花粉の抗原成分を捕らえて結合して肥満細胞が活性化し、反応を生じます。

ドライアイ

結膜も肥満細胞上のIgE 抗体と結膜の表面で溶けだしたスギ抗原成分が結合してヒスタミンが放出されます。ヒスタミンも同じく結膜表面の神経を介して痒みを生じ、反射性に涙の分泌が増え、神経の過敏によって異物感が強くなります。掻痒感が強い場合にはドライアイという乾く目の病気の合併の可能性があります。

 

花粉症になりやすい体質とは?

喘息やアトピーなど花粉症以外のアレルギー疾患を持っている人、アレルギー体質の人は花粉症になりやすいといえます。アレルギー体質の人とはつまり、アレルギーの原因となるアレルゲンに対する抗体を作りやすく、少量のアレルゲンでも反応しやすく、また強い反応を起こしやすい人です。そのため、花粉によってもやはり同様にアレルギーを起こしやすくなります。

花粉症と遺伝

また、花粉症やアレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎をはじめとするすべてのアレルギー疾患は、遺伝的素因が関わっていることがわかっています。つまり家族にアレルギー体質の人がいる人は花粉症になりやすい体質といえるでしょう。


スポンサードリンク

ただし、スギ花粉症の遺伝子を持った親の子どもがスギ花粉症になるという話ではなく、“アレルギーになりやすい遺伝子”が遺伝するということです。アレルギー・花粉症はたしかに、体質や遺伝の影響はあるのですが、それだけが原因だったら、遺伝子や体質が変わらない限り
あなたのアレルギー・花粉症は死ぬまで治らないことになりますよね。遺伝子を変える治療でもしない限り、治らないということになります。

花粉症と環境

また、環境のせいだけにしていれば、治るまで転地をくり返したり、家屋を改造したり、悪い空気を吸わないように努力するしか方法がなくなってしまいます。花粉症の原因を、単純に一つに絞ることは非常に難しいと言えます。体質、環境、生育歴、疲労、後天的な体作りの努力など複合的、総合的に関連して起ることの方が多いのです。あなたの花粉症の原因を複合的、総合的に把握しましょう。

 

最後に・・・

ただし、どんなタイプの花粉症であろうと、アレルギー・花粉症という病気を起こす体質が存在したことが根本原因であることは否定できません。逆にいえば、花粉症になろうとしてもなることのできない体質の人もたくさんいるわけです。花粉症を起こす可能性のある遺伝子や先天的な要因があればこそ、あなたの花粉症は発症したといえます。同時に、体質や先天的な要因が共通しているのに花粉症を発病していない人もたくさんいるということも理解してください。

「花粉症」関連記事一覧

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です