クレジットカードのおすすめはこの最強の3枚!年間○○○万円損します!?

この記事では数あるクレジットカードの中から、クレジットカードマニアの私が厳選した「最強の3枚」の紹介と最も得する「最強の3枚」の「使い分け」をご説明致します。ここで紹介する方法を実践すると、年間でかなりの金額を得します!逆に知らない人は大損します!それでは早速いってみましょう~~~!

 

まず一枚目はエースの「楽天カード」です!

「走・攻・守」全てにおいて穴が無く、他の追撃を寄せ付けない完璧なメインカードになります。コストパフォーマンスは数あるクレジットカードの中でも間違いなくNO.1だと思います!楽天市場で様々なキャンペーンなどが開催される為、 楽天ポイントがザクザク貯まります♪年会費は永年無料で新規入会特典で2,000ポイントがもらえます!さらに1ヶ月以内に1回でも利用して エントリーすると+3,000ポイントがもらえたりします!新規入会キャンペーンは時期により変動致しますので、今から新規入会される方はホームページなどでキャンペーンをチェックしてから入会する事をオススメします!

「楽天カード」の使い方は毎月の公共料金、日々の生活シーンでクレジットカードを使う場合は、基本的にはメインの「楽天カード」で支払いましょう!「楽天カード」で貯まったポイントは1ポイント=1円として楽天市場で利用できます。

 

次に2枚目の最強カードは「Lifeカード(ライフカード)」です!

エースの楽天カードに引けを取らないエース級の最強カードです。このカードの最大の武器はなんといっても「お誕生日月ポイント5倍」です。大きい買い物や旅行の予定などがある時は、なるべく誕生日月に「Lifeカード(ライフカード)」を使用する事をオススメします!年会費は永年無料で新規入会特典も多彩で魅力的です!エースの楽天カードとひと味違う部分としては、年間の累計利用金額によって次年度のポイント還元率が変動する事です。使えば使う程、次年度のポイント還元率が上がりますのでメインカードとして利用する方が多いですが、誕生日月以外の通常月のポイント還元率は楽天カードの方がいいので、私の場合は日々の生活シーンで基本的には楽天カードを利用して、誕生日月のみ「Lifeカード(ライフカード)」をガンガン利用しております!「Lifeカード(ライフカード)」で貯まったポイントはJCBやVISAギフトカードなどに交換できます。


スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

そして最強の3番手は「エディオンカード」です!

このカードのポイント還元率はエースの楽天カードと全く同じ1%です。残念な事に年会費が1,029円かかってしまいます。しか~し!!!デオデオなどで5,250円以上の家電を買うと、指定商品に5年間の無料修理保証が付いてきます!ただでさえ安いデオデオなのに、このカードを持っているだけで5年間の無料修理保証が付くところが魅力です!さらに「エディオンカード」会員様はサプライ商品(CD-Rや電球、コピー用紙などの消耗品全般)は、いつでも特別割引価格で購入できます!

しか~し!!!この程度の事で3番手に伸し上がれる程、私の審査は甘くありません!なぜこの「エディオンカード」を3番手に上げたかと言うと、電子マネー「edy」のチャージを「エディオンカード」で行うと、100円で1ポイントのチャージポイントが着くところです!このご時世、edyチャージで1%のポイント還元率が付くクレジットカードはほとんどありません。

さらにedyを利用する際に、お好きなポイントを選んで貯める設定ができます。私の場合は「楽天ポイント」に設定しております! つまり、「エディオンカード」でチャージしたedyを利用した場合、楽天ポイントとエディオンポイントの「二重取り」ができるのです!コンビニなどで利用するとコンビニが発行するポイントカード(Tカードやpontaカード等)と併せて利用するとポイントの「三重取り」ができるのです!!!ポイントがどんどん貯まりますので年会費1,029円は余裕で元が取れてしまいます♪しかも携帯電話でedyをご利用の場合、edyチャージは携帯電話でいつでもどこでも簡単にチャージができて便利です!

私の場合はedyチャージの為のクレジットカードとして利用しております。「エディオンカード」で貯まったポイントは、エディオングループで1ポイント=1円として利用できます。

 

まとめ

  • 日々使用するメインカードは「楽天カード」を使う!
  • 誕生日月は「Lifeカード(ライフカード)」をガンガン使う!
  • edyが使える場所ではedyで支払う!edyチャージは必ず「エディオンカード」で!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です