レタスやキャベツは重いほうが良い!?おいしい野菜の見分け方!

スーパーや八百屋で買い物をする時に、一目見ておいしい野菜や果物が判別できたら嬉しくないですか?味見のできる野菜や果物ならいいのだけれど、実際に味見のできるものは、ほんの一部です。この間、味見をしなくても外見だけで、高確率においしい野菜や果物をゲットできる方法を教えてもらいました。

レタスやキャベツは重い方が良いだとか、かぼちゃは、ホゾの小さい方が甘いだとか、昔、おばあちゃんから伝え聞いたことも、もちろん素晴らしい見分け方です。でも最近は、野菜や果物の種類も豊富になり、海外からの輸入の品種も多数市場に出てきたため、一つ一つ覚えるのが困難になってきました。

前述のような、各種それぞれ細かい観察方法を知っていれば一番良いのですが、多品種の野菜や果物の特徴を全て把握するのは大変です。もっと簡単に判別できる方法って、ないでしょうか?ある人に訊いてみたところ、一目瞭然の見分け方を教えていただきました。

「野菜や果物と会話すればいいよ」

??? どういうことでしょうか?野菜や果物がしゃべっているのを聞いたことが無いので、私にはよく分かりませんでした。もっと、分かり易い言葉で教えてくれましたので、それを書いていきます。

 

おいしい野菜の見分け方

「ズバリ、色つやのいいものを選ぶといいですよ」


スポンサードリンク

余りにも簡単な答えだったので、ちょっと驚きました。もっと難しいノウハウがあるのかと思っていたのですが、答えはとてもシンプルでした。「色の濃いもの、例えば、その野菜なり果物なりの もともとの色が赤であるなら、濃い赤色をしているものを選ぶといい。緑色なら濃い緑色、黄色なら濃い黄色。虫が食っているものは、なお甘くていい(笑)」 と教えてくれました。

その理由は太陽の光をたっぷり浴びて、大地の恵みをふんだんに受けて育った野菜や果物は、その色つやがとても良くて濃く色むからだそうです。最近は大量生産とかで大地や太陽の恵みを余り受けていない野菜や果物もあるようです。

自然の恵みを受けられなかった野菜や果物は栄養価が低いという結果も数値で出ています。風邪をひかないよう予防するために、カロテンが多く含まれているニンジンを一日1本食べると良い、という話を 聞いたことありませんか?

しかし、そのニンジンも昔と比べると、1本の中に入っているカロテンの量が減っていると言われています。昔は栄養価がたっぷりと詰まったニンジンを一日1本食べれば良かったのに、今のニンジンだと1本半くらい食べないと同じ量のカロテンが取れないという現象が起きています。

 

最後に・・・

こんなことにならないように、大地の恵みたっぷりと浴びた野菜や果物を選ぶことは、とても大事なことなのです。大地の恵みをふんだんに受けた野菜や果物は色つや良くて、甘くて濃厚なのです。野菜や果物が発している色つやをキャッチして、野菜や果物の息遣いを感じて、野菜や果物と会話しなさい!ということが、その人は言いたかったようです。

スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です