中国2016春節と鞭炮(旧正月と爆竹)がヤバい!?

お正月が我々日本人にとって重要な祭日であるのと同様、「春節」は中国人にとって最も重要 かつ伝統的な祭日の一つです。今回はその「春節」について簡単に紹介します。

スポンサードリンク

そもそも春節とは?

「春節」は中国では俗に「過年」とも言われ、旧暦の12 月8日の祖先の祭り、地方に よっては 12月23・24 日のかまどの神の祭りから、1月15日の「元宵節(げんしょうせつ)」 までの期間を示しており、殷の時代(紀元前17世紀頃)、年末年始に神や祖先を祭ったことが、その起源であると言われています。

 

中国の人の春節の迎えかた

さて、それでは中国の人々はどのように「春節」を迎えるのでしょうか。先ずは大掃除と飾り付けです。大掃除は日本同様、一年の汚れを追い払い、新たな一年を迎える準備であるとともに、来る新年を新たな心持ちで始めるという意味合いも持っています。

飾り付けは「春聨(しゅんれん)」という赤い紙や「年画」という絵を門やドアに貼ったり、「福」 の字を逆さまに貼ったりもします。“逆さまにする”という意味の中国語「倒」と“来る” という意味の中国語「到」の発音が同じであることから、「福の字が逆さまになる(福倒了)」は「福 が来る(福到了)」という意味になるためです。

 

大晦日(除夕という)って何!?

大晦日(除夕という)。この日は中国の人々にとって大切な日です。一年の締め括りである とともに新しい年を迎える日でもあるからです。除夕には家族一同が集まり、一緒に食事する のが慣わしです。家族とともに除夕を過ごすため、「春節」の何日も前から何千万人、何億人 という人々が故郷を目指して移動する世界最大の帰省ラッシュが始まります。

 

爆竹は10,000 連発

大晦日(除夕)の夜、新年が近づくにつれて街中が騒がしくなってきます。新年を迎える花火・ 爆竹の始まりです。花火は日本の打上花火とほぼ同じですが、爆竹は日本のように、かわいらしい ものではありません。中国の爆竹は人が鞭を打つ音に似ていることから「鞭炮」と呼ばれ、1,000 連発、2,000 連発どころか10,000 連発というものまであります。また、一つ一つがまるで爆弾 のような大きな音をだすものもあります。

元々、大きな音を出して魔物を遠ざけるために爆竹を鳴らしたのが始まりで、それが時代とともに、本来の「魔よけ」の意味から「神を迎える」意味合いを持つようになった、と言われています。

また、大晦日の夜以上に騒がしいのが年初5日目(初5)の夜です。「初5」は「財神(福の神)」 が下界へ降りて来る日とされており、下界に降りる「財神」を自分の元へ呼び込むため、皆が 競って爆竹を鳴らすのです。

 

最後に・・・

今回、初めて上海で「春節」を迎えた私にとって、この花火や爆竹は衝撃的でした。夜、あまりの騒がしさに街中へ出てみると街中の至るところで花火や爆竹が上がっており、その数の 多さにびっくりしていまいました。

よく火事にならないな、と思う一方、「春節」で活気に溢れた街中の様子はそのまま中国全体の活気を表しているようであり、この国の力強さを見せ付けられた気がしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b97%e6%97%a5%e9%96%93%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%ac%9b%e5%ba%a7_convert_20160920202159

副業7日間無料メール講座に登録する

関連記事

  1. 懸賞はがきの当たる確率を上げる7つの裏技!?

    懸賞に当たると、なんだかそれだけで幸せな気分になってきますね。最近,わたくし自身は懸賞への応募活動は…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. サラリーマンの所得税を「全額?」返してもらう3つのステップとは!?

    そういえば消費税が8%になって、しばらく立ちましたね。2015年10月に予定されていた10%までの上…
  2. 片思いの女性に告白するための具体的な男性会話のテクニック!?

    今回は、 片思いの女性に告白するための具体的な会話テクニックについてお話しします。まずその前に語りの…
  3. 暑い夏のほうが”冷え性”対策が重要です!まずは原因を知ることから。。。

    暑い夏の季節です!この時期はとても暑くて何かと大変ですね。しかし暑いからこそ 「冷え」に向かってしま…
  4. 2016GW東京イベント!今年は日本最大級のフリーマーケットへ!

    実は、毎年ゴールデンウィークの名物イベントとなっている、日本最大級のフリーマーケット・・・「幕張メッ…
  5. お部屋の片付けにやる気が出ない人へ…たった一つのポイントとは!?

    あなたのそばをちょっと眺めてください。客観的に見てきれいですか?今回は、身の回りが散らかっていると、…
  6. 介護保険の”認定”を受けるには!?親が65歳を過ぎたら知っておきたい知識!

    今回は、複雑な介護保険の制度について、あなたが疑問に思われる点など、わかりやすく説明していきます。あ…
  7. ハロウィン雑学がヤバい!?あのシンボル!なぜ~かぼちゃなの?

    日本でも最近では10月の行事というとハロウィンが定着してきました。とは言ってもバレンタインデーと同じ…
  8. クリスマスの大混雑する東京ディズニーの対策とベストなタイミングとは!?

    東京ディズニーリゾートのクリスマスイベントといえば、楽しくてロマンチックで 恋人とでも家族とでも友達…
  9. うつ病の薬はやめる!?そして”男性ホルモン”を増やしましょう!?

    男性ホルモンは、うつ病に良いです。男性ホルモン(テストステロン)が下がってくると、うつ病になりやすく…
  10. ”早起きのコツ”を知る前に”早起きの4つのデメリット”も参考にしましょう!?

    何事にもメリットがあればデメリットもあるもの です。きちんとデメリットを認識して、それを飲み込める人…

話題をチェック!

  1. タイムイズマネーという言葉がありますが、実際には時間はお金よりも大事なものです。お金は無くなってもま…
  2. LINE クリエイターズスタンプを作ることができるのは あなたもご存知だと思います。問題は、1つ売れ…
  3. 私は現在38歳で体型は普通なのですが、お腹がポッコリしていることが唯一気になる点です。しかし、お腹の…
  4. やはり一戸建てマイホームは誰しも抱く夢ですね。「すてきな家に住みたい!」とは皆が思うことだと思います…
  5. 今後の日本は富裕層と貧困層に二極化するといわれています。いや・・・、二極化はもう既に始まっています。…
  6. あなたは人前で話をすることが得意ですか?それとも苦手ですか?私は大の苦手でした。その理由の1つは極度…
  7. 今回はあまり知られていない、各血液型に適し た適した食べ物や効果的な運動法を紹介していきます。題して…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る