女性の更年期障害とは?症状は?コレさえ分かれば怖くありません!

更年期と聞くと もう年なんだ・・・とか、年寄り?的イメージがツキモノですが、今は20代の若い世代にも「若年性更年期障害」というものも存在します。私も30歳の頃に内科で更年期障害と診断されまして・・・「はぁ?」と頭の中が?マークでいっぱいだったのを記憶しています。40歳を過ぎた頃から体調も変化してきて、もう若くないんだなぁ・・・と云う痛切なる実感を伴なったことも有りましたが、いろいろな経験を経て、更年期障害なんて怖くないってことに至りました。今はそのおかげで楽々です^^更年期障害になったとしても楽々乗り越えられるよう、その秘訣を今から教えます。

スポンサードリンク

更年期って、更年期障害ってなに?

更年期とは・・・女性のライフサイクルの一定時期の閉経をはさんだ前後10年のことを指します。女性は40歳を過ぎると卵巣機能が徐々に衰えてきて、やがて閉経を迎えます。この閉経をはさんだ前後10年のことを「更年期」と呼びます。一般的な年齢ですと、おおむね50歳くらいに閉経を迎えることから、45歳~55 歳の年齢を「更年期」と呼んでいます。

40代半ばくらいから、生理の周期が乱れたり出⾎量が違うと感じたら、更年期に入ったサインで、一般的には生理の周期が短くなり不定期化して、ついに停⽌した状態になり、この停止した状態から1年経過したときから閉経となります。

女性は年齢を重ねるにつれて卵巣機能が低下していきます。更年期の時期にさしかかると急激に卵巣機能は更に低下し、卵巣の分泌される女性ホルモンの一種「エストロゲン」が減少してしまいます。このような体の中のホルモンバランスの乱れによって起こる症状のことを「更年期障害」と云われています。

更年期障害の症状は人によって様々です。では具体的にどんな症状になるのでしょう?

 

更年期障害の典型的な症状

  • のぼせ・・・・・物事に集中できなくなるほど顔がほてって熱くなる
  • 冷え症・・・・・夜もなかなか寝つけられないほど手足が冷たくなる
  • ほてり・・・・・急に火照って汗が出る(ホットフラッシュと呼ばれるもの)
  • めまい、むくみ、頭痛、肩凝り、便秘、どうき、疲労倦怠感、腰痛、不眠・・・

など、発汗、手足のしびれ、関節痛、耳鳴り、悪心、嘔吐、食欲不振、ドライアイ、憂鬱、ドライマウス、不安・・・と症状をあげたらキリが無いくらいです^^;

これら全部の症状が出るのではなく、本当に更年期障害の症状は人によって、様々なんです。身体的にメインに出るもの、メンタルな部分(自律神経の乱れ)をメインとして出るもの、混合型で出るもの。。。

どこか身体のなかの内臓などの病気が原因で症状が出るものとは違い、検査しても内臓などに異常が無かった場合、年齢やホルモンバランスを考慮して、更年期障害と位置付けられる次第です。

「更年期うつ」状態とは・・・

更年期障害で一番怖いなと思われる症状が、メンタルな部分で出た場合ですね。。。これが一番厄介で一番長い間、混沌たる世界の幕開けとなってしまいます。不眠やヒステリー、やる気が起きない、身体がだるい、苛々する、何も無いのに大きい不安が襲う・・・。

これらが酷くなると「更年期うつ」状態となります。実際に私の知り合いで、もともと性格の明るかった人で、専業主婦として近所付き合いもこなし、毎日テキパキと動いていた人が更年期に入り、ある日突然にガラッと⼈が変わったようになり、掃除・洗濯といういわゆる家事すべてを全部放棄して、自室に閉じこ もるようになり、家族の誰とも口をきかない状態になり、家族が心配になって病院へと 連れて行ったら「更年期うつ」という診断をされたとのことです・・・。

ある日、突然にうつ状態になり、この方は完治するまで2年はかかりました。。。うつという病気は心の病とも云われていますが、実は脳の病気でもあるわけです。人間に必要なエストロゲンなどのホルモンは脳が指令して身体の器官がそれに反応して出すのですが、更年期障害はこの器官の衰えからという話は先にしましたが、うつ病はこの命令する脳がいわゆるバッテリー切れ状態のことを指します。

なのでバッテリーの交換のために、専門の病院へと受診をします。更年期うつも、やはり内科へと行き、きちんとした医師の指導のもと、治していくのが基本となっています。何となく、おっかないですね^^;

ですが、女性の誰もがなる危険性があるのです。でも!病気というのは早期発見、早期治療という言葉があるし、楽々に更年期障害を乗 り越えられる秘訣があるんです^^

 

更年期障害を受け入れよう

更年期障害というものが分かると、益々「更年期障害」について不安が出てしまいますよね。そんな風になるんだ・・・嫌だなぁ、怖いな。。。そうなったらどうしよう。。家族にも迷惑かけるし、子供にも・・・など、悩みが増えてし まいますよね。

実はそれが原因で症状を悪化させていくんです。まず、疲労倦怠感みたいなものが出てやる気が起きなくなったり、辛くなってきたりしたら、その症状をそのままにしないことです。大抵、これは何だろう?と悩むことから始まります。

心のどこかで更年期障害というものを認めると、自分が更年期なんだということを認めてしまう抵抗心が生まれてしまうのです。だから更年期障害は怖くないんだという認識を持つことからスタートします。

怖くないというより、「あっ・・・これが更年期障害なんだ」と云うくらいに更年期障害を受け入れてしまうのです。更年期と更年期障害の予備知識は準備されていますから、あとは、それを怖がらずに受け入れちゃうことなんです。確かに 機能は衰えていきます。これは人間だから避けることが出来ない道ですしね^^;

頭の中と心の中で受け入れたときには、必ずスッキリとした感覚になります。更年期障害なんて癌より怖くないわけですし、命に関わるものでもないし!と云うくらいに、とにかく受け入れちゃうのです。自分の中で「なーんだ これかぁ〜」ぐらいに受け止めると、次から来る症状が不思議なことにストップします。

私の友達も・・・

これは本当に不思議な感覚で、実は私の友達もこのことを教えたら劇的に変化したんですよね^^それまでずっと一ヶ月くらい友達は実に苦しんでいたわけで、何しろ何もやる気が起きず、夜になって寝るときになっても途中で目が覚めてしまうし、睡眠不足が続くと更にやる気が無くなり、家事をすることも、何かに集中することが出来なくなり、それを改善するかのごとく、夜はビールや焼酎などのアルコールを飲むようになり、どんどん酒量が増えていき、生活スタイルはどんどん乱れていきます。

このままでは、まずいという危険性もどこかで感じてはいるものの、なかなか改善しようという行動が起こらず、これって何だろう?で悶々と一ヶ月怠惰になっていたそうで、ある日、その友達から電話が掛かってきて、悲痛な暗い声で今の症状を話し、これって一体なんなんだろう?私どうかしちゃったのかな?との問いに、私は明るい⼝調で、それは更年期障害だよ〜って教えてあげたのです。

うすうす本人も気付いているのは承知でしたが、本人はこれとこれとこれで・・・と説明を繰り返すので、私は更に私も更年期障害なんて、とっくに入ってたよ〜と、明るく説明をしたのです。 更年期障害というダークなイメージは払拭すること、そしてそれを受け入れること!悪化させてるのは自分だよという話を丁寧にすると、彼女も納得したのか、それからメキメキと回復しまして・・・^^

勿論、そんな状態からでも医者にも行かずに回復して、今でも元気に毎日を過ごしてい ます。要は心の持ち方一つで、更年期障害という未知なるものへの抵抗が症状を悪化させていたんですよね。すぐに考え方を切り替えて、ポジティブに~とはいかないまでも、少しずつ回復させてあげればいいわけでして・・・。

 

最後に・・・

更年期障害というものを知り、知識を入れた上で、なってしまったものは仕方無い。。。更年期障害と友達にでもなるか~くらいの気持ちが肝心なんですね。お医者さまへの受診はまず自分で出来ることから始めてみて、最悪どーにもコントロールが利かないと思うときには受診して治す道を考えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b97%e6%97%a5%e9%96%93%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%ac%9b%e5%ba%a7_convert_20160920202159

副業7日間無料メール講座に登録する

関連記事

  1. 冬こそエステ脱毛!光脱毛とレーザー脱毛の違いがヤバい!?

    肌の露出が少なくなる冬は、実は絶好の脱毛シーズン。自己処理は時間と手間がかかる上、肌トラブルの原因に…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. うまくいかない時の対処法!自分以外の人は気付いています・・・!?

    自分だけが気付いてないって? 18~22歳を過ぎると多くの方は社会…
  2. 石油ストーブの燃費を最大14%・・・!?向上させる防寒節約法!

    寒い冬に役立つ石油ストーブ。関東地方ですと、だいたい10月から4月くらいまで重宝します。さらに北にな…
  3. 嫌がる子供をお風呂に入れる5つのワザ!?

    今回は、幼稚園児くらいの子供を対象に、お風呂に入りたくないという時に何とかしてお風呂に入れる5つの”…
  4. 敗北という言葉の意味って?なぜ『北』という文字が使われいるのか!?

    『敗北』という言葉があり、戦いや試合に負けることを意味し、『敗北を喫する』などと表現されます。『敗北…
  5. 自分の弱さを知ることで「強く」なるwww!?

    誰もが認める一流のスポーツ選手やノーベル賞を授与されるような偉大な人は自分の強さ以上に自分の弱さを知…
  6. モテる男の装備品を整えろ!?

    こちらの記事は「モテる男の非常識な恋愛戦略90日!?」の記事の続きになります。始めからご覧になる場合…
  7. お花見in東京2016!今年は他とはちょっと違うスポットで!?

    季節の変わり目に欠かせない行事といえば、やっぱりお花見。会社や大学で新しく出会った人と一緒に楽しい宴…
  8. 仕事で同じ失敗を繰り返さない3つの方法!ハインリッヒの法則とは!?

    仕事でも日常生活においても、人は誰でも失敗を犯すものです。失敗自体は悪い事でも恥ずかしい事でも何でも…
  9. 膝の内側の傷みはストレッチで改善しましょう!

    今回は”膝の内側の傷み”、多くは「鵞足炎(がそくえん)」の場合が多いので、その鵞足炎改善へつながる、…
  10. 家庭用のマットレスに発生するダニ対策について!

    寝具の一種であるマットレスは快適な睡眠を得るために必要不可欠ですが、用途の性質上、汗や垢などの汚れが…

話題をチェック!

  1. iPhone 6が発売されて今まで使っていたiPhone5や4s、4などから iPhone6に変えよ…
  2. 今回はあまり知られていない、各血液型に適し た適した食べ物や効果的な運動法を紹介していきます。題して…
  3. 結果を出す人・出さない人の違いで、結果を出している人の特徴を一言でいうと・・・ 『継続できる人』 で…
  4. LINE クリエイターズスタンプを作ることができるのは あなたもご存知だと思います。問題は、1つ売れ…
  5. 門松・しめ縄などのお正月飾りは何時飾るかご存知ですか? お正月飾りは一般的に12月13日から30日ま…
  6. さて、ここから先がサラリーマンの税金を安くするためのポイントとなる、各種の「所得控除」についてです。…
  7. あなたが思うように変わらないと感じているのであれば、間違った方法で自分を変えようとしています!今回は…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る