足の裏はなぜ臭くなるのか!?対策は?まずその原因をよく知ることです!

サラリーマンやOL。現場作業や倉庫勤務の方たち・・・ほぼ全ての人が靴を履いて生活を&お仕事をされてるかと思います。そんな中、夏はもちろん、冬の季節でも気になるのが・・・足のニオイです!特に中年男性の足のニオイは強烈です!(すいません・・・私も中年男性です。。。)でも、なぜ足の裏は、あんなに、におうのでしょうか?今回は足の裏のニオイ対策です。まずは原因をしっかり知ることからですね。是非参考にされて下さい。

スポンサードリンク

二種類の汗

まず、汗には二種類あります。エクリン汗腺から出る汗の成分は、ほぼ塩分で臭いません。いっぽう、アポクリン汗腺から出る汗は、タンパク質や脂肪を含んでおり、毛や皮膚についた細菌がそれらを分解して異臭を発生させます。ワキガはアポクリン汗腺が原因です。しかし、足の裏にはエクリン汗腺しかありません。では、ニオイの元はどこにあるのでしょうか。

 

角質は・・・つまりタンパク質!?

足の裏は体のなかで一番角質が厚く、角質・・・つまりタンパク質や脂肪が、摩擦や新陳代謝で垢(アカ)として剥がれます。これに、エクリン汗腺から適度な水分が加わり、そのうえ、靴の中は密閉され蒸れた状態ということも手伝って、細菌が増えるには絶好の環境なのです


スポンサードリンク

 

主な原因は足の裏の細菌

細菌は主に、皮膚ブドウ球菌やコリネバクテリウムです。タンパク質や脂肪を分解し、イソ吉草酸などの脂肪酸を発生させます。これが足の裏のニオイの正体です。あと最近多いのが、足裏に小さなブツブツができて、その水泡が敗れると、かゆみがあったり、ニオイの原因にもなります。

これも、細菌の仕業ですが、「小水疱型水虫」という「水虫」です。ですから、むやみに自分で潰したりせずに、(さらに症状が悪化する場合があります薬局の薬や専門医の指示にしたがって対処することをおすすめします。そうならないためにも、日頃の対策が重要ですね。

 

簡単な日頃の対策は?

  • まずは帰宅後や入浴の際など、石鹸やソープでしっかりと洗うことです。
  • 流行やファッション性のこともありますが、できるだけ通気性の良い靴を選びましょう。
  • 靴は1足を履き続けるのではなく、2~3足を毎日交代で履くと良いです。(靴自体も長持ちしますしね♪)

 

最後に・・・

あと、入浴の際にもうひとつ・・・素足を薄めたお酢に漬ければ、細菌の増殖が抑えられ、ニオイがなくなります。ぜひ試してみたください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です