犬の寿命を3年延ばす!薬に頼らない心臓病の予防法

あなたの愛犬、愛猫ちゃんは今お元気ですか?7 歳になった時、10 歳になった時、15 歳になった時 彼らは元気でい続けてくれるでしょうか?犬の死因2位、猫の死因3位、共に「心臓病」です「心臓病」・・・犬猫の三大死因のひとつなのです!もし、はからずもあのコが心臓病になってしまったら・・・お薬を飲ませ、あとは運命を天に任せるしかないのでしょうか?そこで今回はとっておきの愛情ケア情報をお伝えいたします。

 

犬猫の心臓病 珍しい病気ではありません

あなたの大切な犬猫ちゃんは、どんなことが原因であなたのもとから旅立っていくのでしょうか・・・犬猫の三大死因は「心臓病」「腎臓病」「ガン」です。つまりどんな犬猫でも、上記のいずれかで命を落とす可能性が非常に高い ! ということです。もちろん必要以上にあなたを不安にさせたいわけではなくて、だからこそ 「きちんと予防してあげようね ! 」ということなんです。 私たち人間の医療においては、予防医学という考え方が浸透し始めています。犬猫の医療に関しても同じことが言えるのではないでしょうか。

予防にまさる薬なし !

 

「心臓病」って?

心臓はお隣の臓器である肺でたっぷりの酸素を受け取った血液を、全身に送り出すポンプ役の臓器です。 カラダのすみずみまで血液を送り届けるためには、 一定のリズムで力強く心筋を収縮させなくてはなりません。 また、その時に肺への血液の逆流が起きないように 弁がしっかり閉まらなければなりません。これらのいずれかの働きが悪いとき、 心・血管循環障害が起こります。イヌの心障害の多くは僧帽弁閉鎖不全です。心臓から血液を送る量を調整している弁がしっかりと閉じなくなって血液が逆流してしまいます。

一方、ネコの心障害はほとんどが心筋症です。中でも「肥大型心筋症」が多く、これは心臓の筋壁が肥大することによって心臓の内腔を小さくしてしまい、 十分な血液を全身へ送ることができなくなるというものです。 また血流も悪くなるため、血栓という血の塊ができやすくなります。 心臓が悪くなれば同じ経絡上にある別臓器・腎臓にも負担がかかりやすくなります。 腎臓に負担がかかれば今度は肝臓にも負担がかかりやすくなります。 生物のカラダというのは、どの臓器をとっても それひとつで機能しているわけではありません。 互いの臓器が影響しあい、助けあいながら生命活動を支えてくれています。そして、何より忘れてならないのは・・・

心臓病は一度発症したら治癒する病気ではない・・・ということです!

 

犬の僧帽弁閉鎖不全症と猫の肥大型心筋症

くり返しになりますが、犬猫の心臓病でもっともポピュラーなのは以下の2つの病気です。

●僧帽弁閉鎖不全症⇒犬の心疾患 どちらかというとシニア犬に多い病気。 ただし、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルなどは 先天性・遺伝性が多く、 早いコは、1~3 歳で発症する。 小型犬にとても多い病気。 「弁膜症」と呼ばれることも多い。

 

先天性と遺伝性の違い

では、先天性と遺伝性の違いとはなんでしょう。

●先天性 ⇒ 生まれつき発症している

●遺伝性 ⇒ 遺伝的素因で発症のおそれがある

厳密に言うとその違いがあります。 ただ遺伝性でないからといって親犬、親猫にまったく素因がないとはいいきれません。例えば

● 食習慣 !

● 生活習慣 !

● 生活環境 !

など、人間さんの生活習慣病発症と同じような考え方ができます。どういうことかというと・・・親犬、親猫が化学添加物タップリの食生活を続け、 あまり運動もせず、 水分も十分に摂らず、 ストレスの多い環境の中で生活していたら そのDNA に心疾患の因子ができてしまう可能性がないわけではない ! ということです。だからなのでしょうか。 心臓病は珍しい、 症例が少ない、という認識が一般的だと思いますが、実は、けっこうな数の犬猫が心臓病にかかっているのです。

 

犬猫の心臓病の傾向と対策

「できればあのコを心臓病にさせたくはない ! 」 犬猫と暮らしていたら、だれもがそう思うことでしょう。 ここでは、心臓応援=発症予防と考えてお話をしていきます。 イヌの場合 一般的には「セキ」が出たら心臓病を疑え、と言われています。が、実際にセキが出た時には、 すでにステージはかなり進んでいる証拠だとも言われています。 心臓病に限らずどんな病気でもそうですが、病気と上手に付き合うポイントは「予防 !」 あるいは「早期発見!」ですので、愛犬が心疾患の因子をもっているかどうか!心疾患になりやすい犬種かどうか!を早めに理解しておくことが大切です。

 

僧帽弁閉鎖不全症になりやすい犬種

  • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
  • マルチーズ
  • チワワ
  • プードル(トイ/ミニチュア)
  • ダックスフント
  • ミニチュア・シュナウザー
  • シーズー
  • ヨークシャテリア
  • ポメラニアン

心筋症になりやすい犬種

  • ●ドーベルマン
  • ●グレートデン
  • ●セントバーナード
  • ●ボクサー
  • ●シェパード
  • ●イングリッシュコッカースパニエル

心室中隔欠損症になりやすい犬種

  • ポメラニアン
  • ジャーマン
  • プードル
  • コリー
  • シェットランドシープドッグ
  • シェパード

 

 

心房中隔欠損症になりやすい犬種

  • オールド・イングリッシュ・シープドッグ
  • サモエド
  • ボクサー
  • ニューファンドランド

 

ごらんになるとおわかりいただけるかもしれませんが、純血種の犬はかなり心疾患になりやすい傾向にある!ということが言えるのではないでしょうか。コレは、おそらくブリーディングの問題によるもの。さまざまな品種改良を重ねられた結果だと言えるかもしれません。 また実際にブリーダーさんなどから仔犬を譲ってもらう時にも血統書などを見ただけでは本当に心疾患の因子をもっていないかどうかはわかりません。繁殖をする時に、心臓病を発症していない!という親犬を選ぶのがせいぜいで、果たして遺伝子検査まで行っているブリーダーさんが、どれだけいるのかはむずかしいところです。

さらに近親交配などを行っているブリーダーさんの仔犬は心臓奇形などが発生する確率は高くなると言われています。近親交配・・・現在は「禁止!」なのですが、残念ながらすべては個々のブリーダーさんのモラルにかかわってくる問題です。犬の先天性心疾患の原因のほとんどは心奇形にあるといわれています。ちなみに後天性の心臓病の主な原因は老化です。高齢になり心臓の機能が低下することで心臓病を引き起こします。

 

スポンサードリンク

 

早期発見&発症のサイン

では、どんな兆候が現れると心臓病発症のサインだと考えられるのでしょうか。犬の場合一般的には、

  • 苦しそうに息をする !
  • 水を飲んだり運動をしたあと カフカフと乾いたセキが出たり、ぜんそくのようなセキが出る !
  • 散歩や運動をしたがらない !
  • 散歩の時に急に立ち止まる !
  • ちょっとしたことですぐ疲れる !
  • 失神を起こす !
  • チアノーゼ(酸素が不足し、口のなかの粘膜が紫色になる)を起こす !
  • お腹がはれてくる !
  • イビキが前より大きくなる !

 

という症状があげられています。 さらに、食欲不振・減退!コレ絶対忘れないでください。 「犬」「心臓病」「症状」で検索していただくとわかるかと思いますが、 獣医さんのホームページなどでも「食欲不振」の文字がないケースがたくさんあります。あなたがこのことを覚えておくだけで獣医さんとのコミュニケーションがよりスムーズになることもありますから要チェック!です。

 

発症のタイミングは「夏」 !

では、どんな季節に心臓発作を起こす犬猫が多いのでしょうか。心臓病というと冬をイメージされる方が多いかもしれませんが、実は夏!なんです。なぜなのでしょう・・・。東洋医学的な観点から見るとお話がわかりやすくなるかもしれません。 東洋医学では夏は『心(しん)』に大きな影響が出るとされています。『心』とは西洋医学でいう解剖学上の『心臓』だけではなく、心臓と脳のことだと言われています。昔から『心』は血をつくったり全身に送り出したりするのと同時に、情緒の作用・ 神(人の精神意識と思惟活動を指す)を蔵すると考えられていたのです。

『心』・・・あらゆる生命活動(五感や脈拍、精神、運動、言語、感情など)を司っている重要な臓腑なんですね。ちょっと硬いでしょうか・・・かみ砕いていうと「ハート」と心臓、これを足したもの。これが『心』・・・なのです。なんとなくイメージおわかりいただけます?ココロが痛くなったり、頭にきたり、ドキドキしたり、胸キュンしたり・・・あるいは深呼吸をして気持ちを静めたり・・・みんな『心』の働きに関係していることなんですね。

この『心』、夏にとてもよく働くようになっています。 『心』は、陽の臓腑といわれ陽気が集まりやすのですが、陽の季節である夏場には特に、あつくなりやすい!熱がたまりやすい!オーバーヒートしやすい!のです。脳とも関係しているため、人間の場合には ● 頭に血がのぼりやすいと心臓にも負担がかかりやすい ! と言われています。 私も瞬間湯沸かし器系なので 気をつけないといけません。

そしてこの熱、陽気をさましてくれるのが『苦味』。文字通り苦い味です。人間の場合ですが、ビール(ホップ) 、レバー、レタス、ゴーヤ、お茶、アクのあるほうれん草、さらに『心(しん)』の形に近いもの、 例えば ラッキョウ、銀杏 、びわなどもこのグループに入り、 これらを食べると熱さましになると言われています。このような生活の知恵は、すべて東洋医学の考え方によるものなんですね。東洋医学ってすばらしい先人たちのお知恵袋でしょ。すばらしい健康観です。いずれにしろ、心臓に持病のある犬猫、心疾患の出やすい犬種の犬、シニア犬猫などは、陽気の多い夏に心臓病を発症しやすいのでくれぐれも気をつけてください。

そして、やはりなんといっても「予防が一番!」 夏場には熱さましパワーのありそうな食べ物、 犬猫ちゃんにも食べさせてあげてください。 熱が体内にこもらないように!また夏に限ったことではありませんが、体重が増えすぎるとより心臓に負担がかかりやすくなります。肥満は心臓だけではなくさまざまな病気の原因になります。運動や食べ物で「肥満予防」を心がけましょう。さらに予防という観点でお話するなら、人間の場合には歯科疾患と心疾患が大いに関係していると言われています。犬猫に同じことが言えるかどうか今のところはまだ明確ではないのですが、できれば歯磨きなど口腔ケアなどにも気をつけてあげたいところです。

 

心臓病応援ケア具体例

犬猫の心臓病はごはんで応援することができます。どんな動物にも、 そんなチカラが生まれながらにして備わっているからです。 私たちは、少しだけ彼らのお手伝いをすればいいのです。 そうすれば彼らは、元気に暮らしてくれます。 強い生命力と たくましい自然治癒力によって・・・・・・。では、 どうすれば心臓病発症を予防できるのでしょう。 どうすれば進行をできるだけ遅くできるのでしょう・・・・・・。 いろいろな考え方があると思いますが、 私があなたにお伝えしたいのは 「ごはんのチカラ !」 一般的には、心臓病だとわかると たいていは以下の種類のお薬が投与されます。

 

ジギタリス製剤系の強心薬

●利尿薬

●血管拡張薬

 

ただし、「心臓病だとわかると」・・・実はコレちょっと曲者です。獣医さんによっては「心臓病」の可能性が垣間見えたところでお薬を処方する先生もいらっしゃるとのこと。「確定診断」後ではなく・・・心臓のお薬というのは通常は一度飲み始めたら 一生飲み続けなければいけないものとされています。 あなたもすでにご存知かもしれませんがお薬というのは、「心臓病の症状をコントロールする」ことはできても心臓病を治せるというものではありません。

また、どんなお薬でもそうなのですが長期間飲ませているうちに 「耐性」というものができてしまいがちです。 言葉を変えると 「お薬依存体質を作りやすい」と言ったらいいでしょうか。 最初は少ないお薬でコントロールできていたものが、どんどんお薬の量を増やしていかなければならなくなってしまうのです。

 

私たちは食べたものでできている

まったくの私見ですが、ウチの猫が肥大型心筋症を発症したのは 1 歳半、犬が僧帽弁閉鎖不全予備軍ながら2歳9ヶ月で未発症の差が出た要因のひとつに「ごはん」の違いがあるのではと感じています。

猫は生まれてから発症まで缶詰とドライフードだけ、 犬は生後8ヶ月の時に手作りごはんに移行 !もちろん断言はできませんが、猫 ⇒加工食品、犬⇒ナチュラル食材を食べ続けたことが、心臓病発症と未発症の違いに なんらかに影響を及ぼしたのではないでしょうか。 加工食品は加工のプロセスを経ることによって、生きた命のエネルギーが壊されてしまうケースが多いからです。ただし誤解なさらないでいただきたいのですが、 例えば今の治療法をすべてやめて、ごはんも完全手作りにしなければいけない、というお話をしているのではありません。 いつものごはんに、プラスαで心臓を応援する作用のあるナチュラル食材をたまぁにでもいいので トッピングしてあげてみてください、というお話をしています。犬も猫も自然の一部。せっかくの自然の恵みの恩恵にあずからないという手はないですもんね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b97%e6%97%a5%e9%96%93%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%ac%9b%e5%ba%a7_convert_20160920202159

副業7日間無料メール講座に登録する

関連記事

  1. 年末調整2016!計算方法って!?源泉徴収票とは!?まずは理解しましょう!

    年末が近付くと、みなさん会社で「年末調整」という手続きに関する書類を配 られると思います。しかし、「…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 障害年金をうつ病などで申請する際は”診断書”が重要!

    うつ病になり、ある日突然に会社に行けなくなり、休職、退職となったら、住宅ローンや家族を抱えて路頭に迷…
  2. 生命保険料を総額250万円安くした最大の見直しポイントとは!?

    今回は「生命保険料を総額250万円安くした見直しポイント及び、その方法」をシェアしたいと思います。 …
  3. ポッコリお腹を解消する2ステップ方法!と…もっと大切な事とは!?

    私は現在38歳で体型は普通なのですが、お腹がポッコリしていることが唯一気になる点です。しかし、お腹の…
  4. ”ものもらい”は眼帯をしたほうが早く治るって本当!?子供は特に要注意!?

    「ものもらい」について少しお話 したいと思います。「ものもらい」とは目をこすったりしてバイ菌が入り、…
  5. 「総理」と「首相」の違いって何!?を10倍楽しむ方法

    総理と首相の違いって何だろうと思っている人は多いのではないでしょうか?そもそも「総理」とは「内閣総理…
  6. 美容室を無料で活用してパーマやカラーも半額以下で超節約!?

    美容室代、散髪代、意外と馬鹿にならない値段ですよね。私は毎回カットだけで4000円から5000円程使…
  7. 女性との会話のコツって!?質問力を高める話題集!

    会話のスタート そのほとんどは、質問から始まる。会話が途切れた時も、その女性のニーズに合わせた質問を…
  8. クリスマスの大混雑する東京ディズニーの対策とベストなタイミングとは!?

    東京ディズニーリゾートのクリスマスイベントといえば、楽しくてロマンチックで 恋人とでも家族とでも友達…
  9. 年末の大掃除のコツは…”捨てる”ことです!それも今日!今から!?

    年末の大掃除、大変ですよね!毎年、少しでも早くから取りかかろう・・・と思いきや、結局ギリギリまででき…
  10. うつ病の薬はやめる!?そして”男性ホルモン”を増やしましょう!?

    男性ホルモンは、うつ病に良いです。男性ホルモン(テストステロン)が下がってくると、うつ病になりやすく…

話題をチェック!

  1. 今年もあと僅かとなりましたね!年末は本来やるべき事がたくさんあり、来年に向けての飛躍の準備には腰を据…
  2. 茶道ではお茶をだされたらお茶を飲む前に、茶碗を回すということがおこなわれていますよね。茶碗をまわして…
  3. 先日、超ブラック企業に勤める友人から連絡 が入りました。 友人:「俺はついにこの会社を辞める…
  4. 今年も気が付けばあと僅かですね。この時期にお悩みなのはクリスマスのプレゼント。。。もちろん彼のために…
  5. 今年もこの時期がやってきました。毎年人気の福袋!福袋と言えば、初売り当日に各現地で購入する醍醐味もあ…
  6. 何事にもメリットがあればデメリットもあるもの です。きちんとデメリットを認識して、それを飲み込める人…
  7. 自動車の運転代行とタクシーの料金について、現状における料金の設定方法(ルール)の違いにより、実際に起…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る