「総理」と「首相」の違いとは!?

内開総理大臣は略して「総理」とい い、起理はまた「首相」とも呼ばれる。 「総理」と「首相」、その違いとは何なのかを解説します。

「総理」という言葉は本来、全体を統合し、管理すること、また、その任にあたる人のことを意味する。そのため明治時代には、東京大学の学長や政党の党首が「総理」と呼ばれたこともある。

現在の日本憲法は、第五章・第六十六条で、次のように規定している。

「内閣は、法律の定めるところにより、 その首長たる内閣総理大臣及び、その他の国務大臣でこれを組織する」

つまり、総理(内閣総理大臣)は内閣の首長ということになっている。

「首相」は大臣のなかの首席の者を意味する。内閣の首席の大臣は総理(内閣総理大臣)であり、「首相」=「内閣理大臣」だが、「内閣理大臣」がいわば正式名称で、「首相」は「内閣理大臣」の通称として用いられているわけである。

ピックアップ記事

50歳を過ぎたらアンチエイジング作用があるサポニンを摂取しておくことがおすすめ

人間はいつまでも若いというわけではありません。いずれ老化が始まってしまいます。老化というと大体50代以降の印象が強い方も多いのではないでしょ…

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る