胃下垂になると太らない・・・はスーパーモデル都市伝説なのか!?

ウソかホントか都市伝説か・・・スーパーモデルの多くは、胃下垂だと言われています。そのせいか、胃下垂は食べても太らないなどと、若い女性たちの間で都市伝説のように話題になっているようです。しかし、胃下垂って、ホントにいいものなのでしょうか?順番に解説していきます。

スポンサードリンク

そもそも「胃下垂」とは

胃下垂

日本人の胃袋は、大多数が草食型の「鉤(カギ)状胃」とよばれる形をしています。胃下垂とは、胃を支えている筋肉や腹壁の脂肪が収縮したり、なくなったりしたために起きる、病的な状態をいいます。

 

胃下垂の原因

いつも胸部と上腹部を圧迫していたり、ある原因で急に、痩せたりした場合になりやすいものとされています。つまりは、胃を支える力が不足するため、ものを食べると、その重さに耐えられなくなって胃が垂れ下がってしまうのです。ということは、胃下垂になると、痩せるのではなくて、痩せたから胃下垂になってしまう、というのが正解です。


スポンサードリンク

 

実際、胃下垂になると・・・

胃下垂の人は、確かに痩せてみ見えますが、胃が垂れ下がるために、下腹がポッコリ出っ張ってしまいます。さらには、胸やけ、食欲不振、精神疲労、食後の胃のもたれや腰痛、吐き気、げっぷ、大便の不正常といった症状もあります。これらは正常な胃に比べて消化率が三分の一という、常に消化不良状態にあることから起きるものです。ようするに胃下垂になっても、良いことは何もないのです。

 

最後に・・・胃下垂チェック!

以下項目に当てはまる症状がありますか?

  • 胃が張ったような痛みがある
  • 少量の食事で満腹感がある
  • 食後にいのムカつき感がある
  • そもそも食欲があまりない
  • 食後に吐き気や、多量のげっぷがある
  • 胃のもたれ感や腰痛がある
  • 大便が正常に出ない

上記の症状が、複数ある場合は、胃下垂の可能性があります。早めに専門のお医者さんへ見てもらうことをおすすめします。

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です